WRC-19にむけて

パブコメの募集が出ました:

『2019年世界無線通信会議(WRC-19)に向けた我が国の考え方(案)に係る意見募集』
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban10_02000032.html

デジャブ感のある方は正解.これで3回目です.システマティックに理解しましょう:

アマチュア界最大のテーマはReg.1での6mバンドの分配.
Reg. 1勢の健闘を見守るだけです.
わかりやすく例えますと,ア・バオア・クーでドロスの善戦を期待するギレン総帥の心境です.


●『我が国の考え方』の推移
従来に増してポジティブになっていてFBです.総務省さんありがとう.
時期我が国の考え方
#1
2018-01-12
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban10_02000024.html
Resolution 658(WRC-15)に従ったITU-R WP5Aの研究を支持する。
無線通信規則(RR)のいかなる変更も、第3地域における、50-54MHzの既存の一次業務に追加の制約を課してはならない。
#2
2018-10-23
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban10_02000027.html
決議 658(WRC-15)に従ってITU-R WP5Aで実施されている研究を支持する。
RRのいかなる変更も、第3地域における、50-54MHzの既存の一次業務に追加の制約を課してはならない。
#3
2019-05-30
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban10_02000032.html
Resolution 658(WRC-15)に従ってITU-R WP5Aで行われた研究を支持する。
無線通信規則(RR)のいかなる変更も、第三地域における、50-54MHzの既存の一次業務に追加の制約を課してはならない。
第二、第三地域ではアマチュア業務に 50-54MHz帯が一次分配されており、世界的な周波数利用の調和及び電波伝搬の研究のために第一地域においてもアマチュア業務にある一定の分配が行われることが望ましい。


●次回APG(APT-WRC準備会合)
おっと東京開催ですか.
2003年の際はJARL特別記念局が開設されました:8J1APG


●参考資料『Resolution 658 (WRC-15)』


●参考URL
『Draft new Report ITU-R M.[AMATEUR_50_MHz] - Spectrum needs for the amateur service in the frequency band 50-54 MHz in Region 1 and sharing with mobile, fixed, radiolocation and broadcasting services』
https://www.itu.int/md/R15-SG05-C-0152

  関係者以外閲覧不可で見られず↑.

『WP5A Report』
https://www.iaru-r1.org/index.php/spectrum-and-regulatory-liaison-committee/srlc-meeting-reports/1856-wp5a-report

『New VHF newsletter 82』
https://www.iaru-r1.org/index.php/vhfuhsshf/1855-new-vhf-newsletter-82

  曰く:
「先住者次第の面もあり」(not depend only from our representatives on the WRC, but also (and MOSTLY) of the users of our frequencies).

『ITU Working Party 5A1 Completes Draft New Report on WRC-19 Agenda Item 1.1』
http://www.arrl.org/news/itu-working-party-5a1-completes-draft-new-report-on-wrc-19-agenda-item-1-1

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック