社員総会準備書面(第一稿)

昨年度の議案書ベースでの仮組みです.
すでにお寄せいただいている事項・インターネット上で見かけた「そうだよな」という事項につきましては,織り込んだつもりです.
あと1か月かけて凍結します.ご意見あればお願いします:
・エリア指定: 1エリア.

・かつ,
 - 社員選挙でご自身の投票された方が当選なさっている場合,
  その社員さんあてに質問・意見の提示をお願いされてください.
  あるいはみなさんの「支部長」あてでもOKでしょう.

 - 過去に提起されている事項につきましては,ご遠慮を.
  資料の末尾にそれらの一覧を含め,再度ぶつけます.
  「どうしても再度取り上げて」という場合には,ご相談ください.


第一稿(1.4MB):
http://motobayashi.net/senkyo/jj1wtl-2019sokai.pdf


《内容》
■決算
・現会長下での「2億円超」の損失 【詳細は決算発表待ち】
・大幅赤字の責任 【詳細は決算発表待ち】

■事業報告
・『QSOパーティー』の見直し: 期間延長 or 交信局数減
・『2018 IARU HF Championship』への対応のまずさ (モード放棄・ログ消失)
・『電波利用料』見直しへのパブコメ不提出
・「OTHレーダー」対策
・「局免切れ会員」への対処
・「篠山市」のJCC番号と指定基準の各変更の周知順
・自然災害時の情報発信の国内外での対応差 (国内だと何もせず)
・異常な理事会運営: 説明の機会を与えない・聞き置くだけ

■収支予算
・会員増の進捗確認

■事業計画
・レピータ局への「募金」の解禁
・“2022年の壁”対応: 旧スプリアス規格機利用者の脱落防止
・『Hamvention』『Hamradio』との日程競合
・『モールス電信技能認定』への英文併記

■過去の社員総会での提起事項
→この最後に,一定の解決がはかられた事項をまとめています.
 が,「こら!勝手に納得するんじゃない!!」という復活折衝,歓迎です.
→“3553kHzの音楽放送局”は,
 北海道局の摘発後も聞こえていることがありましたので,
 もうしばらく 未解決扱い として様子をみます.


“局免切れ会員”補足


連休中に最新の状況を調べました(けっこうたいへんです....74時間+準備時間).
「5,576名」でした.
うち「3,356名」は,おそらくライフメンバーです(∵QSL転送不可).

本件につきましては,別途監事さんあてにご報告させていただいています.
以下のうち,別紙の6頁分は,電子データとしてはこちらになります(80.5KB):
http://motobayashi.net/callbook/ever/license-expired-jarl-regular-member201905.csv

大枠では,かつてJA1AA・JA1ELYがおやりになった『理事地位不在確認』という提訴に,近いといえば近いです.












"社員総会準備書面(第一稿)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント