QSL遅配状況

ビューローからQSLカードが届きました(7/5(月)).
話題の「QSLカードの転送遅れ」について,私も検証してみました.
やっぱそうですね...こんなかんじ:20210705qsl-delay.jpg

配送時期  直近の交信日 日数
――――  ――――― ―――
2020-02末 2019-10-27 125日
2020-04末 2020-01-13 108日
2020-06末 2020-03-08 114日
2020-08末 2020-05-03 120日
2020-10末 2020-07-05 118日
2020-12末 2020-08-15 138日
2021-02末 2020-09-27 154日
2021-04末 2020-11-23 158日
2021-06末 2021-01-03 178日(QSOパーティーのときの分まで)


cf. 良記事
7N1MJH 『JARLビューローに何が起こっているのか』
https://mjh.hatenablog.com/entry/2021/05/07/223529


...ということで,いろいろなご意見はおありでしょうが,いまは,「コンテストで全QSO分印刷してビューローにぶち込む」ようなことは,みなさん自重しませんか?協力できるところは協力しましょう.


社員総会でのやりとり

7K1BIB質問

●準備書面
(2) QSLカードの転送が遅れているとの声をよく聞くが、事実か。

(3) このままカードの枚数が増えていけば、受託会社の処理能力を超えてパンクし、受託を断られる可能性すら考えられるが、今の受託会社との契約期間は何年更新で、何年何月まで残っているのか。受託会社は、その後も契約を更新する意向を持っているのか。

(4) 執行部として、万が一、今の受託会社から契約の更新を断られた場合のバックアッププランは用意しているのか。


●専務理事答弁要旨
○遅れ
会員増・アマチュアバンド活性化で若干増.
若干遅れ.
申し訳ない.
JARL=元請けとしても,状況により遅れの解消対策を検討するときがくるかも.
契約そのものの見直しが必要に.
現在,ビューローと交渉中.

随時,事務局~ビューローで連絡取り,状況によっては,「凍結して何かしらの対策を打つ方策」を考えなければならない.
常時考えているが,具体的なものはない.

○契約
1年契約,来年1月まで.

JA3HBF質問

●準備書面
(3)-7 不要なQSLカードの削減策について【質問】
2018年9月にIARU Administrative Councilがソウルで開催され、不要・配達不能QSLを削減する方針が決定された。
               ↓
https://www.iaru.org/on-the-air/qsl-bureau/

令和2年5月の第50回理事会において田中理事提案である「コンテスト時のQSLカ―ドの自粛」は正にIARUの決議に沿った形のものであるのになぜ反対したのか?
日本から大量に送られてくるコンテスト時の不要なQSLカードに対して世界中のアマチュア局から非難されている事実を知っていれば田中理事提案を否決することはできなかったであろう。
IARUの決議を知らずに否決したのか?それとも知っていながら否決したのか、いずれであるか回答を求める。


●専務理事答弁要旨
理事会で審議~反対多数で否決.
IARUの要請:「各国ビューローに送るカード,非会員・宛先判らないQSLカードが多い,ちゃんと届くものを発行して欲しい」.
IARUで「コンテスト時に(発行控えて)」とは言っていない.

●本林見解
いや,IARUはやはり,「不要な」カードを送るのは止めましょう――と言っています:
https://www.iaru.org/on-the-air/qsl-bureau/

以下に和訳します:

The IARU QSL Bureau System

The exchange of QSL cards by radio amateurs is a practice that is almost as old as radio itself.アマチュア無線家によるQSLカードの交換は,無線自体とほぼ同じくらい古い慣習です.
It began as postcard reports of distant reception at a time when two-way contacts over significant distances were relatively rare and the reports were valued as the best evidence of a transmitting station's range. それは,かなりの距離での双方向の交信が比較的めずらしい時代に遠距離受信のはがきレポートとして始まり,そのレポートは送信局の到達範囲の最高の証拠として重んじられていました.
It developed into a social gesture – “A QSL is the final courtesy of a QSO” – as well as a means of documenting achievements.それは,成果の文書化の手段としてのみならず,社会的なそぶり――“QSLはQSOの最後の儀礼です”――としても発展しました.
IARU QSL bureaus – national-level clearinghouses for cards sent in bulk from one country to another – came about initially because the addresses of individual stations were not widely available (in part because amateurs in some countries operated without the benefit of a license) and international postage for individual cards was relatively expensive.IARU QSLビューロー――ある国から他の国にまとめて送られるカードの全国レベルの交換所――は,当初,個々の局の住所が広く得られなかったため(一部の国のアマチュアは免許の恩恵を受けずに運用されていたため)そして,個々のカードの国際郵便代が比較的高額だったために,国際的に設立されました.
After World War 2 it was very difficult to obtain personal addresses for amateurs in the Soviet Union and most other Warsaw Pact countries; “QSL via bureau” was the only reasonably available option. 第二次世界大戦後,ソビエト連邦や,他のほとんどのワルシャワ条約機構の国々のアマチュアの個人の住所を得るのは,とても困難で;「ビューロー経由でQSL」が,唯一の合理的に利用可能な選択肢でした.
Callbook listings were incomplete for many countries. コールブックのリストは、多くの国で不完全でした.
For many years the QSL bureau system was reliable, inexpensive, and almost universal for countries with more than a handful of amateurs.長年にわたり,QSLビューローシステムは信頼性が高く,安価で,アマチュアが数人以上いる国ではほとんど一般的でした.
In recent years several developments have impacted the QSL bureau system:近年,いくつかの発展がQSLビューローシステムに影響を与えています:
Computer-generated QSLs have flooded the system with cards that are not desired by the intended recipients.コンピューターで生成されたQSLは,対象の受取手が望まないカードでシステムを氾濫させました.
Amateurs have become more environmentally conscious and regret the large volume of undeliverable and unwanted cards.アマチュアはより環境に配慮するようになり,大量の配達不能で不要なカードを悔いています.
Electronic confirmation systems, including but by no means limited to the ARRL’s Logbook of The World (LoTW), have reduced the necessity of collecting cards to earn awards.ARRLのLogbook of the World(LoTW)やそのほかの電子確認システムは,アワード獲得のためのカード収集の必要性を減らしました.
Newer, younger amateur licensees are not as wedded to the tradition of QSL card exchange as their older counterparts.新しい,若いアマチュアの免許人は,彼ら/彼女らの古い相手ほどQSLカードの交換の伝統に執着していません.
Despite the removal of government monopolies from mail and package delivery services in many countries, the cost of sending packages of QSL cards internationally has increased dramatically.多くの国において,郵便や小包配達サービスから政府の独占が撤廃されたにもかかわらず,QSLカードの荷物を国際的に送るコストは劇的に増えました.
Holiday-style “DXpeditions” and contest operations by visitors have burdened smaller bureaus with cards that cannot be delivered locally, causing some to cease operation entirely.ホリデースタイルの「DXペディション」や,ビジターによるコンテスト運用は,地元で配送できないカードで小さなビューローを苦しめ,一部のビューローの完全な運営停止を引き起こしました.
Budgetary pressures are forcing member-societies to reassess their priorities, especially in countries with declining amateur populations.とくにアマチュア人口が減少している国では,予算上の圧力が,加盟団体に優先度の見直しを強いています.
Some member-societies find it increasingly difficult to recruit volunteers or to pay staff or contractors to operate their QSL bureaus.一部の加盟団体は,ボランティアを募集したり,QSLビューローの運営のためのスタッフや請負業者への支払いがますます困難になっていると感じています.
Recognizing these trends, in September 2018 the IARU Administrative Council adopted the following resolution to replace its earlier policy on QSL bureaus. これらの動向を認識し,2018年9月,IARU行政評議会は,QSLビューローに関する以前の方針に替わる,以下の決議を採択しました.
Resolution 18 – 1 took effect on 1 January 2019.決議18–1は2019年1月1日に発効しました.

Resolution 18 – 1

concerning methods of confirming (QSLing) radio contacts (QSOs)無線交信(Q​​SO)の確認(QSLing)方法について
The IARU Administrative Council, Seoul, September 2018,IARU行政評議会,ソウル,2018年9月,
recognising that many radio amateurs wish to receive confirmations of the radio contacts (QSOs) they make with other amateurs, either in the form of physical QSL cards or by electronic means,多くのアマチュア無線家が,他のアマチュアとの無線交信(Q​​SO)の確認を,物理的なQSLカードまたは電子的手段のいずれかの形で受け取りたがっていることを認識し,
recognising that the cost of exchanging QSL cards between individual amateur stations in different countries can be prohibitive unless an efficient means of international bulk exchange is in operation, as has been the case for decades thanks to the IARU QSL bureau system,IARU QSLビューローシステムのおかげで何十年にもわたってそうであったように,国際的な一括交換の効率的な手段の運用がなければ,異なる国の個々のアマチュア局間でQSLカードを交換するコストは法外なものになる可能性があることを認識し,
recognising that systems for exchanging electronic confirmations now exist that are much faster and less expensive than exchanging QSL cards, and therefore are growing in popularity as additional or alternative methods of confirmation,電子的な確認を交換するためのシステムが現在存在し,QSLカードの交換よりもはるかに高速で安価なために確認の追加または代替の手段として人気が高まっていることを認識し,
recognising that an amateur who wishes to send a card via the IARU QSL bureau system usually has no way of knowing whether the amateur to whom it is addressed is a member of his national IARU member-society and often does not know whether the other amateur wishes to receive cards via the bureau,IARU QSLビューローシステムを介してカードを送りたいアマチュアは,通常,「宛先のアマチュアが彼の国のIARU加盟団体のメンバーなのかどうか」を知る方法がなく,また「相手のアマチュアがビューロー経由でカードの受け取りを望んでいるかどうか」が判らないことがしばしばあるのを認識し,
recognising that most IARU member-societies operate incoming bureau systems that are available to members and non-members alike, but that some are unable, for good and sufficient reason, to provide service to non-members even if the expenses of doing so are fully reimbursed,ほとんどのIARU加盟団体は,会員・非会員が同様に利用できるインカミングビューローシステムを運営しているが,正当かつ十分な理由により,そうすることの費用が完全に払い戻されたとしても非会員にサービスを提供できないものもあることを認識し,
recognising that many QSL cards that enter the bureau system are not desired by the intended recipients and may not be deliverable, either for this or some other reason, andビューローシステムに入ってくる多くのQSLカードは,対象の受取手によって必要とされず,また,この理由またはその他の理由で配送できない可能性があることを認識し,
sensitive to the importance of avoiding the unnecessary environmental impact of QSL cards being printed, transported, and ultimately discarded without being delivered,QSLカードが印刷され,輸送され,最終的には配送されずに廃棄されることによる無用な環境への影響の回避の重要性に敏感で,
resolves that member societies are encouraged to continue to offer QSL bureau service in their countries, exchanging cards with the bureaus of other member-societies, for as long as doing so is economically justifiable, and加盟団体は,経済的に正当である限り,自国でQSLビューローサービスを提供し,他の加盟団体のビューローとカードを交換し続けることが奨励されることを決議し,
further resolves that amateurs are encouraged to adopt confirmation practices, including but not limited to using electronic confirmation systems, that reduce the volume of unwanted and undeliverable QSL cards being introduced into the bureau system.さらに,アマチュアには,ビューローシステムに持ち込まれる不要で配送不能なQSLカードの量を減らせる,電子確認システムの使用を含むがこれに限定されない確認手段の導入が奨励されることを決議します.
The current list of QSL bureaus is available here.QSLビューローの現在のリストはこちらから入手できます.

この記事へのコメント

小花
2021年07月09日 12:59
現状分析と改善提案をお願いします
年間QSL費用7,500万円の内、郵便局へ払う郵送費用はいくらか
年間約1200万枚を、全て手作業で実施しているのか、
何人でどのように仕分けしているのか、
何らかの仕分け機械を使用しているのか
google mapで送付場所を見ると場所が狭いので、別の場所(外国?)で分別しているとか

急ぐQSLカードには特別料金を取る時代がくるのでしょうか。
仕分け機械を作ってあげたいです。


JJ1WTL
2021年07月15日 21:25
コメントをいただける場合は,コールサイン――お持ちでない場合はお名前――にてお願いいたします(拝).>QTC ALL