社員総会準備書面(第二稿)

ひきつづき昨年度の議案書ベースでの仮組みです.
お寄せいただいたご意見――★印――を反映しました.

第二稿(1.4MB,ファイル名変わらず):
http://motobayashi.net/senkyo/jj1wtl-2019sokai.pdf

  1ページ目の右肩に「第二稿」と出ていない場合は,キャッシュの影響です.
  再読み込みしてみて下さい.

今週末の(Dayton Hamventionと重なった)理事会が終われば,決算が開示されるはずです.


《内容》
■決算
・現会長下での「2億円超」の損失 【詳細は決算発表待ち】
・大幅赤字の責任 【詳細は決算発表待ち】

■事業報告
・『QSOパーティー』の見直し: 期間延長 or 交信局数減/委員会ガバナンス ★
・『2018 IARU HF Championship』への対応のまずさ (モード放棄・ログ消失)
・『電波利用料』見直しへのパブコメ不提出
・「OTHレーダー」対策
・「局免切れ会員」への対処
・「篠山市」のJCC番号と指定基準の各変更の周知順
・自然災害時の情報発信の国内外での対応差 (国内だと何もせず)
・『移動運用セミナー』に対するJARLの「後援」 の真偽 ★
・異常な理事会運営: 説明の機会を与えない・聞き置くだけ

■収支予算
・会員増の進捗確認

■事業計画
・レピータ局への「募金」の解禁
・“2022年の壁”対応: 旧スプリアス規格機利用者の脱落防止
・資格別コールサインの導入 ★
・『Hamvention』『Hamradio』との日程競合
・『モールス電信技能認定』への英文併記


ご意見あればお願いします.
・エリア指定: 1エリア.

・かつ,
 - 社員選挙でご自身の投票された方が当選なさっている場合,
  その社員さんあてに質問・意見の提示をお願いされてください.
  あるいはみなさんの「支部長」あてでもOKでしょう.

 - 過去に提起されている事項につきましては,ご遠慮を.
  資料の末尾にそれらの一覧を含め,再度ぶつけます.
  「どうしても再度きちんと取り上げて」という場合には,ご相談ください.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 社員総会準備書面(第三稿)

    Excerpt: ほぼ最終形です. おおきくは,『決算』を反映し,『第2号議題』に対応しました. “3553kHz音楽放送局”は6月に入ってもまだ確認できましたので,ペンディング事項として残しました. Weblog: CIC racked: 2019-06-05 23:58