Log: JARLそこまで言って委員会

第9弾の『JARLそこまで言って委員会』のメモです.
2019年7月21日(日) 10:30~12:07 池田市民文化会館小ホール にて開催.

●話の流れ
 ■道ハム・全国ARDF PR
 ■ビューロー:QSLの並べ順

 ■社員総会第2号議案(会長・専務理事 理事解任)
 ■“健全経営”なのか
 ■ではどうするか?
 ■ハムフェア2020中止問題
 ■会長・専務理事のいいところ
 ■伝えられていない臨時理事会
 ■大矢理事からの決議案

●司会
JR3QHQ 田中 理事 関西地方本部長

●壇上
舞台に向かって右→左
・JJ1WTL 本林 社員
・JA3UWB 岩本 社員 京都府支部長
・JH3KCW 吉川 社員 奈良県支部長
・JF3NIM 田中 社員 和歌山県支部長
・JA3HBF 田原 社員
・JH3GFA 平田 社員
・JA3WDL 井村 社員
・JA2HDE 木村 理事 東海地方本部長
・JN2OFP 山田 社員
・JH3GFX 安孫子 理事
・JF8DSN 齋藤 社員
・JH1XUP 前田 社員
・JA3NDM 藤原 社員 兵庫県支部長
・JR3KUF 池上 社員
・JA3DKW 永井 監事
・JL3JRY 屋田 社員 関ハム実行委員長
・JE3DBS 蛭子 社員 大阪府支部長,関ハム出展担当

以下,司会からの振りは可能な限り割愛します.
率先して語っているわけではなく,むしろ口を割らされています.
ストーリー優先で整え直しています.
必ずしも発言順とは限りません.


■道ハム・全国ARDF PR
●DSN
○第6回北海道ハムフェア
 9/21~22.
 記念局も運用中.

○全国ARDF競技大会
 昨年は倒木・地震で中止.
 また(今年)「北海道」ということで,準備中.
 二つの会場:江別市・千歳市.
 熊が出るよう....
 新競技「スプリント」初開催:
 会場が狭く,5TXでワンセット,二つのループ でチェック.
 観戦可・写真撮影可・応援可.
 懇親会も.
 宿はなかなか取れないかも.


■ビューロー:QSLの並べ方
●QHQ
昨日(7/20(土)受付分で),21名がバラバラ.

こういうことをすると,島根のビューローの方が困る.
カードが届くのに時間が掛かる.
ご存じない方いたら「ちゃんとするんやで」と言っておいて.

プリフィクス順.
DXはABCD順;
数字(始まり)はそれとして.
『QSLカードをまとめる順番』
https://www.jarl.org/Japanese/5_Nyukai/qsl-sq.htm



■社員総会第2号議案(会長・専務理事 理事解任)
●QHQ
社員の1/30...つまり5名いれば,議案を出せる.
17名で出した.
髙尾さん・日野岳さんの理事解任を提出.
PRした:
・1号議案否決
 決算否決=理事会否決.
・2号議案
 赤字赤字赤字続きの運営は間違ってますよ,辞めて下さい.

結果
・第1号議案 可決
・第2号議案 否決

●WTL
過激だけど,それをやらないといけないくらい,理事会の運営がゴタゴタ.
みなさんお暴れになるのは仕方がない.
解任に賛成した.

●HBF
会長:
昨年の社員総会で質問したがウソの回答:虚偽答弁.
社員総会は最高議決機関.
その場においての虚偽答弁はとんでもない.

去年の総会の直前に情報.
推薦理事の伏見さんが任期途中から「髙尾さんのやり方がまずい」「これはヘンだ」ということで,考えを変えていかれた.

選挙前に,「全国選出理事に立候補する」とおっしゃった.
そのときに髙尾会長が,「もう一度,推薦理事として推薦するので,立候補は止めてほしい」と.
立候補はお止めになった.

いざ直前の理事会において,推薦理事のリストの中に伏見さんの名前がなかった.
伏見さんお怒り:「これはどういうことだ」.
理事会は紛糾.

そういう情報を聴いたので,会長に「こういうことがあったんか?」と訊いた.
「そういう事実はまったくございません」という答弁.

私も直前だったので十分な調べもできていなかった.
終了してから,伏見さんご本人にお訊きし,他の理事さん数名にもお訊きしたら,やはり,「その情報は正しい」とわかった.
つまり会長はウソの答弁をしていた.

●QHQ
木村さん(当時理事)補足ある?

●HDE
ぼくの気持ちはそのまま正確に(JA3HBFが)お伝えいただいたと思っている.

●QHQ
虚偽答弁.
私も嘘つかれた.
3年?2年?前の年末ハムの集いに,会長が来た.

フィールドデー・コンテストの開始時間が6時に早まった.
この話を何名かが質問.
会長は「私も6時は早すぎると思う」と話した.
社員総会のときに「(あのとき)こういう答弁されましたよね」と話したら,「そんなことは喋っていない」

●WDL
『なんでもコーナー』を担当.
旗「JARL入会」を事務局からもらって前面に掲げた.
1,000名の新入会員を迎え入れる決意でやっている.
昨日(7/20(土))は10名.
今日は990名.

...という予算.
今年度の予算は「1,000名を入れる」.
〔円〕
(除 「換算」欄)
2018実績2018予算2019予算
 達成状況 2018実績比
予算比で換算増減換算
入会金+会費305,591,254343,390,000▲37,798,746 313,892,000+8,300,746 
 受取入会金2,360,0003,150,000▲790,000▲790名2,230,000-130,000-130名
 正員受取入会金2,328,0003,100,000▲772,000▲772名2,200,000-128,000-128名
準員受取入会金32,00050,000▲18,000▲18名30,000-2,000-2名
受取会費303,231,254340,240,000▲37,008,746 311,662,000+8,430,746 
 正員受取会費287,409,814319,140,000▲31,730,186▲4,407名295,984,000+8,574,186+1,191名
家族会員受取会費5,412,1006,300,000▲887,900▲247名5,220,000-192,100-53名
准員受取会費6,709,34010,800,000▲4,090,660▲568名6,458,000-251,340-35名
賛助会員受取会費3,700,0004,000,000▲300,000 4,000,000+300,000 

正員・准員の会費は一律7,200円とみなしました.
厳密には「社団局だと10,800円」「各種のキャンペーン」という事情もありますが,すべてネグっています.

四半期・1/4が過ぎた.250名入っていないといけない.
結果は担当に訊いて.
現状はむしろ減少.3/7→5/7で,
正員▲134,社団▲17,家族▲9,准員▲23,合計▲183

これはなかなか大変.
「平然と(こういった)提案をしてくる感覚の持ち主」――ということを指摘.

JARL髙尾会長云々というだけではダメなので,今日,「990名新入会員を入れる決意」で,いまやっている.

そんな経営状態.

●QHQ
1,000名増.
昨年は4,000名(増の予算).

執行部――私でなくもっと上の人と事務局――は,「1,000名できる」と思っている.
ここにいる(理事の)みなさんは11月(の理事会で)予算否決.

(そうはいっても会場のみなさんで)一人一名入れて.


■“健全経営”なのか
●XUP
髙尾さんの問題点は,いろんな支部大会に行って「いまのJARLは健全経営だ」と(吹聴していること).
調べた:

○健全経営
・組織が一丸となって組織の方向に沿った動きを実行できる.
・組織全体が不健全な動きがないか/どうか確認しつつ,そのような兆候があったときは,理事会で解決できるような状況にある.

○不健全経営
・不健全経営の兆候の一つとして,毎年赤字を垂れ流していることに気づかず,内部保留金を取り潰すことがあたりまえだと考え,組織として継続している.
・短期間の赤字は,必ずしも不健全ではない.
 しかし,赤字の危険性に気がつかず,長い間そのような状態を続けることは,不健全.
・リスクに対する対応ができなくなる.
・会長に他の理事がついていかなくなるので,組織が空回りする.
・虚栄が目立つようになる.
・理事会が機能不全に陥る.

...いまのJARLの理事会を含め見ていると,まさにこの辺がみんな当たっている.
不健全経営になっている.
それに会長は気づかず,支部大会に行っては,「健全経営だ」と.
自分のブログにもそうお書きになっている.

そのへんの経営者――JARLの会長を経営者と言うか?は置(いと)くが――としての認識の差.
JARLのトップとしての考え方としては,これはおかしい.
こういう人に任せておいたら,いつかJARLはダメになる.
見えている.

今年の『関西ハムシンポジウム』のときに理事さんがいろんな話をしてくれた:実際理事会はどうなっているのか.
判ったことは,会長が議長を務めている.(例:)
田中本部長が議案を出しました.
ところが議長=会長が気に入らないことは,取り上げない.
取り上げて説明を求めたときに,いろいろ言うと,「それはいい」.
自分が気に入らないことは,やらない.

それが顕著になったのは今年の2月の理事会.
議案書を出した理事は四人.
四人(の議案)とも前向きで協議しなければならないこと.
一つも取り上げなかった.
理事会報告には一つも載っていない.

去年の11月の理事会では三人の理事が出した.
二人載って,一人載っていない.

...なぜそいうことが起こるか?
おそらく,会長と専務理事が,「これはやめておこう」「これはどうしよう」と.
ようするに「理事が何か」をまったく判っていない.
私物化していると言っても過言ではない.

そういう人を6万人の会のトップに置いておくことは,危険極まりない.
毎年毎年赤字予算・赤字決算の繰り返し.
それを認めて,内部留保――7~9億円と言われているが――を毎年毎年削るから,あっという間になくなる.
そしたら会費値上げ.
平然とやる.

そういう人に会を任せておきたくない.

●QHQ
内部留保取り崩し.
いま9億円ある.

「いつまで赤字垂れ流しの決算・予算を作るんだ」という(社員総会での)質問に対して,吉井事務局長はなんと言った?

●HDE
「現在9億円ある.
 そのうち4~5億円くらい使っても心配ありません.
 使ったところでつぎのことを考えればいい.」
いわゆる“数字の一人歩き”になっています(あるある).「5億円まで減ったら」というのは,説明の上での「仮定」でした.

●QHQ
「5億円までは無駄遣いをします.だから使いまっせ.」と社員総会で宣言.
こういう方たちが,いまのJARLを運営.
それを堂々と言えるということは,社員を舐めている.
「これを言っても社員は判らない」と思っている.
会員も含め,たいがいの人はQSLの転送さえしてもらってたらいい.
社員総会に来る社員も「どこ遊びに行こう」で土曜日から(東京入りして)遊びに行っている.
それが社員の大半.
社員総会に行って座って「はい賛成」「はよ終わらへんかな」が大半――なのを,判っている.
会長も専務理事も.吉井も.

「4億あと使い切りまっせ」といっても社員の反応はなかった.
ぼーっ.
堂々と言えるのは素晴らしい.
「QSLカードの転送だけしてもらえればいい」人が多いから,好きなことができる.
(会場にむけて)「もう少し勉強して欲しい」と,他の方(社員)に言って.


■ではどうするか?
●XUP
「もし会長・専務が退任したらどうするか?」まで考えていた.

○『財政再建委員会』の創設
 決算書の中身を精査.
 予算がこれでいいのか.
 例:1,000人新入会員を入れる前提の今年の予算;
   去年は4,000人.

 ...いずれも達成できない.
 せいぜい100人.
再掲.3/7→5/7で,
正員▲134,社団▲17,家族▲9,准員▲23,合計▲183

 虚実じゃなくて「実際の所」をきちんと見ないと運営できない.

○収入増策
 会費だけに頼っていたら,間違えなく潰れる.
 会費の値上げしかなくなる.
 3~5年先に会費15,000円.
 年金で楽しんでいる人がたくさん.
 そこに「2倍の値上げ」はとんでもない.
 そうならいために収入を増やすことを考えたい.

・(養成課程)講習会の復活

・電波利用料のJARLでの収納代行
 42万のアマチュア無線局の電波利用料を封書で出している.
 大変な作業,で300円,たぶんこれは赤字.
 JARLが一括してもらう(収納を請け負う).
 総通(総務省)は助かる.
 JARLは会費の中に300円入れる.

・開局初年におけるJARL入会の必須化
 8,000人/年の局免を取る人がいる.
 「最初の1年間は必ずJARLに入る」と省令を改正してもらう.
 1万人×7,200円=7,200万円,入る.

・できる/できないは別,相手がある.
 今年できる/来年できる もある.

 そういうことを議論して,そういうことを進めてみよう
 ――ということをやることで,
 「JARLの収入を増やす」ということを理事会で真剣に議論して欲しい.
 理事会でできなければ,委員会を作って有識者を入れてやればいい.

 そういう発想が,いまの理事会にはない.
 「収入が見込めるいろんな事業」を,JARLがやっていくことが必要.
 そういうアイディアを発信していきたい.

○関連団体との協力関係の構築
 総務省からも誰も人(転職者)が来ていない:来たくないらしい.
 構築し直し,JARLとのパイプを作る.


■ハムフェア2020中止問題
●QHQ
私の出した議案も,ええかげんな形で,ニュアンス変えられて,理事会報告に出された.
「変えて欲しい」とお願いしたことある.
変えてくれない.

極端な話――
・いやな議案はやらない.
・ややこしい議案は内容を変えて改竄.
――というのが現状.

いままで理事の人は,何でそれを言わなかった?
「言うな」と言われている:「理事会の内容は喋るな」.
それを喋ったら監事さんに怒られる.
理事会報告が出るまでは,口チャック・ネットにも書いたらダメ.
...こういう状態.

ハムフェア2020,ありません.
表向きは“検討中”.
「開催する方向で検討中」という形の理事会報告が出た.
ウソ.
開催できない.

日野岳専務がどういう形で言ったか?

●GFX
3年以上前に「ビッグサイト使えない」と理事会で発表.
齋藤さん(JF8DSN)も総会で進言.

「いろいろあたったがビッグサイトが期間中どうしても枠が取れない」という話があった.
「前/後:夏にやらなくてもいい」と言う話も出た.
「そこは他の団体が早くから押さえていまして」.
「じゃあなんであなた方はそれをやらなかったの?」で,理事もだいぶ問い詰めた.
その問い詰めもけっこう強く,とりあえず,「書類を揃えて内容を精査して9月の理事会でもう一度やりましょう」ということで会長が幕を引いた.

「『やれない』という内容の報告を,詳しく説明をする」というのが現状.
(にもかかわらず)理事会報告の内容では「開催する方向で検討する」と書かれている.

●QHQ
ニュアンス違う.
「報告をした」と書いてあるが,報告事項じゃない.
いわゆるペーパーでは一切載っていない.

今年の2019年のハムフェアの話を専務理事が,理事会の終わる寸前に,つぎ弁当食べて総会のときに,
「あの報告があります.
 この報告には報告があります.
 みなさん2019年今年のハムフェアにつきましては,理事さんは『なんでも相談』に座ってJARLの会員の情報を聴いてくださいね.」
ということを専務理事が話をした.
「じつは来年の2020年のハムフェアは開催できませんので」ついでで言った.
「それでは終わります」.

そのときに,今回は騙されなかった.
大矢さん(推薦理事)が「ちょっと待って下さい」.
「いまなんておっしゃった?2020年,開催できないっておっしゃったね?それこんなとこでいうこと違うでしょ.
正式に,審議事項で出してもらわないとおかしい.」
大矢さんがいなかったら,ぼんくら理事は帰っていた.
流しちゃう.

いままで何回も騙されている.
(騙されると)どうなるかというと,理事会報告に「専務理事から来年2020年のハムフェアは開催できないと報告があった」が出てくる.
あとから言っても,「やりましたよ」「やったでしょ」.
他の(会長派)理事が「聴いた聴いた」.
「何の意見もなかった.承認された.」
「理事がそれを承認した.」
――という報告になる.

●会場JI1ILB
ひなたぼっこの会会長.
10年以上ハムフェアに出ている.
17日に東京のハムフェアの抽選会あった.
同じことを会長おっしゃった.

(2020年,)「ない」という人,「ある」という人,「横浜」,「幕張」,「大阪で一緒」,...というウワサが流れている.
ひなたぼっこの会(内)に「できない」と言いたい.
予算で動いているし.

・東京…34,000円/2ブース
・大阪…3,000円
その料金でできる?

●QHQ
いいが,9月の理事会の話がある.
議案.
私は「100%できない」と思うが,大矢理事が9/23の理事会で2エリア・3エリアとかの話をやる.
議案で出している.
まだちょっと待って.それで100%(決まる).

・大阪
 しない.ここ(池田)ではできない.
 『インテックス大阪』があるが,料金は上がる.

・2エリア
 たぶんない.

●GFA
(JI1ILBの)おっしゃることはそのとおりだが;
ちゃんとした経路を通してからでないと,公明正大に言えないのも一つ.
ただ一番違うのは,
・ハムフェア … お金をもらってやっている事業,
・他の事業 … 入場料も取らずボランティア.

理事会を待ち,会長が「金かけてでもする」となると,
私ら(関ハム・東海ハム)を飛び越えて,勝手にする.
それまでは答えられない.

●QHQ
(理事会で)スルーしてしまっていたら,「できない」でOKだった.
我々が抵抗しちゃった:「なんででけへんねん,今度の理事会でちゃんと説明しろよ」.

日野岳専務は「できない」でやる.
「なんでできへんねん?」と言ったので,いま慌てている状況.

すべてにおいて「理事会報告は改竄されている」と思って.
ほんとに無茶苦茶.

なかには...
理事会でJA1NVFが会長にいろんな話をすると「訴えますよ」と恫喝する.議長(=会長)が.

私が喋ると「うるさいから喋らんといてくれ」.
それでも懲りずに喋ると「出ていってもらいますよ」.
もう,2回言われた.

ところが,ある理事が喋ると――許可をもらわずに――喋らせます.
会長の味方の人.
7エリアの理事.
永遠と喋らす.
会長の擁護をする.
これはずっと喋らす.

...これが“議長の采配”.

こういう状態の理事会:
・赤字
・あちこち行脚:JARLのお金を使って会長さん,今日も長野県支部大会.

高橋理事(長野県)は会長のお友達.
きょうまた「私がJARLの会長だ」ということでスライドを見せながら,
・8割…自分の自慢話,
・2割…JARL健全でございます.

ちょっと変わったところがある.
いままでは「健全だ・俺は偉いんだ・俺は会長だ・俺はこんなにアマチュア無線やってんだ」を1時間喋る.
この前の社員総会からスライドが1枚増えた:
「みなさんこれからJARLはどうしましょう,みなさんの意見ください」ということが書いてある.
『いばらきハムの集い』にて:

会員皆様にお尋ねします!
◎JARLの財政は残念ながらマイナス
内部留保を取り崩しての運営はダメとの声があります。

①会員サービスを削減し黒字化
②会費を値上げして黒字化
③みんなで力を合わせて会員を増やす
④経費をさらに削減して黒字化

将来を付託された執行部として責任を持って
積極的に取り組んで参ります

ちょっと効いている?
いや,ご自身の「内部留保取り崩し経営」「会員増強に注力(③)」の正当化のためのスライドでは?



■会長・専務理事のいいところ
●DSN
○残念に思っているところ
経済的な問題は「?」.
「このままでいい」と思っていない.

新しい収入源についても,総会でいろいろ提案している.
それを進めて欲しい.
理事会ではその話がされていない感じ.
改善して欲しい.

「新入会員が実際にはどのくらいいるのか?」が判らない.
「自然減もあるが,その割合」も.
分析して推し進めて言って欲しい.

専務理事:
赤字の時代に年収900万ももらうのは反対.
そういう所は考えて欲しい.
もし総会で(第2号議案が会長・専務理事とで)個別採決だったら,会長はアレだが,日野岳専務のほうはもしかしたら だったかもしれない.

○いいところ
永きに亘って負債を作った原会長時代,日野岳専務がついていて,赤字ができた.
短期間で「なんとか変えて行きたい・JARLをよくしたい」という思いは同じだと思う.
意見は違う・やり方が違うから,ぶつかるところ・地域性があったりする.
だれか緩和してくれる人がいればうまくいくのかな.

いまの専務理事は昔はカチカチ.
「新しいことはぜったいにやらない」と断言していた理事.
この2~3年,若者の集客するイベント・入会に関しての新しいイベントを認めてくれて,チャレンジしてくれている.
これからもみなさんどんどん意見を出して,どう運営できるか協力して.

●KUF?
「JARLをよくしようと思って活動している日野岳専務」はぜったい違う.

●QHQ
単にやっているだけ.

●OFP
子供に対してのアプローチ.
若者イベントやります!...どこまでが若者?...子供だけ.
若者って,30代くらいまで.
22歳で切るのも...

●DSN
アマチュア無線を知ってもらわないと会員も増えない.
アマチュア無線自体を知ってもらえる地域のイベント・お祭りで,
アマチュア無線をPR.
公開運用などいろんな場にどんどん出ていって.
Webに載せたり.
「アマチュア無線ってアンテナ立ててるけど何やってるの?」とよく訊かれる.
「知ってもらう活動」をしてほしい.
だんだん動いてきてくれている.
こういう(ところに)経費を使ってくれるなら許してもいいかな.

●GFA
(1) もともと「若者イベント」はJARDがしていた.
それをJARLがお株を奪った.

ただ東京の一極集中でやって何のメリットがある?
名古屋・大阪・... 回っていくならまだ判る.
たった1日やることの費用対効果は?
なんぼ会員入ったんや?

(2) 若者若者と言うが,JARLの構成比を考えたら,圧倒的に50代以上が多い.
辞めていくのはその方がほとんど.
1,000人/月の廃局.そのうちJARLのメンバもかなり.
「いまのJARLに失望している方」が多い.
いまの会員の満足度を上げる.

...という話に持っていくと...

「いまの会員サービスは維持されているから・好評を得ているから,そのまま.
 (内部留保)5億円を切るまで赤字を垂れ流しますよ」
ということを,専務理事も事務局長も社員総会でおっしゃった.

「好評を得ているのであれば,当然それなりの調査をしたんですか?」と伺うと,
「会長とか私(専務理事)が行ったときに,会員さんから聴いた話だけです」.
...具体的な調査をしていない.

ようは,JARLの現状としては,いまやっている施策・方針に対しての検証をまったくせずに,行き当たりばったりで,耳障りのええことだけ言って,
「1,000万円かけて500円しか儲からない事業」を平気でやっている.
実際は,マイナスのほうが多い.

会長は長野に行っているが,
今日ここ2,000~3,000人のアマチュア来ている.
非常に失礼だが,長野県支部大会,1/10も来ていない.

きのう(髙尾会長)来られていた.
午前中,名刺を撒いていた.
昼から帰った.
どんだけ会員いるか?「こっち:むこう」で(関ハムのほうが多い).

ようは,結局は,自分たちが責め(攻め)られたら困るから逃げた.
「責められて困る人」には顔は出したくない.
一転,「ちやほやしてくれる人」にはぜひ行きたい.
――というスタンスが見える.

私も虚偽答弁をされた.

なんぼいっても無理なので,社員総会で直接,
「個人的に髙尾さん・日野岳さんに何の恨みもない,逆に,理事のみなさんと話して同じ方向性を向いて」.
と言った.
みな基本的にJARLを潰したくない.
いまの専務理事・会長のスピードでは,「JARLの終焉」に間に合わない.
スピードアップを図りたい.

●HDE
理事会,うまく回っていない.
理事も不甲斐ないと思っている:
・議案が採択されない,
・発言が制限されたり.

その後に「決を採る」.
決を採れば必ずそれは通る(多数派が勝つ).

ようは,熱く語っている人間が数が少ない.
それ以外の人は,「しっかりと教育をされている」のではなかろうか.

そんな中で,社員の有志のみなさんが立ち上がってくれた.
理事会に出ていても何の力も出せない.
行き詰まった状態のところで提案してくれて,心が温かくなった.
結果失敗だが,このままいけばまだ続くのかな.
それだけは避けたい.
なんとか我々の思いを実現させたい.
ご支援ご協力を.


■伝えられていない臨時理事会
●QHQ
「会長がほんとうに否認されたらどうする・こんなこと(理事解任)が出たJARLはどうしたらいいか」で,「第46回理事会を開いてくれ」と会長にお願いした.
会長は開かない.
「理事」で開くことができるので,種村さんが臨時理事会の開催を進言.

社員総会後に開かれた.
報告が出ていない.
抹殺された.

過半数以上の理事が出ないと,理事会としては成立しない.
理事は理事会に出る義務がある.
理事8人+監事1名が出席.
残りの理事:会長+副会長二人+専務理事+15780 来なかった.
成立しなかった.
“教育”されている...誰かに.

「成立しなかったという報告を出してくれ」とお願いした.
事務局から招集状を出している.
“教育された”理事の方々は欠席.ボイコット.

「会員に報告」をお願いした.
事務局はしない.
やっとこさできたのが「内部文書として残す」という結論.

こういうことをする方々がいらっしゃる.


■大矢理事からの決議案
●QHQ
推薦理事の大矢さん.髙尾さんの推薦.会長を補佐する立場.
3回の理事会では一言も喋らなかった.
様子見をしていた.
4回目の前に
(1)種村さんの所に意見を訊きに行った.
(2)前田さんが会いに行った.
(3)ぼくのところに来た.

意見を4時間喋った.
いろんなことを聴いた.
「誰も意見聴いてくれない,大矢さんそこまで言うんだったら,これから意見言ってよ」.
4回目の理事会からバンバン意見を言うようになった.
助かった.

大矢さんから,おとつい(7/19(金))午前6時に,各理事・監事あてに
「つぎの9/23の理事会に議案を出します.
 いまから見て下さい,意見を訊きたい.
 この議案についてはオープンにしてもらっても結構.」と.

極端な話:
・理事会を機能するようにしましょう.
・髙尾の一人理事はあきまへん.
・総会は違法総会でした:きちっとしたルールを作りましょう.

ホームページに載っている:「2020年JARL選挙情報」.
https://jarl2020.wordpress.com/2019/07/20/%e3%80%90%e9%87%8d%e8%a6%81%e3%80%91%e5%a4%a7%e7%9f%a2%e7%90%86%e4%ba%8b%e3%81%8b%e3%82%89jarl%e7%90%86%e4%ba%8b%e4%bc%9a%e3%81%ab11%e5%80%8b%e3%81%ae%e6%b1%ba%e8%ad%b0%e6%a1%88%e3%81%8c%e6%8f%90/

○議案1
『総務省への要望書の提出に関する規定の制定について(案)』

年に1回,JARLとして総務省に要望書を提出しろ.
このルールを作れ.
包括免許・ローバンド・....
出さないとルール違反.

(以前の)赤間総務副大臣あて要望書,小中学生にアマチュア無線の体験をさせる:ある一定の条件において.
免許なしで.
https://blog.goo.ne.jp/jr3qhq/e/1e6528a46068b49d50c5e4d07a2d5450


2年前に(赤間副大臣に)行っている.
(大阪)9区選出の議員(原田憲治氏,JP3GJV)が総務副大臣になった.
要望したのがこれ(ただしもう一人の総務副大臣の,赤間二郎氏の担当領域).

ただ,『関ハム実行委員会』名で出した.
「地方本部の名前ではインパクトが弱い,JARD・JARLの名前で持ってきて,前向きに検討するから」と言われた.

ARISSスクールコンタクトのときのパブリックコメントは大半のアマチュア無線家は反対:
たとえ「子供たち」といおうと,無免許の人間にアマチュア無線の免許使わせてどないすんねん.
『アマチュア無線で小中学生に科学技術への興味を
-「臨時に開設するアマチュア局の無線設備の操作を行う場合の条件を定める件」等に対する意見募集の結果(国際宇宙ステーションのアマチュア局と通信を行う場合の特例)-
別紙 1 主な意見の概要とそれに対する考え方』
http://warp.da.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/235321/www.soumu.go.jp/s-news/2002/020314_1.html#bessi1

それでもOKになった.

「またアマチュア無線家が反対のパブリックコメントを出されたら我々として困る.だから困らないようにして欲しい.JARD・JARLで出してもらえたらアマチュアの総意とし認識するから話を持っていく.」.

JARLへ持っていった.
会長いた.

●JRY
JARL会長:
「困るんですよね,他にも動いてるんです,国際課にも働きかけてるんで,ぼちぼちまた検討しますは」で,「やる」とは言ってもらえなかった.
この状態がいまも続く.

●QHQ
「やってない」「やらない」ということ.

JARDに行った.
みんなぼくらが(赤間副大臣に)行ったことを知っている.

JARLの玉眞さんにも1週間前に「一緒に行かないか?」とお願いしたが,「いやぁ」で終わり.

JARDはすごい.
「きょう行きはったみたいですね,そのあとどうなりました?」
JARDの職員はみんな訊いてくれる.
「JARLがあかんと言っている」「やっぱりね」.

...というようなことが2年前にあった.
大矢さんも,アマチュア無線を,子供たちにどうしてやったらいいか?を考えている.
要望しろと書いてある.


○議案2
『諸外国のアマチュア局免許制度において、アマチュア局を免許する際に当該アマチュア局の無線設備における技術基準適合の確認・証明の有無に関する調査の実施に関する決議(案)』

免許制度がどうなっているか調査しなさい.
包括免許(化)の前の調査.
「免許手続きの簡素化」という表現がベター.
総務省にとっての「包括免許」は,別の意味(例:ドコモが代表して利用者全員のスマホの免許人になります).


○議案3
『入会者及び退会者等の分析調査の実施に関する決議について(案)』

さきほどの,「どないして辞めていかれれて,どうなっているか――の精査」.
これやりなさい.


○議案4
『2020年度のアマチュア無線フェスティバル ハムフェア開催に関する決議(案)』

東京周辺が前提,困難なら大阪市周辺または名古屋市周辺.
or 規模変更.
他のアマチュア無線イベントに配慮.
中止は望んでいない.考えていこう.

日野岳は「できない」「やりません」と言った.

なんとか検討しようと.
あかんかもしれないけど.
少なくとも2・3(エリア)は,やらない・できない.


○議案5
『委員会への諮問及び委員会からの答申の適正化を図るための理事会規定及び委員会の設置及び運用に関する規程の改正について(案)』

ちゃんとした理事会・委員会にしましょうよ.

委員会:
委員会報告がまったくない.
僕らも「ちゃんとして欲しい」と何回も会長に要望.
「報告書をくれ」と言っても,出ない.
委員会が何をしているか,一切判らない.
大矢さんもしょっちゅう言っている:「こんなん,委員会,あってないようなもの」.

委員会経営と報告をしなさい.
報告もホームページ上にしなさい.


○議案6
『理事会規定の改正について(案)』

・嘘の報告(はやめる).
・勝手に喋らせない.
・髙尾の一人舞台にしないよう.


○議案7
(検討中で現時点は欠番)


○議案8
『無線局免許状の備付け場所に関する電波法施行規則第38条第3項の規定の改正についての決議(案)』

『証票』がなくなり,移動運用すると警察に捕まったときに,警官が判っていないと,「無免許」.
法律(法令)上は持たなくていい.

これをちゃんとしましょう.
「これだけは持っていないと行けませんよ」のルール化.
「局免携帯」が復活するのは,せっかくの緩和への逆行になるので,反対.「従免だけ持っていればいいんだよ」を警察官に徹底したほうがFB.あるいはどうせ持たせるのなら,JARL and/or JARD発行の「従免だけ持っていればいいんだよ説明資料」とか.


○議案9
『社員総会議事運営規程の改正に関する決議(案)』

こんな議長あかん.

社員総会で質問・書面:
「理事の言っている内容が違う.
 だから,理事一人一人の意見を訊きたい.」

議長は無視.
我々しゃべれなかった.

こんなんあかん,法律違反.
理事は,求められたら必ず回答.
この前の社員総会,厳密に言うと成立しない可能性も.


○議案10
『電子QSLシステムの仕様案の会員への公開及び会員からの意見の募集に関する決議(案)』

JF0JYRがやっている.
照合はしない.
...という形で動いているが,動いていない.
動きません.

これを動かせと.
もっと会員からの意見を訊いて.


○議案11
『デジタルレピータの通信方式に関するワイヤレスネットワーク委員会への諮問について(案)』

D-STARだけで,C4FMのレピータはなぜないか.


――ということを,本来なら髙尾さんの味方でなければならない推薦理事がこれを出してきた.
「髙尾さん,あんたやってること間違いやで」と言われたのと一緒.
今度の理事会,これ全部髙尾がOKするか判らない.
全部可決できるかも判らない.

「移動運用50W制限なくしてくれ」もある.
「100Wなら,100Wで,移動の時だけ50Wにして下さい」.

意見を下さい.ホームページに.

●会場JJ1VEX
埼玉県支部副支部長.
見える化させてくれた.
いい活動.
動いて踏ん張ってくれているのは判った.
まとまりがもうちょっとできてくれると,意見が伝わるかな.

(ホームページに)書いた意見は他の人が見られるようになっている?
炎上するかも.
制限が少しあった方がいいかも.

●GFA
ある程度のフィルタリングはある.

●QHQ
確認しとく.
「書き込み,即,オープン」には,なっていません.



(12:07終了 以上です)

第1弾 2010年 https://jj1wtl.at.webry.info/201007/article_7.html
第2弾 2012年 https://jj1wtl.at.webry.info/201207/article_4.html
第3弾 2013年 https://jj1wtl.at.webry.info/201307/article_8.html
第4弾 2014年 https://jj1wtl.at.webry.info/201407/article_11.html
第5弾 2015年 https://jj1wtl.at.webry.info/201507/article_15.html
第6弾 2016年 https://jj1wtl.at.webry.info/201607/article_13.html
第7弾 2017年 https://jj1wtl.at.webry.info/201707/article_6.html
第8弾 2018年 https://jj1wtl.at.webry.info/201807/article_11.html

この記事へのコメント

JF2IWL
2019年07月24日 23:00
元北海道総通局長さんの免許人自己責任制度提案には百戦錬磨のかたがたもさすがにドン引きなされましたか。百姓は生かさず殺さずとはよく言ったものです。 江戸官僚300年の歴史が今に生きていることをいま再び思い知りました、さすが元総通局長、アタマが抜群に切れる。