JA/NN-093

大松尾山(おおまとうやま),1,738mです.
SOTA的未踏峰の初アクティベイト,および,山名の特定をしました.
2時間で16交信.最長不倒距離は「群馬県」のフィールドデー移動局で,68km「以上」でした.144/430 FMにて.


ありか

駒ヶ根市の東側です(100人の登山客のうち120人は西側に向かいます).
まだ誰もアクティベイトしていません.これは行かねば.
駒ヶ根界隈の初アクティベイトも,これで3座目になりました.map-komagane.jpg

SOTAのリストでは名前が「北川・Kitagawa」になっています.
三角点の名前を参照しています.
アヤシイ.
これは山名も特定せねば.
...事前にインターネットで調べると,「大松尾山(おおまとうやま)」でした.

あわせて登山路も判明.
折草峠までタクシー,そこから2時間ほど登ります.


駒ヶ根入り

7/30(木)まで粘って,天気予報をみて決断.
悩んだ末,後者にしました:
・8/1(土) … 天気がよさそう
・8/2(日) … フィールドデーゆえ「4局ノルマ」達成の難易度低

前泊です.
が,(金曜の終業後ではなく)土曜の移動なので「ゆっくり」でよく,高速バスにしました.
4,000円.
新宿14:35発~駒ヶ根BT18:25着.
20200801bus.jpg
ここが坊ケ峯か.名古屋にむかって左手.20200801bogamine.jpg

双葉SA.JOJF.と,乗ってきたバス.
20200801futaba-sa.jpg

QSL御殿遙拝.名古屋にむかって諏訪IC過ぎ右手.
20200801onoue.jpg

定宿の『駒ヶ根グリーンホテル』へ.5,300円.

その前に...
(1) 近くの赤穂タクシーに寄って,翌朝の予約の交渉.
 いろいろありましたが,「折草峠」まで行っていただけることになりました.
 6時発.
(2) 朝食・昼食の買い出し:牛乳パン etc.@『マルトシ』.
(3) 夕食:ソースかつ丼@『水車』(990円,註.ボリュームたっぷり).
20200801green-hotel.jpg


折草峠へ

昨晩の結論は「南回り(中川村経由)」でした.
しかしその後,運転手さんが調べてくれていて,結局,北側(駒ヶ根市中沢)から行くことに.
問題なく――対向車要注意――行けました.
5,540円・所要25分.短距離な分,安くてすみました.

標高1,169m.
石碑がいろいろあります.
(飯島町に下りる林道は通行止め(∵さきの大雨).)20200802orikusa1.jpg
20200802orikusa2.jpg
20200802orikusa3.jpg


登頂開始

6:45出発.まず全貌は...map-yamap.jpg

写真奥に続く林道――四徳(しとく)治山運搬道――へワルニャン.
まるで河原のような,ゴロゴロ石の林道歩きが続きます.
(そうではなく,ここから尾根に取り付くルート選択もあるようです.)20200802orikusa4.jpg


林道篇

ナゾの小屋.中は帰路に撮影.20200802koya.jpg
20200802koya-naka.jpg

車止めチェーン(ゲート).開いていました.当ルートの有名なランドマーク.7:14.20200802gate.jpg

百葉箱.同.7:21.20200802hyakuyo-bako.jpg

崩れている箇所も.20200802kuzure.jpg

携帯電話通信可能箇所.20200802keitai-kano.jpg

倒木1.しかし 帰りにはなかった ので,(オフロードバイクに乗った)小人さんが片付けてくれたらしい.20200802tobokou1.jpg

倒木2.こちらは ぶった切られています.帰路もこのままでした.(その後,四駆が突入していったから,彼が片付けたかも?)20200802toboku2.jpg

登山口のあるはずの“広場”“林道三叉路”に到着.8:00.
折草峠からの林道(正しくは「運搬道」),ここまで――徒歩やオフロードバイクなら――問題なく通じていました.20200802hiroba.jpg

しかし取り付き口が判かりません.
このまま林道を進み,コブを一つショートカットしました.
ここから斬り込みます.
なんとなく左斜め上に上がる踏み跡が.20200802totsunyu.jpg
【補】これが「祠峠」から下りてきた旧道?


登山道篇

登山道(尾根道)に合流.
結構立派でした.
その理由は帰路に判明...オフロードバイクの集団が入り込んで来ています!20200802tozando.jpg

索道の堀削跡.ここも有名なランドマークなのですが,ネット上では「位置」を明示した記録が見当たりません.
今回 特定したつもりです.前々章冒頭の地図をご参照ください.20200802sakudo1.jpg
20200802sakudo2.jpg

【補】『伊那商事索道』についてもう少し調べてみました:
https://jj1wtl.at.webry.info/202008/article_5.html



登頂成功

登山道脇の左手に小高い丘が.
あやうく通り過ぎてしまいそうに.20200802sancho0.jpg

三角点・山名標.ここまでちょうど2時間.8:43.
20200802sancho1.jpg
20200802sanmeihyo.jpg

他の登山客の迷惑にならないよう,奥,すなわち西寄りへ.
よって「駒ヶ根市」を名乗ります(下伊那郡大鹿村との境界線上).
...でも結局,他にどなたもいらっしゃいませんでした.
あ,虫除け必須.20200802kaiten.jpg


下山

(CQも空振りなんで)11:05で撤収.11:15下山開始.

APIOと書かれた四駆とすれ違い.果敢に登って行きました.
(オフロードバイクは普通に下ってきました.)20200802yonku.jpg

広場手前まで下りてきました.標識,読めん.20200802hiroba-kaeri-hyoshiki.jpg

広場に帰着.11:43.
「正しい取り付き口」は,来た林道のすぐ脇でした.
写真の左側が来た林道,右側の暗闇に突入すべし.20200802hiroba-kaeri.jpg

さらに蚊柱(虫柱?)と一緒に折草峠に無事帰着.12:44.
膨らんだランチパック@1,169m.
20200802lunch-pack.jpg
スマホ(ドコモ)で赤穂タクシーに連絡.25分で迎車到着.
駒ヶ根駅まで5,740円.

駒ヶ根駅へ戻ってきました.13:40.20200802komagane-station.jpg


帰京

電車で「飯島」へ.
210円,14:40駒ヶ根発.313系.
検札時に「飯島は無人駅だから」とのことで,そのまま車掌さんが切符を回収.
ex-JH0VMAにアポなしで会おうとするも,引っ越されたようで,会えず....20200802densha.jpg

車窓から.ここですね(中央奥の緑色の山),登っていたのは.20200802shaso-yama.jpg

飯島バス停18:42発,新宿着22:02.4,000円.20200802bus.jpg


参考URL

基本,このルートを踏襲

『大松尾山(おおまとうやま)1737.8m』
http://jyunin.sakura.ne.jp/oomatou.html

『折草峠~大松尾山~その先ピーク二つ』
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2311187.html

『大松尾山(中沢)』 
http://www.janis.or.jp/users/yoichi-k/omatoyama-rout.html

『大松尾山 1738M 3等北川 市野瀬(市野瀬) 山系・塩見岳>本谷山 1999.2.28.』
https://49454513.at.webry.info/201509/article_28.html

『祠峠から大松尾山(駒ヶ根市)』
https://blog.goo.ne.jp/yuukatan/e/6ae58c0257c99f8040473522038bbc8c

駒ヶ根側の林道から

『大松尾山 静かな伊那谷を行く』
http://blog.livedoor.jp/heavymoon715/archives/26807435.html

大鹿村側から

『大松尾山(おおまとうやま) 大鹿村「日本で最も美しい村」』
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-300956.html

折草峠の紹介

『折草峠』
https://www.go-nagano.net/topics_detail6/id=4808

この記事へのコメント