再開局:JH1UBU

次期監事候補,『無線局等情報検索』の8/8(土)未明のアップデートで,再び載ってきました.


『無線局等情報検索』

●(再)掲載タイミング
・7/28(火)未明改版,関東は令2.7.21免許分まで採録 … 掲載なし
・8/8(土)未明改版,関東は令2.8.3免許分まで採録 … 掲載あり

●概要表示
https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?SC=1&pageID=3&SelectID=1&CONFIRM=0&SelectOW=01&IT=&HC=&HV=&FF=&TF=&HZ=3&NA=&MA=JH1UBU&DFY=&DFM=&DFD=&DTY=&DTM=&DTD=&SK=2&DC=100#result
20200810jh1ubu-gaiyo.jpg
●詳細表示
https://www.tele.soumu.go.jp/musen/SearchServlet?pageID=4&IT=A&DFCD=0004274903&DD=1&styleNumber=50
20200810jh1ubu-shosai.jpg
  半分余談ですが,リンクのパラメータ中,
  ・局免切れ前「DFCD=0001124223」
  ・再開局後 「DFCD=0004274903」
  と切り替わっており,「局免が一旦切れた」ことが,ここからも判ります.

  無論,
  ○免許期間の連続性からも判ります:
   ・局免切れ前「平27.6.20」,
   ・再開局後 「令2.7.22」「令7.7.21まで」.
  ○免許番号(関A第○号)も切り替わります.


いきさつ まとめ

・5/23 #50理事会で,「監事候補」として決議

・6/5 社員あてに議案書を発送,監事候補としてJH1UBU

・6/19 局免満了失効

・6/26 社員からの『議決権行使書』の提出期限;
    『無線局等情報検索』,関東は6/22時点の免許状況を反映,消失~
    局免切れ発覚~
    会長→理事で連絡:「監事候補者から、根本 紀正 氏を取り下げる」

・6/28 社員総会,「取り下げ」ありきの質疑応答:
    Q:理事会決議事項であり,それを変えるのなら,
      理事会で決め直して持ってきて
    A:本人急逝などの場合と同じに扱って
    ただし本2号議題(役員選任)の採決には至らず.

・7/22 再開局

・8/8 『無線局等情報検索』,関東は8/3時点の免許状況を反映,再掲載

・9/12~13 理事会

・日程未定 社員総会続行会


さて,JARL執行側の攻めは?

●取り下げ
・すでに会長→理事で「取り下げ」の通知が流れている.
・定款上は,局免切れの瞬間「正員」ではなくなり「准員」に移行,
 監事候補たる要件を外れる.

●強行
・従来からの主張の
 「本人からの届け出がない限り,局免が切れていても,正員のまま」
 に依拠し,平然と候補に戻す.


社員側の判断は?

・「ご自身の局免をお切らしになるような方」に,JARLの監事は任せられない?
・別の問題として,「局免生き」を前提として,すでに『議決権行使書』(+『委任状』)を出されている方が多数


その他の可能性

・混乱の責任を取り,本人が監事候補をご辞退.


関連URL

『社員総会招集手続 3つのミス』
https://jarl2020.wordpress.com/2020/06/26/members-meeting-miss/

『JH1UBU』
https://jj1wtl.at.webry.info/202006/article_15.html

この記事へのコメント

JH4RUM
2020年08月11日 21:11
関東エリアで7/22付免許の局は248局ありますが、DFCD=0004274903に近い局を開局と推定すると198局ありました。
00042743xx 38局
00042746xx 59局
00042747xx 100局
00042749xx 1局
7/23~26は総通局がお休みなので開局の発給はありません。
連休明けの7/27付けの開局は4局ですがいずれも6xxです。
UBU局よりも大きなIDで発給されるのは1週間後の7/29以降になります。
アマチュア局で同時期に発給されたものは概ねIDが集中しています。
7/22だと3xx、6xx、7xxですが、何故か1局だけ9xxがあります。
それがUBU局です。
IDはアマチュア局も業務局も分けずに通しで交付されますが、UBU局のIDの周辺は業務局ばかりです。
憶測で軽々な発言は慎まなければいけませんが、素人目ですごく違和感があります。

以上は全て手作業なので誤差はあります。

JJ1WTL
2020年08月11日 22:22
なるほど.ならば「一覧表示件数 500件」にして,さらにソースを表示させてExcelに食べさせれば,あとはなんとかなりそうです.

①まず「3847755」と「4274306」との間が飛んでいますので,ここが「再免組」と「新規・複数局目・再開局組」の境界とみなします:

●再免 51局
3383641 JA1WNH
 ~
3847755 JI1NJH

●新規・複数局目・再開局 197局
4274306 JK1AZY
 ~
4274903 JH1UBU


②つぎにコールから,後者をさらに「新規」「複数局目・再開局」に振り分けます.註.オーバラップしています.

●新規 70局 個人66局+社団3局+レピータ1局
4274306 JK1AZY
 ~
4274793 JK1BLG

4274343 JS1YGB
 ~
4274745 JS1YGD

4274640 JP1YLY


●複数局目・再開局 127局
4274313 JG1NOP
 ~
4274903 JH1UBU


③「複数局目・再開局」のほうに注目しますと,“段差”は,つぎの2か所に観られます:
  4274313 JG1NOP
   ~
  4274342 JG1OHQ

    「295番差」

  4274637 7K1HQW
   ~
  4274799 JO1UBH

    「104番差」 ...たしかに

  4274903 JH1UBU (1局のみ)

...ここまでで手詰まりです.
JH4RUM
2020年08月11日 23:56
早々の分析・ご回答ありがとうございます。

昭和の時代なら某理事さんのように有効期間「令7.6.20」希望で開局申請をしてしらを切ってたのではないかと思いますが今の時代じゃできないですからね。
本件は黒やグレーではないと思いますが、1日でも早く開局したい焦りの心境が伝わってくるようです。
開局以来低アクティビティの時代も含めて局免とJARL会員の更新には特に注意して一度も切らしたことはありません。
アマチュア無線が好きな人なら局免切れは最大の失態でそれを防ぐのは当然だと思いますが、それができない人が監事候補とはあきれます。