H30年度のJARL決算を読んでみよう

「会員のみなさんに対して,この決算で責任を負える」社員の方は,総会で,決算にぜひ賛成なされば.

もともと
「3,936万円の赤字」の予算が,締めてみれば
「8,010万円の赤字」でした.
したがい,
予算比で赤字額2倍超

つまり
・103%
・4,073万円
の超過です.

「自分で立てた予算」を「自分で実行できていない」のです.

社員でない会員のみなさんも,一家言ある方は,お近くの社員さんまでご意見をどうぞ.

cf.
『日本棋院・団理事長が任期途中で辞任 赤字見込み約7000万円の責任/囲碁』
https://www.sanspo.com/geino/news/20190329/sot19032917300009-n1.html



いつものグラフ


2018年度の決算発表を受けて,それを織り込みました.
また2019年度は「予算」での仮置きです.

2.4億スッた会長かつて曰く「無借金なのだから健全経営・健全運営」:

今2019年度の予算がまたアグレッシブで,
・2018年度実績 … 8,010万円の赤字
・2019年度予算 … 3,747万円の赤字
となっています.

一気に「4,263万円の改善」をお目指しのようです.



長期の推移


・1994年度末 … 3,223,952,655円(ピーク)
・2018年度末 …  702,354,322円
ですから,78%はすでに喰い尽くしました.


差分で見るとこうです.
「24年間連続で赤字の会社」ってのは,なかなかないと思います(「25年目」も確実).



入会金+会費


私,去年の社員総会で言いましたよね?
「この予算は間違っている,4,000人も増えるはずがない」――って.
ほらね:

...上図のとおり,3,780万円の大穴があきました.
一社員が――or 誰でも――簡単に予見できることが,なんで理事会・事務局にはわからないの?
性懲りもなく,今2019年度も「830万円増≒1,100名増」で予算化されています:
〔円〕
(除 「換算」欄)
2018実績2018予算2019予算
 達成状況 2018実績比
予算比で換算増減換算
入会金+会費305,591,254343,390,000▲37,798,746 313,892,000+8,300,746 
 受取入会金2,360,0003,150,000▲790,000▲790名2,230,000-130,000-130名
 正員受取入会金2,328,0003,100,000▲772,000▲772名2,200,000-128,000-128名
準員受取入会金32,00050,000▲18,000▲18名30,000-2,000-2名
受取会費303,231,254340,240,000▲37,008,746 311,662,000+8,430,746 
 正員受取会費287,409,814319,140,000▲31,730,186▲4,407名295,984,000+8,574,186+1,191名
家族会員受取会費5,412,1006,300,000▲887,900▲247名5,220,000-192,100-53名
准員受取会費6,709,34010,800,000▲4,090,660▲568名6,458,000-251,340-35名
賛助会員受取会費3,700,0004,000,000▲300,000 4,000,000+300,000 

正員・准員の会費は一律7,200円とみなしました.
厳密には「社団局だと10,800円」「各種のキャンペーン」という事情もありますが,すべてネグっています.
なお“会員”には,定款上問題となる「局免切れ」の“幽霊会員”が,「5,576名」含まれています(2019年4~5月調査).
https://jj1wtl.at.webry.info/201905/article_1.html



刊行物収益


小ネタですが,コールブックによる影響が可視化できていますので,紹介します.
昨2018年度は75万円ほどの(売上)予算未達でした:

今2019年度はコールブックの発刊年にあたり,「益」でみて470万円ほどの寄与が期待されています.



細目


以下,細目です〔円〕.JARL――マインドがいまだ“昭和”――から,Excelで配ってよ...
JARLからの資料は
・2017年度「実績」 と 2018年度「実績」 の比較
・2018年度「予算」 と 2019年度「予算」 の比較
という,ひらたくいえば ゴマカシ が入っています.

下表では,ちゃんと――

・2018年度「予算」 と 2018年度「実績」
 昨年度,「予算」に対して,「できあがり」はどうだったのか?

・2018年度「実績」 と 2019年度「予算」
 今年度,「我々の実力」に照らして,予算は「現実的」なのか?

――に組み替えています.
 H30予H30実R1予H30予とH30実H30実とR1予
経常増減の部
 (1)経常収益 予算未達なら▲増なら+,減なら▲
 ①特定資産運用益   
 特定資産受取利息4,000,0003,523,5673,000,000▲476,433▲523,567
②受取入会金   
 正員受取入会金3,100,0002,328,0002,200,000▲772,000▲128,000
准員受取入会金50,00032,00030,000▲18,000▲2,000
③受取会費   
 正員受取会費319,140,000287,409,814295,984,000▲31,730,1868,574,186
家族会員受取会費6,300,0005,412,1005,220,000▲887,900▲192,100
准員受取会費10,800,0006,709,3406,458,000▲4,090,660▲251,340
賛助会員受取会費4,000,0003,700,0004,000,000▲300,000300,000
④事業収益   
 賞典収益3,015,0001,845,7612,141,000▲1,169,239295,239
刊行物収益15,000,00014,245,27924,000,000▲754,7219,754,721
監修収益330,000360,000330,00030,000▲30,000
印税収益70,00095,70170,00025,701▲25,701
広告収益10,000,00011,580,80012,000,0001,580,800419,200
⑤雑収益   
 雑収益48,965,00050,715,65350,524,0001,750,653▲191,653
受取利息90,00062890,000▲89,37289,372
(2)経常費用 予算超過なら▲H30実比で予算減なら▲
 総会費4,242,0003,650,9893,800,000591,011149,011
理事会費2,658,0002,488,9902,658,000169,010169,010
評議委員会費   
連絡会費750,000214,514750,000535,486535,486
地方本部費21,190,00017,059,65621,150,0004,130,3444,090,344
役員報酬9,000,0009,000,0009,000,00000
諸給与96,800,00093,838,55489,300,0002,961,446▲4,538,554
賞与引当金繰入額7,000,0005,279,4006,500,0001,720,6001,220,600
役員退職慰労金03,000,000 ▲3,000,000▲3,000,000
退職給付費用6,630,0009,425,8006,630,000▲2,795,800▲2,795,800
事務消耗品費1,876,0001,424,7951,626,000451,205201,205
事務印刷費658,000725,744658,000▲67,744▲67,744
通信費2,360,0001,951,4272,150,000408,573198,573
旅費交通費7,377,0006,649,0647,250,000727,936600,936
福利厚生費20,865,00019,117,39119,300,0001,747,609182,609
図書費310,000222,128310,00087,87287,872
渉外費200,000711,925200,000▲511,925▲511,925
賃借料16,437,00016,198,94016,409,000238,060210,060
光熱水道料1,150,0001,190,0391,150,000▲40,039▲40,039
修繕費     
租税公課18,950,00019,074,13819,450,000▲124,138375,862
雑費7,036,0009,123,6166,700,000▲2,087,616▲2,423,616
J・ニュース費33,600,00035,109,66733,600,000▲1,509,667▲1,509,667
QSL費79,500,00075,540,68679,500,0003,959,3143,959,314
広告活動費44,832,00053,864,59544,173,000▲9,032,595▲9,691,595
ARDF費1,635,000822,9601,300,000812,040477,040
賞典費1,706,000722,3521,500,000983,648777,648
諸委員会費2,950,0001,433,1332,950,0001,516,8671,516,867
クラブ費216,00034,445393,000181,555358,555
監視監査費540,000321,430540,000218,570218,570
刊行物費7,800,0008,940,88514,000,000▲1,140,8855,059,115
機械化事務費13,370,00016,135,05213,370,000▲2,765,052▲2,765,052
会員事務費16,703,00014,055,69815,000,0002,647,302944,302
選挙費7,032,0006,994,3634,184,00037,637▲2,810,363
設備機器4,395,0004,291,4864,200,000103,514▲91,486
国際協力費6,404,0006,178,4305,004,000225,570▲1,174,430
衛星・研究開発費1,100,000417,489810,000682,511392,511
減価償却費1,900,0001,959,8241,900,000▲59,824▲59,824
ソフトウェア償却15,050,00019,329,8676,100,000▲4,279,867▲13,229,867
貸倒引当金繰入額 1,6160▲1,616▲1,616
評価損益等調整前当期経常増減額▲39,362,000▲78,542,445▲37,468,000
 評価損益等計  
 特定資産評価損益等 ▲1,554,097 ▲1,554,0971,554,097
当期経常増減額▲39,362,000▲80,096,542▲37,468,000▲40,734,54242,628,542
経常外増減の部
 (1)経常外収益   
 ①貸倒引当金戻入益   
②固定資産売却益   
(2)経常外費用   
 ①固定資産除却損   
 
当期一般正味財産増減額▲39,362,000▲80,096,542▲37,468,000▲40,734,54242,628,542
一般正味財産期首残高817,484,639782,450,864743,088,864▲35,033,775▲39,362,000
一般正味財産期末残高774,622,639702,354,322705,620,864▲72,268,3173,266,542

この記事へのコメント

JF1TEU
2019年06月02日 20:36
JARLのエライ人たちって小学生の時「お小遣い帳」をつけたことなかったのかな。
あっそうか!「お小遣い」いっぱい貰ってたから好きなだけ使えたのか。失礼しました。
JK2HOS
2019年06月03日 23:35
本林さん、なんとかして下さい。
と、いう私はライフメンバー。
昨年まで所持する複数コールの転送費だけ払っていましたがGGBBの介護で辞めてしまいました。私が収入減の原因の一部かな?

この記事へのトラックバック

  • 社員総会準備書面(第三稿)

    Excerpt: ほぼ最終形です. おおきくは,『決算』を反映し,『第2号議題』に対応しました. “3553kHz音楽放送局”は6月に入ってもまだ確認できましたので,ペンディング事項として残しました. Weblog: CIC racked: 2019-06-05 23:58