社員総会報告3

事業報告・収支予算・事業計画についての,『準備書面』に対する専務理事からの回答です.
これらは(『議題』ではなく)『報告事項』という括りになります.
「社員による承認」が不要の部分です.が,「Q&A」はできます.

・「出席者分だけ」についての回答でした.
 ...と,いま気がつきました:
 JJ2JIX・JA3HBF・JJ1WTL・JO1EUJ・JH2DFJ・JH4PHW.

・基本は,ていねいにお答えいただいています.
 興味深い数字・裏話も含まれています.

・が,その一方で,“完全スルー”の項目も,多々多々,あります.
 JJ1WTL章をご覧いただければ,その“歯抜け具合”が
 なんとなくおわかりいただけることとおもいます.

・「すでに2号議題中に類似の内容が扱われた質問」については,
 扱いが割愛されています.

・既出の質問についても,「あとの人」からの質問については,
 回答が割愛されます.(初出のところで回答.)



JJ2JIX


#46理事会(ボイコットで流会)の,予定開催日・予定議題種村理事の招集,R元/6/23,「#8定時社員総会の結果を受けた今後の運営体制について」.
不成立:理事17名中,出席8名・欠席9名で,過半数に達せず.
エリアごと入会者数・退会者数R元年度:
・計 … 入会3454名 退会3608名
・関東 … +1347 -1446
・東海 … +360 -422
・関西 … +512 -422
・中国 … +165 -196
・四国 … +102 -92
・九州 … +257 -331
・東北 … +325 -283
・北海道 … +173 -185
・北陸 … +71 -82
・信越 … +142 -149
特別記念局などのQSLカードの発行枚数54局,現在運用中の局を除く.
総数:21万枚,4000枚/局.
コロナウィルス感染拡大の影響で,運用取りやめの局が見られたのが特徴.
社団局分のQSLカード手作業ゆえ「会員種別ごと」のカウントなし.
社団会員比率どおり――と推察.
社団局会費の減額3年ほど前に,「社団会員のメリット」として,「eメール転送サービス」「継続会費のコンビニ・クレジット決済」を追加し利便性を向上.
社団会費の値下げ厳しいが今後も登録クラブや社団会員の組織を大切にしたい.
レピータ管理団体:正員5名以上→正員3名以上に緩和を.経費面・管理面のご苦労承知.
以前,10名→5名に変更.
ただし「報告書の提出」「再免許の案内を送る」場合に,代表者・緊急連絡者に連絡が取れない――ケースあり.
当面は5名.



JA3HBF


電子QSL
[類似JO1EUJ]
委員会で検討中.
理事会においても「次のステップに進みたい」と委員会から報告.
引き続き推進.
予算収支均衡に今後も務める.



JJ1WTL

ご意見をお寄せ下さったみなさま,ありがとうございました.

事業報告


自然災害時の情報発信不足
(2019年度答弁の「電話が生きていたから」に対し,その後の台風15号では電話途絶もアクションなし)
現地支部と連携して対応.
記念局の告知のまずさ
(JN同一号内で記事重複,Web遅れ)
タイミングのずれ・ミス,極力減らす.
選挙期間中の特定候補者に係る記事掲載
(CQ誌2020年4月号での会長インタビュー)
 
記念局開設の海外連携不足(50IARU・STAYHOME)
[類似JO1EUJ・JH2DFJ]
STAYHOME:
要望あった.総務省とも協議.
「すぐ許可してもらいたい」「公的機関からの文書――例:東京都・厚労省――なし」で交渉した.
が,開設の要望の実現に至らず.
『ハムフェア2019アイボールパーティ』での各国来賓の処遇のまずさ
2019年度社員総会での虚偽答弁
局免切れ正員への投票用紙の送付
『局名録』:別人に再割り当ての,局免切れライフメンバーのコールサインの扱い
『電波法令抄録』:誤記修正する.誤記お詫び.


収支予算


会員増の見通し(総枠としての予算・実績管理を)
『中期経営計画』の必要性今後もより均衡に努力.
株式会社でも一般社団法人でも,ともに赤字なら破綻


事業計画


連盟が開設する局の機能維持
(遠隔操作)
中央局:
ビルのセキュリティを除けば,技術面・免許手続き上の負荷は問題なし.
『JA1RL運用委員会』で検討:問題点の洗い出しなど.
地方局・補助局:
常置場所・インターネット環境含め,技術面を地方本部で検討を.
D-STAR以外のレピータ局の解禁
[類似JO1EUJ]
技術基準に不適合.“JARL規格”のD-STARを推進.
『ネットワーク委員会』で検討継続.
4630kHzの課題と,代替としての 5MHz 帯の獲得
【対総務省交渉】
指摘どおり,アマチュア以外では電信を使用しなくなっている.
今後もアマチュア無線において電信を普及して残さなければならない.
1.9・3.5MHzは拡大施行され活性化.
新たな周波数帯の獲得についても積極的に総務省にお願い.
上位資格者の 優遇策
【対総務省交渉】
資格別コール:
面白い.が,「上級資格取得ごとにコールサイン替わる」で混乱.
資格別バンドプラン:
「現に免許を受けている人」が出られなくなる周波数帯ができる.
――などの問題が発生.
上級資格の取得にむけて「どのようなことが考えられるか」,関係団体含めて検討.
ノード局の自局内通信の許容を
【対総務省交渉】
ノード局は「双方向」:だから両局の免許が必要.
ドローン(自局内通信横行)は「単方向」.
[なるほど!...いや,でもそれを「局免1枚で済むようにする」のが,アナタのお仕事]
キャンペーンの実施前に過去の効果検証を
(会員増強)
[類似JO1EUJ]
非実施H26年度847名減,実施R元年度154名減.
「アマチュア無線局の減少幅」に比べ,「会員数の減少幅」は小.
最近も会員数3か月連続増.
効果出ている.
単に“何名増/減”ではなく,「地方本部・支部のイベントなどの活性化」「対外的な話題づくり」としての役割も.
「局免切れ会員(正員)」への対処
IARUの「不要・不達のQSLカードの削減」への対応「発行側不要 vs 受理側必要」など,対応困難.
4~5万枚(/月)の非会員あてのQSLカードが着.
インターネットサービスで「転送できる/できない」の検索を公開.
「不達のQSLカード削減」にはぜひ協力を.
『電子版JARL NEWS』全バックナンバーの「Flash」からの移行
過去の社員総会での提起事項過去の指摘も踏まえ,今後真摯に対応.



JO1EUJ


WAKAMONOフェア成果
[類似JH2DFJ]
・2017年 … 250名・平均13.5歳,
・2018年 … 250名・平均12.6歳,
・2019年 … 200名・平均12.6歳.
来て喜んで参加.今年はなし.
COVID-19による影響質問いただいた時点と状況が変わってきているが,「自宅でアマチュア無線を楽しむ方が増えた」のでは?
今後どうなるか判らないが,「減少」というより,むしろ開局者・会員,増加傾向.
はっきりとした要因は不明.
『会員増強キャンペーン』の効果も.
不法局・違法局対策昔からの懸案事項.
昨年9月提出の(総務省への)要望書の中でも「さらなる取り締まり強化」をお願い.
各地方総通とも連携.
具体的な個別の事案について,協議・要請.
先方からの連絡にも個別対応.
より一層の強化をお願いする.
フィールドデー・コンテストの日程変更JARL NEWSにおいて『コンテスト委員会』で意見募集.
取りまとめ中.まもなく結果.
オリンピック記念局(コール長すぎ)
[類似JH2DFJ]
総務省からも「現行の基準を超えたもの」で付与.
オリンピック組織委員会の理解も得られた.
「OLYMPIC」そのもので許可.
じつは,たいへんなこと.
大手スポンサしかあり得ないところ,特別な配慮でいただけた.
長い期間かけて,各官庁・オリンピック委員会・国会議員関係の方々の応援でここまでこぎ着けた.
過去のそれぞれの国のオリンピックのアマチュア記念局でも,「OLYMPICそのもの」はない.
価値のある局.
本体(←行事そのもの)が延期で詳細が示されていない.
記念局も(運用)未定.
JARL NEWS複数@同一世帯
(郵送費の無駄)
ごもっとも.
事務局に――たとえば「社団の代表者と個人の正員を兼ねていてで2部届く」とかの場合――「連絡いただければ発送部数を減らす」とPRしているが,推進.
周知も進める.
ガイダンス局新スプリアス対応:
作業進めている.メド付いた.順次対応.
操作できる監査指導委員の増員:
監査指導委員に限らず,随時各支部に協力依頼し選任.
WPT『電磁環境委』に委員長が構成員として参加.
反対の表明.
1.9Mバンドプラン(各国との齟齬)
[類似JH2DFJ]
大枠を(IARUの)各リージョンが,詳細を各国が決める.
『周波数委員会』では,今回の拡大に伴って,ARRL・RSGB・WIA+隣国各国のバンドプランの状況を含め,パブリックコメントの件を取りまとめ.
433.92MHz RFIDタグ『自動車輸入組合』の意見は把握.
自動車でタイヤのパンクセンサ・ワイヤレスキー,などに海外で使っている.
「そのまま日本に持ち込みたい」意向.
「簡単にはできないよ」と,総務省を通じ意見を申し上げ.
1.9Mバンドプランの図での表記(総務省告示との齟齬)『周波数委員会』にも意見いただいている.
『周波数委員会』で検討.
意見募集のタイミング,その他の関係で,意見を集約できなかった.
意見踏まえ,今後の見直しも検討.
オリ・パラ記念局の外国人運用
[類似JH2DFJ]
「無資格運用」ということで進んでいた.進めていきたい.
[特例告示ではなく,レシプロ対象外の国のOPは「体験局」制度で吸収する――ということ?]
災害への貢献アマチュア無線の社会貢献.引き続きアピール.
個人情報管理(選挙違反)細心の注意を持って取り扱う必要あり.
疑問を抱かせるような結果が出た.
いまいちど管理内規などを再確認,必要あれば見直しも検討し,JARL全体として襟を正す.



JH2DFJ


選挙違反の公示裁定結果はJARL NEWSに掲載(ずみ).
中期経営計画指摘踏まえ,監査法人などからの助言ももらいながら検討.
ふじ3号1996年8月打ち上げ,24年以上経過.
さまざまな所で経年変化による劣化が進行.
不安定な運用が続く.
開発当時の関係者の助言ももらい,「少しでも長くサービスを継続」を目標に,運用継続.
ARDF(青少年)財政支援経済的支援は現在のJARLの体力を考えると厳しい.
内容によっては個別相談可.
50W超の移動局アマチュア局のみならず,全移動無線局にかかわること.
ハードル高い.
要望として承る.
[「昭和30年のリグの実力」で決められた閾値――のはず]



JH4PHW


アンテナなど保険の収入見込みR2年度 保険事務代行収入 80万円.
個人情報保護事務局では『日本アマチュア無線連盟セキュリティポリシー』に乗っ取って取り扱い.
『選挙管理会』は,「この名簿が使われた」という事実認定はしていない.
会員情報を利用する立場の方は,選挙運動にも疑問を与えないよう細心の注意が必要――と勧告.
会員局名録:
個人情報の配慮・利便性・経費など含め検討.
電話による会員情報照会:
照会者を確認し厳格に行っている.
個人情報の管理については当然ながら細心の注意を持って取り扱う必要あり.
今回の選挙,いろいろなことがあった.
いまいちど内規を再確認.
ARISSプロジェクト:月衛星「JARLとして何ができるか?」,『ARISS Japan』で検討中.
コロナ(COVID-19)の影響で対面会議できず,おくれ気味.
精力的に動いてもらっている.
後進の指導にリタイヤ者の活用「各地方においてリーダ格となってアマチュア無線の普及啓蒙をしていただけるシニアの方が動きやすい環境」を模索中.
具体的方策は未.
なんとかそういう「シニアの方のシステム」ができないか検討中.
ガイダンス局現在20局配置.設備が老朽化.増設は厳しい.
JARL事務局への設置:
常駐はセキュリティ上困難.
8J1RLの電子QSL「管理者が変わって対応できなくなる」という継続性の問題はあり:ある人はできて,ある人はできない.
JARLとして,「LoTWの制限」は,一切していない.


この記事へのコメント