日本初のクラブ局はJA1YAAじゃないよ

勝手に訂正コーナー.
1960(昭和35)年
3月 日本初のクラブ局JA1YAAが逓信博物館内に開局
は誤記です.
小倉博のJA6YAAが,日本初です:
・1960-03-19 に JA6YAA
・1960-03-25 に JA1YAA



過去記事:
『JA6YAA』
https://jj1wtl.at.webry.info/201708/article_8.html

『JA1YAA vs JA6YAA』
https://jj1wtl.at.webry.info/201304/article_9.html

―・・・―

肝心な発行部数の推移が割愛されていますので,補完しておきます:
20210519cq-busu.jpg

2019年以降は追えていません.
まさに出版不況ってくらいで,『雑誌新聞総かたろぐ』自身が2019年版で休刊という,すさまじい事態に.

JARL会員6万人に対し,CQ誌1.5万.
JARL会員の4人に一人だけが買っている感じ.
多少の「非会員の読者」はいらっしゃるかもしれませんが.

よって,
「CQ誌の裏表紙にJARLの広告を載せる」のには,感心しません.
母集団が逆なのですから,効果が期待できません.

この記事へのコメント

JG2RMR
2021年05月29日 06:13
CQ誌の裏表紙ってKENWOODの指定席だったはずですが…同社の昨今のアマチュア無線へのやる気の無さの現れ?