社員総会報告2

「自身の質問にいただいた回答」はご報告するのが義務だと考えますので,以下にまとめます.ようやくまとまりました.ご意見をお寄せくださったみなさま,ありがとうございました.

本林分の質問の詳細につきましては,準備書面をご参照ください(1.6MB):
http://motobayashi.net/senkyo/jj1wtl-2019sokai.pdf

「全員分の」準備書面(計198ページ)をご覧になりたい方は...お近くの理事さん・社員さんにおねだりしてみてください.

Q:質問,A:回答(特記なきは専務理事),C:意見.
黄字は当日の即興のやりとり(準備書面に基づくQ&Aではなく).

誤記・モレなど,お気づきの点がありましたらご指摘ください.>ご出席各位
QA備考
■決算
現会長下での「2億円超」の損失過去比では良化.
無駄遣いをしているわけではなく,いただいた会費から,「従来どおりの会員サービス」を,節約しながら実施.
 
大幅赤字の責任会費収入が目標を下回った.
見込みが甘かった.
類似:JR6IKD,JH2DFJ,JA3HBF,JE6HCL,JA9EEH,JA3WDL
[JR6IKD]Q.いつ黒字化?|A.会費収入の減少が止まらない限り困難.ここ数年は良化,収支バランスの均衡に努力.
[JA3HBF]A.会員減少に歯止めが掛からない限り困難.引き続き経費を節約.
[JA9EEH]Q.予算・決算対比での資料化を.|A.検討.
[JA3WDL]Q.身の丈に合った執行か?|A.経費は節約.収入面が追いつかなかった.
[JE8KQR]Q.削れる経費まだある:会長は毎月出張.|A.経費の削減は当然.会長の出張=各地で意見交換=必要.
[JA5ARW]Q.「地方に来ていただけるのはありがたい」との声も.ただ,自己紹介が長すぎ.「いままでのこと」よりも「これからのビジョン」を.|A(JG1KTC).「現状・取り組み」を話したい・意見を交換したい:JARLとして大切なこと.アドバイスにあわせ努める.
[JA2HVO]Q.「9億円の内部留保,しばらくこのまま取り崩して,5億円ほどになったら対策」と理解.|A.「9億円・5億円」は段階としての一般論.「これでいい」というわけではない.「来年・再来年にも収支均衡」がいちばん.JARLとして意思決定しているわけではない.「5億円」が決まった数字ではない.「8~7億円で止めたい」のが前提.均衡を,より早く進めたい.
A(JG1KTC).「会員増強・どこを削って」などを協議.「財政改善・バランスを取る」が大目標.会員サービスをできる限りする.より効率的なサービス,電子QSLを含め,努力.
C.「5億円に留保が落ちてから」ではなく,「今から直ちに」考え始めよ.
 C.会員が増えていれば説得力あり.しかし実質は会員減で説得力なし.
C.「実額では2800万円の(少ない)赤字」というが,「その額の赤字」は出ている.問題.
C.積立の「会館」と「衛星」,あたかも「なきもの」にされているが,もともとは,自由に使えるお金にあらず.
C.「臨時社員総会」,開催360万円で8,000万円なり4,000万円の赤字が減るのなら,プラス.恐れずにやってもいいのでは.
C.予算実行.民間企業の感覚では,最後の最後に「赤字2倍になっちゃいましたごめんなさい」で持ってきて「承認してください」はダメ.仮に去年「8,000万円の赤字」と言ってもらえてあれば,可愛げもある.去年:「4,000万円の赤字(予算)」,今年:「8,000万円出しちゃいました」.「自分で立てた予算」を「自分で実行できない」のは経営として失格,最悪.我々は代議員.会員を向いての今日の1票.「赤字2倍出しちゃいました,決算認めてください」には賛成不可.
■JG1KTC・JE1KAB解任
会長・副会長2名・専務理事からの反論文書そのものの位置づけ[JO1EUJの準備書面に回答]会長・副会長・専務理事の連名・連記で発信.「会長一人が文責者」にあらず.
[JH4PHWの準備書面に回答]反対意見は理事会決議にあらず.会長・副会長・専務理事で打ち合わせの上,文書として送付.
社員提案でも役職名なので,役職名で発信.そこに副会長2名が賛同.連記の文書を正式な書類として発信.
類似:JO1EUJ,JH4PHW,JA3QZN,JA3HBF,JA9EEH,有志21名,7L1FFN,
[JA3QZN]A.それぞれの職制で正式なものとして,社員総会の同封資料に.株主総会の「株主提案に対する社長の反対意見」でも通例.社員からの職制に対する意見なので,会長名・専務理事名の意見として付けた.理事の個人的な事由にあらず.
[JA3HBF]A.理事会の中では「反対の決議をすべき」「個人で意見を出すべき」で結論に至らず.(総会での答弁について)副会長・監事,誰が回答するかは理事者側で決める.
[有志21名]Q.理事間で意見が割れており,各理事の回答が欲しい.|A.「どの理事が答えるか?」は議長・理事者側の判断.
[7L1FFN]A.全員一致の反対ではない.「意見は付けない」とは決めたが,「反対意見を発送する/しない」は決めていない.
当事者ら以外の一部理事だけの賛同(無回答) 
定款違反の存在(局免切れ会員(正員)の放置)課題.会員増強組織強化委員会で抜本的な解決法を検討. 
総務省の免許データはコールサインと市町村まで.本人特定不可.→「コールサインの生き/死に」の判別で十分.
二つ三つのコールサインを持っている会員もあり.「一つが切れてももう一つは有効」なら正員.→「生きているコール」で正員になっているはず/そうする.
→あっても局免切れ5,576名のうちの,ごくわずか.
「データ上で期限切れだから」と言って,即JARLが准員に一方的に移行させるのは不可.→そこまでは求めていない.最低限,「選挙前に2年に1回」が妥当か.
結局一人一人本人への照会が必要.→「会員のコールサインのリスト」さえあれば,機械化は容易.
→複数コールの保持者はごく一部.
定款では「免許期間の変更は会員からの「届け出」」と規定.定款どおり運営.→どこに?
→「届け出」が必要なのは,「退会」(12条).
→むしろ,「免許喪失で准員移行」(10条).
→過去2回,JARL側主導での“大掃除”の実績も.
 →昭和34年のルール(自己申告制)ではなく,2年に1回定期的に総務省のデータベースと照合し,局免が切れているなら本人に確認する――運用にしましょう.「正しい台帳」はすべての統計の根幹!
「業務遂行に大きな混乱」は自分らのこと①「赤字で困ってます,しかしサービスのレベルは下げません」という,根底的に矛盾した考えお互いが“混乱”と主張.水掛け論なので詳しいことは言わない.至らないところはあるが,混乱を招かないよう運営と自覚. 
②「無借金なのだから健全経営・健全運営」という,無頓着な説明(無回答)類似:JO1EUJ
昨年度回答あり.
③TSSとの不明朗な和解(無回答)類似:JH4NMT
[JH4NMT]Q.財務諸表から和解額は2,100~2,150万円と読み解ける.|A.回答不可.
Q.TSSからボールペン・ビール券をもらったことないか?
A(JG1KTC).ない.
C.議事録(「速記録」が正解でしたSRI)に記録を.
④「2014年度に収支均衡化」のはずが,5年延ばしても未達成(無回答) 
⑤「「小中学生による第三者通信」(赤間総務副大臣への要望書)の,頭ごなしの否定オリンピックに向けて,要望.類似:JA3HBF,JG3CCD
[JA3HBF]Q. JARDは要望|A.連携を密にしていく.
[JG3CCD]C.第三者通信の制度化を.
⑥「自身で立てた予算」を「自身で実行できない」という,経営力のなさ(無回答)「決算」パートで既出.
⑦下図のように追い詰められた環境下にもかかわらず,闇雲に「会員増」に盲進し,実際「会員は増えていない」という事実(無回答)類似:JA3HBF
  全般類似:有志21名
森田理事・原理事による役職詐称文書に賛同し列記.意図伝わらず.
「森田理事・原理事は,4名発信の文書中に書かれている,代表理事・業務執行理事ではない」――と指摘したもの.
予算大幅超過下での補正予算の必要性予算大幅超過とくに会費収入が未達.見込みが甘かった. 
補正予算の必要性「年度途中の事業の見直し時での補正予算」がほとんど.大幅な事業の変更はなく,補正は不要. 
赤字の追認(内部留保の取崩額は減ったが,どう測っても赤字)(既出割愛) 
「破綻しない」根拠の開示直近に破綻することはない.「身の丈に合った経営」は必要類似:有志21名
なにがなんでも存続が必要な理由はない「身の丈に合った」は必要.JARLはなんとしても存続していかなければならない.小さくなってもJARLはJARL.しっかり生き残らなければならない.類似:有志21名
14,000局の「廃局」ではなく「差分」統計の出所の違いでは?こちらは『電波利用ホームページ』のアマチュア局の1年間の差.意図伝わらず.
その統計の読み方は,14,000の「廃局」ではなく,「新設-廃局の差分」が▲14,000.
さらに『無線局等情報検索』を用いると,新設・廃局まで分離可.
実態は減っている会員数意味不明.意図伝わらず.
「局免切れ会員」を正しく扱うなら,減少数はもっと膨らむ――ということ.
「役立つイベント」の中身の実態(支部大会での踊り・ジャンケン大会)現実,イベントとして盛り上がっている.会員の親睦のために役に立っている.(準備書面中,JG1KTCの写真2様削除され配布される((1) 東京都支部大会の壇上で踊っているところ,(2)ハムフェアで蝶ネクタイ姿でジャンケン大会を仕切っているところ))
Q.削除の理由は?
A.本人同意なし.掲載者の不利益になる.
C.写真を載せられて不利益になるようなことは,支部大会やハムフェアでするな.
『Radio JARL.COM』の『クラブ規定』との矛盾(クラブが優先的に情報を受け取れる)会員への直接情報提供は問題なし.むしろ積極的に行うべき.「+α」のクラブへの情報提供を考慮.→インターネットがなかった時代の『クラブ規定』を見直さないと.ただそれだと登録クラブへの加入メリットが一部喪失.
『QSOパーティー』の見直しの検討の,遅さ・不透明さ午前中の理事会で,コンテスト委員会から提案.理事会審議で「具体的な提案理由・詳細な審議経過が欲しい」ということで「再検討」.コンテスト委員会に再検討を依頼.類似:JO1EUJ,有志21名
「QSLビューローの表彰」の隠匿①表彰の事実(無回答) 
②『表彰規定』3条1項(理事会の事前承認)? or
6条1項(2)(会長が適当と認めた)~同条2項(「直近理事会での報告」)?
6条1項(2)によるもの.
その後,理事会に報告された.
 
③会員に対しての表彰の報告(無回答) 
『電子QSLシステム』のフィジビリティスタディ[JH4PHWの準備書面への回答]目的・効果・JARL規定の「電子QSLとは」という定義・仕様と,想定ユーザを想定し議論.システム化した場合の入出力ファイル・画面などのたたき台を作成.ユーザの利便性・システムの問題点を検討.於 電子QSL委員会.開発経費・規模を検討するために,開発実績・運用の安定性・継続性を考慮し,条件を満たす数社から費用概算.“紙”と両立.紙カードの交換の負担,カード制作費・印刷費を軽減.JARL会員のサービスの一環に.
電子QSL委員会で検討.総体的(?)なQSL転送の中で事業の位置づけとして検討.JARL全体の事業のあり方も含め検討.
類似:JO1EUJ,JH4PHW,JR6IKD,JH2DFJ,JE6HCL,JA9EEH
[JO1EUJ]C.費用対効果に疑義
[JH4PHW]Q.予算は?|A.300万円/R1年度.
[JR6IKD]Q.導入時期は?|A.はっきりしていない.
[JE6HCL]Q.進捗全般.
[JA9EEH]Q.紙との関連は?・検討内容の公表を.
理事会での事前承認の必要性承認を得る「審議事項」,「報告事項」がある.該当しない項目は「承認事項」「報告事項」で上程され報告.
なにからなにまで理事会承認を取っていては事業が滞る.
 
■事業報告
『QSOパーティー』の見直し の検討の進捗(既出)類似:JH2DFJ,JA1RTS,JL1HHN
[JL1HHN]C.期間の延長を.
『2018 IARU HF Championship』への対応のまずさモード放棄(無回答)→今2019年も欠落あり:80m-CW, 80m-Ph, 10m-Ph.
8N7HQログ消失「結局参加できなかった」いうことになった.過失とはいえ申し訳ない. 
『電波利用料』見直しへのパブコメ不提出会員から意見があれば反映し総務省に要望.類似:JO1EUJ,JA3HBF,有志21名
[JO1EUJ]A.基本方針/具体的改善/改正条文...の意見募集,何段階かある.日頃の意見交換はあるが,必要に応じて対処・注視.適切なタイミングで意見提出.
[JA3HBF]Q.屋外PLCパブコメに対応を.|A.JARLとして検討会に参加.ある程度言い分は採用.パブコメも提出予定.
「OTHレーダー」対策監査指導委員・モニター・会員からも申告,十分認識.総務省とも連絡取り情報収集.大陸方面からの軍関係.対応厳しい. 
「局免切れ会員(正員)」への対処(実際には会員数は減) 直近の対応として,JARL NEWSに「免許切れご注意」のPR文. 
「減っていない」ように見せかけるための作為的な放置では?(無回答)
「篠山市」のJCC番号と指定基準の各変更の周知順新番号が先(メルマガ),指定基準の変更(Web)が後申し訳ない. 
トップページ掲載新市のJCC番号は,通常,トップ(ページ)ではなく,通常の案内.
自然災害時の情報発信の国内外での対応差(国内だと何もせず)外国:現地の連盟・局から要請あればPR.
国内:ほとんど電話などつながる.支部長・地方本部長と連携し,必要に応じ対処.
類似:JA1MUY
[JA1MUY]Q.「非常通信周波数をクリーンに」のアナウンスは?|A.ますます混信.
→ふだん「非常通信ならお任せ」と吹聴している割には,実際のうごきはお寒い.
『移動運用セミナー』に対するJARLの「後援」の真偽・可否文書で後援名義依頼~稟議書で決済~書面通知.ほかのクラブと変わりない.
[JO1EUJの準備書面への回答]後援;関係職員は,「JARLの業務」ではなく,「個人的な参加で手伝い」
類似:JO1EUJ,有志21名
[有志21名]C.Radio JARL.comでの公私混同的扱い.
→職員に対する“パワハラ”“ブラック企業”では?
異常な理事会運営(無回答)
[JJ4QKYの準備書面に回答]議事提案・質問事項が輻輳したため.理事者からは現実に即した具体的な提案をいただきたい.なるべく簡潔に決定事項は会員に報告したい.
類似:有志21名,JJ4QKY
■収支予算
「正味財産期末残高」が,「2019年度末の予算値」≒「2018年度末の実績値」「赤字予算の一年先喰い」に相当(無回答) 
 実績が出る前の「予想」.類似:JA9EEH
[JA9EEH]Q. H30年度期末 対 R1年度期首でズレ|A.「計上時の見込み 対 確定後」で,若干ずれ.
会員増の進捗確認(予算上は1,100名増/当年度)最近の,無線従時者・局免許保有者の減少が,会員数の減少の一要因.減少を食い止めて,収支バランスに努めたい. 
 Q.275人(1四半期分)増えたか
A.減っている...
C.つまり予算に対しビハインド.
すると来年また「800万円の穴が空いた」となる.
民間企業なら追加施策や,外出禁止・残業禁止・ボーナスカット・給与カットなどで予算に合わようとする.
監事も言っていた:予算に沿わせて.
予算の実現見通しより現実に近い数字で組んだ.
会費収入は,会員・地方本部・支部の協力も必要.
なんとか会員減少を食い止めたい.
 
■事業計画
レピータ局への「募金」の解禁「維持費で苦労」は理解.
(ワイヤレスネットワーク)委員会では,「以前のように募金を強いる可能性もある」ということもあり,まだもう少し現状を見極め.
類似:JA1MUY,JH2DFJ,JA7SOK
[JA1MUY]Q.D-STAR(サーバ)の有料化は?|A.過去検討.課金システム構築要~クレジットカード対応~不採算 で見送り.
[JH2DFJ]C.管理団体への権限委譲・緩和策を.
[JA7SOK]Q.レピータ局の方向性は?|A.1,177局,ピーク比で▲530局.1200MHzはスプリアス対策・減力.今後430MHzも(スプリアス対策が)必要に.かくなる状況下では減少傾向.経費・管理面の苦労は承知.事務局も重荷:1200MHz・スプリアス対応で経費も掛かり・職員一人張り付き状態.総務省に,免許の「JARL→管理団体」を要望も,ほどよい返事なし.ユーザの減少もある.活性化の方策は考えないと.
“2022年の壁”対応(旧スプリアス規格機利用者の脱落防止)減少要因の一つか.免許の簡素化などで. 
資格別コールサインの導入「コールサインの数が足りるか」など考慮要. 
『Hamvention』(米)・『Hamradio』(独)日程の競合回避4月の決算~ゴールデンウィーク~決算の理事会~社員総会 と間隔に制限.
ちょっとずらすと全体に波及.
会場の都合:この会場(ベルサール西新宿)が安い・重複多い.
努力はしたい.
 
理事なら一度は視察を私(JE1KAB)も行ってみたい. 
『モールス電信技能認定』への英文併記愛好家からも活性化のさまざまな提案あり.
検討中.
 
過去の社員総会での提起事項後日理事会で検討.真摯に受け止め組織運営したい. 

この記事へのコメント

JJ1WTL
2019年07月07日 23:05
予算上「+1,100名」をめざす会員数,3/7→5/7で,
正員▲134,社団▲17,家族▲9,准員▲23,合計▲183.
〔JARL NEWS夏号〕

この記事へのトラックバック

  • 社員総会報告3

    Excerpt: これでほとんどカバーできたはずです.カバレッジの整理: 議題報告事項1号(決算)2号(JG1KTC・JE1KAB理事解任)H30事業報告R1収支予算R1事業計画 本林提出分社員総会報告2 他の社員.. Weblog: CIC racked: 2019-06-30 10:33