社員総会報告2

自分で出した質問への回答は報告するのが最低限の義務だと考えますので,下表にまとめます.
...が,まだ1号議案(決算)部分のみ.かつ本林質問分+関連Q&Aのみ.

QA(専務理事)
■決算
現会長下での3.4億円の損失――の認識

[類似JA3HBF(赤字決算いつまで?),JH3IJY,JI1XKH,JN3RVM,JF8DSN(コンサルタントを)]
かつては1億円以上の赤字幅.
H29年度には約¥30M,R2年度は¥19Mの取り崩し――と圧縮.
今後もこれまで以上に財政問題の改善に取り組んで努めなければならない.
財政状況は年々改善の方向.
なんとか収支均衡を図るよう努力.
理事会でも最近は毎回のようにこの課題を審議.
[JN3RVMへの答弁]
将来のためにも,会費収入確保・経費削減で,今後も収支改善をつくす.
[JF8DSN(コンサルタントを)への答弁]
現在は,(1)会計事務所・(2)公益法人協会の相談窓口・(3)協会の専門家との個別相談.
もし高額にならないのであれば,専属でいればありがたい.
[関連|7K1BIB当日]
(R2年度の)経常赤字幅の減は,コロナ(COVID-19)で活動ができなかったから.
来年(R3年)は4250万円のまた赤字予算.
コロナが戻れば,また赤字の垂れ流し.

理事の中でもたくさん意見が出ていると理解.
11月理事会の議事録で「中長期的な計画を立てなさい」と,閉鎖的な理事会の議事録で出てくるということは,相当強く言われた.
そのあとに¥40Mの赤字.
今年の決算の承認できない.

「決算の承認」「理事の解任」は表/裏の関係――と専務理事 言った.
決算否決なら理事者は責任でいいか?
何年も指摘されている.
最優先課題.
本日の決算議案はなんとか承認を.
会員増にも拘わらず会費収入減▲¥13M

[同件JJ2JQF]
[同件(準備書面上で先行)JJ2JQFへの答弁]
会費収入は月単位で計算.
会員の増加による会費収入はR2年度決算に全額は反映されない.
翌年度以降に計上される分あり.
翌期以降に計上される前受収益によっても変わる.
1か月延長キャンペーンの影響もあるが,会員増の影響(効果)も出ている.
[先だっての『正味財産増減計算書』についての説明から引用]
『正員受取会費』▲¥13M.
複雑な理由:3年払いの会費のキャンペーン,1か月延長キャンペーンなどの関係.
たとえば3年払いの会費は,翌年の部分は翌期に前受金として上程.
前受金については¥20M増加.
数値としては今期▲¥13M.
雑費の増:弁護士のリテインで250万円[意見]

[類似JA3HBF(冗長では?個人で払うべきでは?)]
[類似JH4PHW・JN3RVM(開示拒否しなければ250万円浮く)]
雑費として必要な経費.
[類似JA3HBF(冗長では?)への答弁]
専門的な知識のために必要な経費.
(1)(従来からの)鈴木弁護士(JA1QIW)…JARL・アマチュア無線をよくご存じ.
弁護士の経験も豊富.
必要な場合に大所高所から意見をもらいたい.
(2)オーセンス…日常的な法律相談などの一般的な法律顧問業務.
――役割が異なり,現在は2箇所の顧問契約.
[類似JA3HBF(個人で払うべきでは)への答弁]
『会計帳簿等開示請求』への対応は連盟で依頼,費用も「連盟で負担」が当然.
顧問契約も当連盟で締結,当連盟の利益のために活動.
開示請求が広範囲・(昨年)会計資料が一般公開.
当連盟の運営に支障をきたす恐れがあり,顧問弁護士に依頼.
裁判所も当初の請求範囲が適切であるとは認めず,最終的には大幅に縮小した範囲のみ開示命令.
顧問弁護士のおかげで当連盟の利益に繋がった.

(正しくは...「2018年以前の帳簿は、仮処分(総会に間に合わせるための緊急手続)ではなくて本訴(正式裁判)でやって」)
[類似|JA3HBF当日意見]
開示拒否,昨年も裁判所の開示命令が出ている.
今年もおなじことをした.
運営のお金は会員の会費が減資.
会員に対して開示されるべきもの,隠すべものじゃない.

弁護士事務所,一つでも役割担える.
JARLが以前のように潤沢な予算をもって運営できる団体なら,2か所でも3か所でもいい.
いまそんな状態じゃない.
何十年も赤字続き.
少しでも支出を減らそうとしているときに――今日は4名来ている――すごい支出.

オーセンス,コーポレートガバナンス・SDGs新しいいろんな問題に対処.
すばらしい経歴をお持ちの法律事務所.
我々が一般社団法人法に則った要求に反対するようなことをすれば実績に傷を付けることになる.
代表は若くして国会議員.
傷を付けないように弁護団として活動を.
弁護士事務所,それぞれの必要な専門の知識のスタッフ.
そのときそのときに応じてお願いしていく.
必要.
[関連|7K1BIB当日意見]
法律上の規定:開示された帳簿は,お金をもらわなければ,開示可.

この記事へのコメント

2021年06月29日 22:27
鈴木弁護士との契約を続けている理由は、
「必要な場合に大所高所から意見をもらいたい」と答えていました。
「必要な場合に大所高所から意見をもらっている」という意味ではなかったと思います。
JJ1WTL
2021年06月30日 00:28
本文修正完.(以降,いちいち告知なく修正することがあります.>QTC ALL)