社員総会報告3

これでほとんどカバーできたはずです.カバレッジの整理:
 議題報告事項
1号(決算)2号(JG1KTC・JE1KAB理事解任)H30事業報告R1収支予算R1事業計画
本林提出分社員総会報告2
他の社員提出分 本記事(社員総会報告3)


採録順――議論が多かった順:

■対 総務省
■組織運営
■青少年育成
■レピータ
■オリンピック・パラリンピック,ラグビーワールドカップ
■会員増強
■コンテスト
■ガイダンス局
■啓発
■情報発信
■運用
■災害対応
■ダイバーシティ
■クリーン化
■アワード
■激励
■本日の議事進行

誤記・モレなど,お気づきの点がありましたらご指摘ください.>ご出席各位
Q:質問,A:回答(特記なきは専務理事),C:意見.
黄字は(準備書面に基づくQ&Aではなく)当日の即興でのやりとり.
QA備考
■対 総務省
5MHz帯獲得,ローバンド拡大[JR6IKD・JH2DFJ] 総務省と折衝中.いずれも「他の業務で使っている」との返事.「隙間でもいいからなんとか」で要望.[JA3HBF]Q.早急なバンドの拡張を:
(1) Reg. 3では3.5~3.9MHz,日本・近隣諸国との差異,まずい.
(2) 非常通信周波数に差異:Reg. 3 vs JA,できたら同一に.ただしJAの3.5MHzはサブバンド逸脱になる(Reg. 3は3.600MHz).
山形沖の地震の際にワッチ.3.5MHzでは非常通信周波数の近隣で韓国の局が長時間ラグチュー.
A.引き続き折衝.5MHzも国内非常通信に有効,これもお願いしている.
折衝状況[JA3HBF]「何回」「いつどこで」は記録なし.「アポを取り会議」「先方からJARLに来る」「他の場所に用事があったときについでに話す」「廊下でばったり会って重要な話」「電話やメール」...かなりの回数で接触.
バンドプランVoIPへの割当拡大:ノード数増でQRM[JA1MUY]つぎの改正の際に参考に. 
非常通信周波数の規定:「DV」以外のデジタルも存在[JA1MUY]H27年の改正で「デジタル非常通信周波数」を設定.今後のデジタル通信の動向――FT8・JT65...と日々変化――も注視しながら,表記を検討. 
200W超の新スプリアス規格対応[JH2DFJ]総務省に簡単な方法で対処できるよう要望.例:「エキサイタが新スプリアス規格対応済みなら,一定のリニアは検査せず」. 
移動する/しない局の区分廃止(移動時は50W以下にQRP)[JR6IKD]折衝中.「大きな法制度の改正・システムの変更で,簡単にはいかない」との返事.引き続き要望. 
第三者通信の許容[JG3CCD]インターネットを介して無線機が自動的に送受信を行う時代.いまさら第三者通信(の禁止?)は時代錯誤.レピータの関係でも「第三者通信の見直し」ということで総務省に申し入れたが,電波法の壁は高い. 
デジタルモード免許手続き簡素化[JA2JNA・JO1EUJ]日々進化,総通も当然把握.アマチュアも都度変更申請,受け取った総通も煩雑化.総務省にお願い中.
諸元,なれていないと大変.簡便な申請ができないか総通と相談.
 
CEPT T/R61-01(短期滞在者むけ)[JR6IKD]オリンピックを機会に実現を要望中. 
Q.PLCのパブコメ,賛成/反対どちらで出す?[JA3HBF]反対. 
■組織運営
会員サービス非会員と格差を[JA1MUY]必要:会員つなぎ止めの一要素.支部行事・アワード・記念局・転送手数料・販売価格,検証の余地あり. 
提携サービスについての理事会での議論の内容(引越料金・通信講座・家電製品の割引など)[JH2DFJ]経費掛からず・リスク小のサービス.理事会の中で特別議論になったことはない. 
JA1RLの運用[JL1HHN]常時開放には至らず:事務所のスペース,ビルのセキュリティ.なるべく多くの会員に運用してもらいたい. 
高軌道衛星[JN4THO](1) 費用が莫大:JARLの全財産を使っても足りないかも.
(2) 宇宙ゴミの関係:高軌道の衛星の打ち上げはほとんど不可.
夢ではあるが実現は困難.
 
ARDFでのAED[JF8DSN]・以前:東京の事務局に配備.多額の経費:定期メンテ・バッテリー交換.
・いま:有効なものなし.
20万円以上/台.実行委員会と相談.
 
会費見直し社団会員の年会費の減額[JN4THO]「学校の助成」が社団会費の減額の一つ.「大人だけが構成員の学校クラブ」もあるよう.一律には困難. 
QSLカードの受益者負担化[JF8DSN]過去検討.かえって支出増になりかねない:
(1) 課金システムの構築に3,000万円くらい,
(2) ビューローでのチェック体制や人員.
...会費の値上げになりかねない.現状のままで.
 
個人情報管理[JO1EUJ]事務局への問い合わせ・会員が会員の住所を照会:
 「コールサイン・氏名・生年月日」で(問い合わせ元の)本人が特定できれば,「局名録の掲載項目」のみを回答.
・非会員からの照会:
 応じていない.
 
局名録の転売対策2017年の個人情報の改正に伴い,会員以外への流通の歯止めを掛けるとこで,「会員のみ」に絞った.書店での販売なし.会員のチェックをして,お譲り.「アマチュア無線業務と異なる目的で使用することを禁止する」「掲載されている内容の一部を複写・不正・転写・転売することをお断りする」と記載. 
委員会議事録の開示[JA1RTS]委員会によっては「異議申し立て」などで個人情報を扱う.業者選定などの公開できない事由も.なるべく会員に報告できるような機会を取る. 
『会員増強組織強化委員会』のメンバの選出根拠[JL1HHN]さまざまな年齢層・地域・活動の主体などから選出.立派に使命をこなす優秀なメンバ. 
『事業計画』に毎年記されている内容「アマチュア無線活動の推進」[JL1HHN]「地域に根付いたベテランが,後輩を指導していくため」の調査研究.例:各地方本部・支部が,大規模/寺子屋式で若者・ドローンの講習会.そういった情報を集め「全国統一の指導者の組織」ができないか?を模索中. 
「高齢者の社会参加促進」[JL1HHN]「シニアが積極的アマチュア無線の活動に参加し,青少年・ニューカマーの育成に貢献できないか?」を検討中.まだ実績少. 
管理職職員採用・任命の,理事会での審議対象[JJ4QKY]「部長」以上〔定款64条3項〕. 
名ばかり役員の排除:会員~役員で連絡できる体制[JL1HHN](無回答) 
事務局の業務時間の拡大[JL1HHN](無回答) 
経営安定化[JN3ANO]支部(奈良)の取り組みに感謝(アマチュア無線のPR).裾野拡大・社会的位置づけのアピール要.今後も肝に銘じ事業運営. 
C.理事会の中での意思疎通をしっかり;意見が支部と相互に伝わるよう[7L1FFN]  
■青少年育成
WAKAMONOイベント[JN4THO]アンケート結果評判良.「来場者の固定化」が課題. 
東京以外での開催[JE6HCL・JA9EEH]回数を重ねて見極めてから全国拡大. 
効果検証・JARD連携[JA9EEH](無回答) 
YOTA (Youngsters On The Air)YOTA-JAPANとの関係[JO1EUJ]2017年にはYOTAへの参加者をJARLとして派遣.その後設立されたYOTA-JAPANが「JARLの組織と混乱し見られている」のは理解.
若者中心で活動すべき.JARLは必要な支援はするが,管理はしない.任意団体として見守る.
Reg 3でも昨年9月の総会で「YOTAと同じような活動を開始すべき」との決議.JARLとても注目.YOTA相当が開催される場合には積極的に支援.
 
YOTA旗[JO1EUJ]経緯は承知していない.「JARLに贈られた」認識はない. 
昨2018年度は派遣しなかった理由[JE6HCL](無回答) 
南極イベント[JO1EUJ]JA1RLを優先させすぎ隊員の余暇・時差,時間設定がタイト.最近も予定時間オーバー.JA1RLは中央局.大塚のJARL事務局から発信する必要あり.ロケーションはよくないが,子供の日に10Wで南極と交信できた.子供たちにとってはいい経験.
 
ジュリエ「イ」ト日本人なので多少のことはご勘弁.→ジュリエ「ッ」ト(訛りの問題にあらず).
JA1RL運営委員ベテランを配置している. 
ARDFへの支援[JN3ANO]種まき・裾野拡大で効果.「アマチュア無線じゃない」と言う方もあるが,JARLの事業として必要.「あれだけの高校生が参加するJARLの行事」はなかなかない.若い方のARDF選手を増やす.それがアマチュア無線の増強に. 
青少年のための技術講習[JA1MUY]実施している地方本部・支部あり.参考にする. 
JARD「ビギナーズセミナへの協力」の内容[JR6IKD]パンフレット・古いJARL NEWSの配布,講師の派遣.支部・地方本部が地域に応じて協力体制. 
NTTへの協力依頼:『ニコニコ超会議2019』で『モールス特訓教室』の実績[JF8DSN]参考にする. 
「青少年」を22歳よりも上に[JH4PHW]委員会でも議論:
・20歳?・22歳?・25歳?...「金銭的に厳しい学生まで」に.
・社会人はやり過ぎ.
一方,会員からは「シニア割引」という意見も.みな採用していたらそれこそ破綻.
 
ハムフェア:引率の先生の入場無料[JA1MUY]学校の先生=指導者の取り込みは必要.「ハムフェアのチケット無料」とはいかないかもいれないが,これまでも特定の学校には先生にお願いして・通じて,高校生・中学生の皆さんを連れてきていただいている. 
■レピータ
C4FMレピータ[JA1RTS・JL1HHN・JG3CCD]ワイヤレスネットワーク委員会で検討した.現在のところは技術基準に不適合.(D-STAR以外の)他の方式は採用していない.いまのところ“JARL規格”ということでD-STARを推進.→以下によるデッドロックコンディション:
(1) レピータの免許人はJARLだけ,
(2) JARLはD-STARを推奨.
レピータの管理団体への権限委譲(規制緩和)[JH2DFJ]構成員名簿の提出廃止以前,構成員:会員10名→5名に変更.
報告書の提出・再免許の案内で,管理者・緊急連絡者のどちらとも連絡とれないことあり.継続.
 
電波利用料の5年分前納の見直し事務処理が煩雑に.「5年分前納」(のまま)で協力を. 
装置の技適化保証認定.現状のままで. 
新規参入の受入電波法関係審査基準によるもの.新モードでの新規参入は今後検討. 
可搬型レピータ(災害時)[JG3CCD]2台あり.東日本大震災で活躍.免許は臨時的措置で総通から下ろしてもらえる.設置場所の変更は即時可.東日本(大震災)以外でも「電波は出さなかったが,被災地に搬入」など活動. 
1200MHz帯レピータの新設[JL1HHN](無回答) 
■オリンピック・パラリンピック,ラグビーワールドカップ
オリンピック・パラリンピック[JA2JNA・JO1EUJ・JF8DSN]予定・総務省への要望:
(1) 記念局
・中央局(のようなもの)
 - 東京都内で公開運用.
 - 場所
  交渉中.
  「会場内」はセキュリティの関係などで困難.
 - 期間
  オリパラの前後1か月程度
・全国展開
 期間は(前後1か月程度でなく)変わるかもしれない.
・コールサイン
 これまでにないもの.
・規制緩和
 - 外国人の運用
 - 青少年の無資格運用
(2) 記念アワード
(3) コンテスト
 
ラグビーワールドカップ[JA6HOR]Q.3か月ほど前に,九州地方本部長を通じ,大分・福岡・熊本3県で,記念局の申請を出した.2日に会員課から返事,「難しい」と.なにがネック?組織委員会に直接出向いて交渉?見通しは?開設の申し出をいただき,事務局からも協会に出向いて要請・要望.総通の方も同席・協力.「ロゴマークの使用は許可できない」との回答.「開設の許可だけは」で引き続き折衝.状況は厳しい.・2007
 TM#RWC
 計10局
 (#: 0~9)

・2011
 ZL6RWC・ZL4RUGBY

・2015
 GB0RWC
[JA6HOR]Q.そもそも我々が出してから行動を起こしても遅い.サッカーのワールドカップのときはサフィックスを「C」で統一して何局も作った.サッカー vs ラグビーの認識差は?なんでいままで動いていない?理事会で2月?開設の要望の有/無(の確認)を各地方本部長に依頼.今のところ九州からしか出ていない.それに基づいて折衝.
ワールドカップは,サッカーとか,最近とくにスポンサーとの関係が組織委員会では厳しくなっている.億単位のスポンサーが使用できるマークを他の団体が無料で使うのはなかなか許可できない.組織委員会の経営そのものの厳しさが,今の時代に反映.昔よりかなり厳しくなっている.「地方公共団体でも許可しない」というところもある.ルール化が厳しくされている.そこをなんとか,JARLとして,非営利法人ということで認めて欲しいと折衝.
[JA6HOR]C.引き続きなんとか試合の始まる秋までに.アマチュア無線の宣伝にもなる.ぜひ開設できるよう交渉を. 
■会員増強
会員増強・広報活動:無線に関係ないイベントで配布するパンフレット[JA1MUY]『スタートハムライフ』『ビギニングガイド』の活用を. 
会員数の増減:アメリカとの違い[JA3HBF]米:青少年の育成には苦慮.各地方に教育者を育成,その方たちが青少年の育成に活動.教育者の育成にお金が掛かる.ARRLはできるかもしれない.QSTという収入源を持っているのはうらやましい.日本はうまくいかない.指導者の育成は必要. 
会員の組織率[JA3HBF]向上.ただし「分母が減っている」からであり,決して自慢できない.「魅力あるJARL」を目指す. 
JARDとの連携(JARDは第三者通信・社会貢献制度・免許制度で提言)[JA3HBF]JARDは親子・兄弟.これからも連携を密にしてアマチュア無線の発展に尽くす. 
ラインセンスフリー愛好者の取り込み[JG3CCD]ARDF選手も候補.「無線従事者資格の取得~開局~JARL会員」という取り組みが必要. 
■コンテスト
フィールドデーの見直し結果[JA3HBF]コンテスト委員会で検討中.
・参加局数:
 改正年 1439件(+125件)
 翌年 1274件(+35件).
 減少はしていない.
・フィールド:ホーム
 改正前:47%:53%
 改正後:45%:55%
 大きな変化はない.
 コンテスト委員会にぜひ意見を.
[JA3HBF]Q.「ホームステーション増=参加できなくなった」ということ.クラブ局の参加減,個人局での参加増.ルール改正の弊害.再考を.
A.コンテスト委員会で種々議論.「改正しない」わけではない.「現状をコンテスターがどのように捉えているか?」を見極めつつ,引き続き検討.

・~2014年
 土曜21時~日曜15時
・2015年~
 土曜18時~日曜12時
コンテストの新設(ローカル/マラソン)[JH2DFJ]日程がびっしり.やるならマラソンコンテストか.困難. 
災害時のコンテストの中止[JG3CCD]困難.移動先への周知方法なし.誰かが「CQコンテスト」を発射すれば,始まってしまう. 
■ガイダンス局
ガイダンス局の運用[JN3ANO]総通との合同運用,効果あり.総通も積極的な動き.総通から声を掛けてくることも.今後も合同運用の回数増やす. 
ガイダンス局新スプリアス規格対応[JO1EUJ]お金・手間の掛からない方法を取りたい.[JO1EUJ]C.是非検討を.
機器更新(北陸局は1台故障)[JA9EEH]「少しずつ更新」で考える. 
■啓発
会員・役員の教育[JG3CCD]しっかり学んでいかなければならない.  
運用などのマナー向上[JA1MUY]使用区分PRなどマナーの向上は必要.監査指導委員会も活動しているが,より一層のPRは必要. 
HAM friendship(いがみ合わない)[JG3CCD]願っている. 
■情報発信
矛盾:Radio JARL.com(“多くのリスナーがいる”)vs JARL NEWSのWeb提供(“利用率は低い”)[JA3HBF]JARL Web・JARL NEWS・インターネットラジオ,同じ土俵での比較困難.それぞれのメディアにメリット・デメリット.お互いで補完. 
YouTube:外国語交信モデル[JN4THO]検討. 
特集記事:高齢化で設備を撤去しても,小さな設備でも続けられる[JF8DSN]参考にする. 
■運用
3.5MHzローカルルール(3kHzステップ運用)[JJ4QKY](JG1KTC)「3.5MHzで混信になった」という苦情が(JG1KTCあてに)来た.地方本部長に伝え調査依頼.
JA4RLを山口県支部のクラブの方が運用.山口県支部長が調査.「不慣れな方が3.5MHzを運用していた,今後は混信など与えないよう注意して運用」と回答.地方本部会議でも支部長が話した.
みなさん仲良く周波数を譲り合って運用を.
補足:
JA4RLが“3kHzステップ”を外れて運用していた.
“3kHzステップ”というローカルルールを,JARLとして認めるのか?!という議論.
AIによるQSO(アイコムからAIスピーカーが登場:空想でなくなりつつあり)[JG3CCD]今後出てくるかも.時代はSDRに.「AIの無線機」が将来できる可能性はある.「アマチュア無線になじむか?」は別問題.[JO1EUJ]C.身障者が音声合成ソフトを使うこともあり,検討を.
■災害対応
災害時の連絡体制(全国組織化)[JA1MUY]/非常通信ネットワーク(広域)の構築[JL1HHN]アマチュア無線の特性上,「個人」に依存.バンド・無線設備の関係から,全国組織の構築は困難.JARL全体での防災体制は持っていない.最大でも「地方本部」単位;多いのが「支部」「地域クラブ」単位.登録クラブや地方自治体については地方本部・支部が連携の窓口.
他団体との連携:各地方本部・一部地域の支部が非常通信協議会に加入.同協議会を通じて連携.
協定の事例は,事務局や非常無線センターに問い合わせを.
 
支部による無線機の管理運用[JA1MUY]連盟本部では貸し出し用のレピータを配備.
経費面は別とし,規定の範囲内でできないことはない.ケースバイケース.税制上の問題も.個別に相談を.
→支部の社団局(ただし防災目的とは限らない):埼玉 JS1YBT・山梨 JE1ZRL・三重 JJ2YJC・京都 JE3ZPZ・和歌山 JH3YCD・愛媛 JA5ZRN・富山 JH9YAA.
■ダイバーシティ
「女性ハムの支援活動」の成果[JG3CCD]一定の成果.1号議案(決算)中.
LGBTへの取り組み[JG3CCD]なし. 
■クリーン化
クリーン化[JN3ANO]LED・ソーラー(発電),事務局にもたまに相談~個別対応.設置業者・製造会社に連絡するも,たらい回しでなかなか解決せず.
ソーラーの協会にも申し入れ.「経産省の技術基準どおり」の一点張りで,腰を上げてもらえない.引き続き粘り強くはたらきかける.
 
不法局の監視強化[JL1HHN](無回答) 
■アワード
アワード:LoTW相乗り[JE6HCL]ARRLからも提案受.アワード委員会で検討.課題多い:システムの融合・経費. 
■激励
積極的な取り組みを評価[JE1FVX]「JARLは変わった」と耳にするようになった.会員の評価が得られるよう一層推進.
それとともに財政を改善.
 
■本日の議事進行
Q.2号議案の賛否数の公表を〔一般社団法人法44条〕[JA3HBF・JO1EUJ・JH3GFA?](議長JA1STY)賛成数は1/10よりも多い.→「再提出可」ということ. 


○参考
Reg. 3バンドプラン:
http://www.iaru.org/uploads/1/3/0/7/13073366/r3_band_plan.pdf


○以下は『社員総会報告2』を:
https://jj1wtl.at.webry.info/201906/article_19.html

JO1EUJ アウト・ドア後援
JO1EUJ QSOパーティー
JO1EUJ 電子QSL
JO1EUJ パブコメ対応
JH4PHW 電子QSL予算
JA1MUY D-STAR有料化
JA1MUY 非常通信周波数の周知(事前・発災時)
JA1MUY 電子QSL実施時期
JH2DFJ QSOパーティー
JA3HBF パブコメPCL(募集中)
JE6HCL 電子QSL(進捗)
JJ4QKY 理事会の混乱
JA7SOK レピータの方向性
JL1HHN QSOパーティー


○1号議案関連(ごく一部です):
JE6HCL 交際協力費の増(会議の増)
JA9EEH 3年分会費の扱い(各年度へ期間配分)
JA9EEH 消費増税対応(半年分:100万円を計上)
JE1FVX 不適切支出の防止策(前関東地方本部長)(チェック体制を強化)

この記事へのコメント

JF1TEU
2019年06月30日 11:06
いつも迅速なレポートを拝読しています。質疑の中で気になったこと。
  
「J」をジュリエ「イ」トと発音。。。日本人なので多少のことはご勘弁.たぶん、日ごろから無線の運用をしていないんだろうなと推察。

実際のやり取りは正確にわかりませんが・・「会員数の増減:アメリカとの違い」の質問に対して、JARLの回答が「 QSTという収入源を持っているのはうらやましい.日本はうまくいかない.」とはいささか頓珍漢ではないでしょうか。QSTは書店でも販売されていますが、「ARRL会員あてに送付」されている冊子です。「JARL NEWS」も、この冊子を入手したいがために入会するほどに充実するよう頑張ってください。

この記事へのトラックバック