2018年度四アマ取得者数

発表されました:
 12,185名 (2017年度比で▲7%)
です.以下によります.

『資格別無線従事者免許取得者数の推移』
『地域別無線従事者免許付与状況』
『無線従事者試験の実施結果』
『養成課程の実施状況』(←新たに発表されるようになりました)
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/field/denpa04.html

南大塚的に「累計値」だけを騒ぎ立てても意味はないので,我々はちゃんと「差分」で分析しましょう.
長文御免.


総括:四アマ

上述および下図のとおりです.20190912yonama.jpg


総括:全クラス

20190912all-class.jpg

一アマ以外はマイナスに振れています.2017年度比で...
 一アマ二アマ三アマ四アマ
2017年度5259085,70313,141
2018年度6438685,42512,185
増分118 -40-278-956
増加率22%▲4%▲5%▲7%

一アマは,2017年度に落ち込んだ合格率が,2018年度になって再浮上しました(45.9%→30.9%→42.3%).増えたのはこの影響でしょう.
・試験が難しくなりすぎたので,元に戻した?
・Eラーニングで二アマを取得したばかりの“背伸び一アマ挑戦者”が一段落?


取得者数の推移

過去20年分強です.
年度一アマ二アマ三アマ四アマ通信術の試験方法などの制度改正
  1985.1.1
廃止 電信アマの送信
1988.11.18
廃止 全級の送信
1990.5.1
強化 電信アマ→三アマの移行(25W化・18MHz解禁)で,通信術の試験時間が1分間→2分間に
19946112,9244,416143,248 
19954852,1623,758108,123 
19961,8681,4113,70574,3101996.4.1
廃止 一アマの和文 (同時に各級QRO)
19971,5061,2212,36445,941 
19987546981,70633,419 
19996495441,45430,166 
200047132288820,286 
2001238 23871416,151 
200224123375415,208 
200322323479914,640 
200423319368214,903 
20056474247,01114,8622005.10.1
緩和 通信術で,一アマ・二アマが25字/分へ,
三アマが法規の試験の中へ
200698844212,73417,806 
200774231510,88417,837 
20086383848,51214,963 
20096183836,57713,3882009.4.1
養成課程講習会への民間企業の参入を許可
20107233446,26811,853 
20117215486,90512,1402011.10.1
廃止 一アマ・二アマの通信術も法規の試験の中へ
20121,0117516,25713,044 
20139036646,07214,1892013.4.1
養成課程講習会のオンライン化を許可
20147964376,04213,445 
20157078456,02014,3312015.4.1
二アマへの養成課程講習会制度の適用
20167831,1046,07913,041 
20175259085,70313,1412017.4
三アマeラーニング開始(JARD)
20186438685,42512,185 



エリアごとの検証 と 開局率


まず「全国」でみた「開局率」は以下のとおりです:

  開局率 = コールサイン進捗数 11,175 ÷ 四アマ取得者数 12,185 = 92%

つまり,「開局の意志のある人しか,従免を取らない」ということです.
昨2017年度も「92%」でした.

この数字,“高ければいい”というものではないと考えます.
それすなわち,「予備軍がいない」と解釈できます.
古き良き 「とりあえず従免だけ取っておいて,学校のクラブ局で...」 とかいう時代が懐かしいです.

エリアごとでは下表のようになります:
 北海道東北関東信越北陸東海
四アマ増分【参考】
2015年度
1,4052,0114,8683772151,612
【参考】
2016年度
1,0891,7374,5803562751,446
【参考】
2017年度
1,2181,2465,0084042461,429
2018年度 (a)1,1871,2944,4132312711,266
コールサイン進捗
(時点・コール・番目)
2015年度末2016/3/312016/3/312016/3/312016/4/12016/4/12016/3/31
JM8JAPJP7OYMJI1TAWJJ0THXJF9PXAJS2AQJ
6,10010,10012,78712,97010,738426
2016年度末2017/3/312017/3/312017/3/302017/4/32017/4/12017/3/30
JM8LAPJP7RJFJJ1DDDJJ0TXXJF9QKDJS2DBZ
7,45211,6531,56913,38511,1142,080
2017年度末2018/3/312018/3/312018/3/292018/4/52018/3/152018/3/29
JM8MFQJP7THWJJ1KOJJJ0UNGJF9QVRJS2FES
8,25912,969 7,13413,78411,3013,503
2018年度末2019/3/312019/3/312019/3/282019/4/52018/4/152018/3/28
JM8NUHJP7UZQJJ1RLDJJ0VBKJF9RGKJS2HAY
9,31614,10611,70314,15211,5804,757
コールサイン増加数【参考】
2015年度
1,2512,0594,5774722411,605
【参考】
2016年度
1,3521,5533,8524153761,519
【参考】
2017年度
8071,3164,6093991871,318
2018年度 (b)1,0571,1373,672 3682791,175
開局率 (b)÷(a)【参考】
2015年度
89%102%94%125%112%100%
【参考】
2016年度
124%89%84%117%137%105%
【参考】
2017年度
66%106%92%99%76%92%
2018年度89%88%83%159%103%93%
 
 近畿中国四国九州沖縄全国
四アマ増分【参考】
2015年度
1,6894094691,16810814,331
【参考】
2016年度
1,55941056889013113,041
【参考】
2017年度
1,6792766259149613,141
2018年度 (a)1,55435471177712712,185
コールサイン進捗
(時点・コール・番目)
2015年度末2016/3/312016/3/312016/4/12016/3/312016/4/1 
JP3OUTJO4HUEJJ5MVBJE6RPMJS6TOU
10,0035,2578,66011,81613,149
2016年度末2017/3/312017/3/312017/4/12017/3/312017/4/1
JP3RINJO4INOJJ5NPPJE6TBWJS6TTJ
11,6355,7619,19412,81313,268
2017年度末2018/3/312018/4/42018/4/12018/3/312018/3/26
JP3TVMJO4JBYJJ5ONAJE6ULDJS6TXQ
13,3226,1359,80313,72913,378
2018年度末2019/3/312019/4/12019/4/12019/3/312019/3/28
JP3WGXJO4JUJJJ5PHKJE6VVYJS6UCA
14,9716,61410,33214,68613,492
コールサイン増加数【参考】
2015年度
1,6115335501,01610014,021
【参考】
2016年度
1,49150453490111912,616
【参考】
2017年度
1,53837460982211012,089
2018年度 (b)1,49647952986811411,174
開局率 (b)÷(a)【参考】
2015年度
95%130%117%87%93%98%
【参考】
2016年度
96%123%94%101%91%97%
【参考】
2017年度
92%136%97%90%115%92%
2018年度96%135%74%112%90%92%


「小笠原」の扱い

2018年度中にコールが一つ進みました:JD1BPP,ギリギリ2019-03-28.
上表の11,174にこの1を足しますと,「JD1を含めた増加数」は,11,175コールとなります.

「再割り当てが行われているエリア」の扱い

当該範囲の以下の既存分(先住者)のコールを除外して,純粋な増加数を導いています:

・JJ1KOR~JJ1RLB 897コール
・JS2FET~JS2HAB 79コール
・JP3TVU~JP3WGU 153コール
・JE6TCN~JE6ULB 89コール

2018年3月31日付のデータを元に,スナップショットで求めています.
それよりあとの,2018年度中の失効・廃止・再開局はネグります.
再割り当てには,半年間のガードタイムも設けられますし.

(たとえば,10月以降の失効・廃止のコールの再利用は,
 「年度中には完全に不可能」なことになります.)


ニューカマーの数

「コールサインの進捗」で近似できます.
しかも上表では,きちんと「先住者がいてスキップしたコール」を除外しています.

...ということで,減っています:

  14,021→12,616→12,089→11,175コール
  (2015→2016→2017→2018年度)


合格率・修了率

四アマでみますと,国家試験で78.8%,養成課程講習会で98.1%です.

国家試験

 一アマ二アマ三アマ四アマ小計
申請者数2,1771,0632,1162,8058,161
棄権者数5922391662061,203
受験者数1,5858241,9502,5996,958
合格者数6703951,5362,0474,648
合格率〔%〕
(合格者数/受験者数)
2018年度42.347.978.878.866.8
【参考】2017年度30.947.578.975.963.0
【参考】2016年度45.945.680.974.866.7
【参考】2015年度43.448.979.372.865.1
【参考】2014年度48.046.078.173.664.9
【参考】2013年度46.451.779.473.065.3
合格率〔%〕
(合格者数/申請者数)
2018年度30.837.272.673.057.0
【参考】2017年度22.635.872.970.353.6
【参考】2016年度34.633.274.069.256.8
【参考】2015年度32.437.571.967.855.6
【参考】2014年度34.834.470.467.554.1
【参考】2013年度34.938.472.167.655.3


養成課程講習会

新たに発表されるようになりました:
 一アマ二アマ三アマ四アマ小計
受講者数6443,62010,51214,776
修了者数4983,58910,30914,396
修了率77.3%99.1%98.1%97.4%


JARDを含め,計9機関による実施が確認できています(含 活動終了分).
新たに『三文字クラブ』が加わりました.TNX TO JR1SIM FER UR INFO20190912yoseikatei.jpg

cf.
『養成課程一覧』
https://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/operator/005.pdf

CQ誌2018年12月号 p.134
『日本大学危機管理学部で4アマ講習会開催される 三文字クラブ〈JA1YRJ〉』

(1) JARD

http://www.jard.or.jp/yoseikatei/course/index.html
・四アマ
年度受講者数合格率
20119,941名98.5%
2012 
201311,729名97.8%
2014  
2015  
201614,019名98.8%
2017 98%


・三アマ
「eラーニング」のみ,「集合型」は情報なし.

『3アマeラーニング合格率100%更新中』
https://jard.or.jp/eln-center/3rd-class/3rd-class_2018_info.html
年度(開講時期)受験者数合格者数不合格者数失格者数修了率合格率
2017253名231名0名22名91%100%


・二アマ
『1,751名誕生 第2級アマチュア無線技士』
https://jard.or.jp/eln-center/2nd-class/2nd-class_2018_info.html
年度総数eラーニング集合講習
2015541名502名39名
2016662名585名77名
2017548名514名34名


(2) NPO法人ラジオ少年

http://www.radioboy.org/
http://www.radioboy.org/youseikatei/index.html

(3) 株式会社キューシーキュー企画

http://www.qcq.co.jp/ykk/34ama/34ama_top.html

(4) 京都アマチュア無線振興会

Webはないようですが,以下の開催が確認できます:
 ○2013年4月13・14日 田辺市
  アマチュア無線技師講習会のお知らせ
  http://jrbwakayama.seesaa.net/article/351381582.html

 ○2013年7月13・14日 京都市
  【リンク切れ】
  アマ無線で通信確保 災害時に地域貢献 JAグループ京都が講習会
  http://www.agrinews.co.jp/modules/pico/index.php?content_id=22246
  http://www.ja-kyoto.jp/info/ja1175/1175-3.html

(5) 特定非営利活動法人クリスタルテック

【リンク切れ】
http://npo-ct.jp/
http://npo-ct.jp/r20130302.html

(6) 電気理科クラブ

http://dkrc.jp/
http://dkrc.jp/event_musen_2017.html

(7) 京都府農業協同組合中央

http://www.ja-kyoto.jp/info/ja1199/1199-3.html

(8) ラジオテック

https://radiotech.jp/

(9) 三文字クラブ




長期型養成課程認定校

国試・講習会のほかに...
「授業に出ていれば四アマ(相当)が得られる」――という,夢のようなコースもあります:

・第四級海上無線通信士
 - 宮城県気仙沼向洋高等学校 専攻科無線科

・航空無線通信士
 - 海上保安学校 本科情報システム課程・本科航空課程
 - 海上保安大学校 専攻科第三群(情報通信) 〔含 本科第三群(情報通信)の課程〕

cf.『長期型養成課程認定校とは』
http://www.tele.soumu.go.jp/resource/j/operator/003.pdf


「国試 vs 講習会」比率

二アマも含め,講習会のほうが優勢です.
 一アマ二アマ三アマ四アマ
取得者(a)6438685,42512,185
国家試験(b)6703951,5362,047
養成課程講習会(c)4983,58910,309
国試:講習会(100:0)44:5630:7017:83

「国試:講習会」の母数は,(a)ではなく(b)+(c)を用いました.


過去ログ

『四アマ取得者数最低記録更新』
http://jj1wtl.at.webry.info/201006/article_7.html

『H22年度の四アマ取得者数』
http://jj1wtl.at.webry.info/201109/article_8.html

『2011年度四アマ取得者数』
http://jj1wtl.at.webry.info/201206/article_3.html

2012年度は総務省の当初の発表に誤りがあり,訂正待ちでブログ記事化しませんでした.
・三アマ関東: (誤)68,444 → (正)70,208
・四アマ関東: (誤)839,605 → (正)842,680

『2013年度四アマ取得者数』
http://jj1wtl.at.webry.info/201406/article_13.html

『2014年度四アマ取得者数』
http://jj1wtl.at.webry.info/201508/article_15.html

『2015年度四アマ取得者数』
http://jj1wtl.at.webry.info/201607/article_10.html

『2016年度四アマ取得者数』
http://jj1wtl.at.webry.info/201708/article_11.html

『2017年度四アマ取得者数』
https://jj1wtl.at.webry.info/201807/article_7.html
0

この記事へのコメント