JQ6YAAのあとなぜJQ6YBAなのか?

掲題の件を疑問に思われた方のために解説します.

●飛んだコールサイン
『沖縄県那覇市にD-STARレピータ局開設』 2013年11月13日
https://blog.goo.ne.jp/jarl_lab2/e/6616dc979594c33f17664e4d634e2e4c
コールサイン : JQ6YAA

『沖縄県宮古島市にD-STARレピータ開局』 2018年03月03日
https://blog.goo.ne.jp/jarl_lab2/e/191c71e9e6029770c54f4784b34f9955
コールサイン : JQ6YBA


●まずはルールの振り返り
『識別信号の指定基準』
http://motobayashi.net/kijun/idsignals.html
から,レピータのコールに関わる部分を抜粋します:
(2)アマチュア業務の中継用無線局
 
地方局呼出符号 地方局呼出符号
関東JR1WA -JR1WZ
JR1VA -JR1VZ
JP1YAA-JP1YZZ
 四国JR5WA -JR5WZ
JR5VA -JR5VZ
JP5YAA-JP5YZZ
信越JR0WA -JR0WZ
JR0VA -JR0VZ
JP0YAA-JP0YZZ
 九州JR6WA -JR6WZ
JR6VA -JR6VZ
JP6YAA-JP6YZZ
東海JR2WA -JR2WZ
JR2VA -JR2VZ
JP2YAA-JP2YZZ
 東北JR7WA -JR7WZ
JR7VA -JR7VZ
JP7YAA-JP7YZZ
北陸JR9WA -JR9WZ
JR9VA -JR9VZ
JP9YAA-JP9YZZ
 北海道JR8WA -JR8WZ
JR8VA -JR8VZ
JP8YAA-JP8YZZ
近畿JR3WA -JR3WZ
JR3VA -JR3VZ
JP3YAA-JP3YZZ
 沖縄JR6YA -JR6YZ
JQ6YAA-JQ6YZZ
中国JR4WA -JR4WZ
JR4VA -JR4VZ
JP4YAA-JP4YZZ
   
注1 地方局別の数字の次の2文字は、WA(沖縄にあってはYA)から順次指定する。
 地方局別の数字の次の文字が3文字である呼出符号は、その3文字がYCA(沖縄にあってはYBA)のものから順次指定する。


●誤発給されたJQ6YAA
沖縄のレピータのコールがJR6YZにまで達したあと,本来であれば上表の「注2」に従って,JQ6YBAが発給されなければなりませんでした.

が,やってもうた.

...(誤)発給されたのがJQ6YAAでした.
本来,出されないはずのサフィックスです.
この瞬間に疑問を持たなかった免許人もいかん(怒).

    「表の『注』が,発給プログラムに反映されていなかった」
    ――というのが,私の見立てです.

    ほかにも,東海総通で,
    「JQ2の再利用」のあとで「JS2」を一瞬出してしまった
    インシデント(本来は「JR2」)もありましたが,
    それについてもこれで説明が付きます.

    cf. 『JQ2のあとJS2?!』
    http://motobayashi.net/callsign/untold/jr2js2.html


その後,間違って出してしまったJQ6YAAについては
・回収~発給し直し も,
・再免許に際しての見直し もなく (まだ5年経っていません),
そのまま生きながらえました.

これD-STARレピータですので,リスト化~配布されてしまっているのも,事をヤヤコシくしています.
そう簡単にはすげ替えにくいです.

cf. 『JQ6YAA...は誤発給』
http://jj1wtl.at.webry.info/201311/article_8.html

cf. 『続・JQ6YAA...は誤発給』
http://jj1wtl.at.webry.info/201312/article_3.html

●JQ6YBA
ときは流れ,このたび.
5年ぶりに沖縄にレピータが新設されることになりました.
そして配られたのが,正しい,JQ6YBAです.

    「やってもうたJQ6YAA」用にいちおう空けて,
    新設局には
    JQ6YBA ではなく
    JQ6YBB を配る
    ――という策もありえたものと思慮します.
    ...が,そのような判断はなされませんでした.詰めちゃいました.

●したがい結果として
順に――
・JR6YZ
・JQ6YAA (誤発給)
・JQ6YBA
――と,コールが飛んだわけです.

●トリビア:沖縄はJQ6も使います
べつな観点では,「沖縄はJR6・JS6だけではなく,JQ6も使います」とも言えます.
また7J6も――新規の発給はなされませんが――使います.

8J6・8N6もありますが,これらはちょっと違って,「サフィックスの区分なく」完全に九州本土と共用します.

「九州本土」と「沖縄」の厳密な割当枠の区分は,下表のとおりです:
 九州本土沖縄
JQ6個人JQ6AAA~QQZ
JQ6QUA~XZZ
 
レピータ JQ6YAA~YZZ
レピータ制御用のリモコン JQ6ZAA~ZZZ
実態としては0局
JR6個人JR6AAA~QQZJR6AA~NZ
JR6QUA~XZZ
社団 JR6RL
JR6YAA~ZZZ
レピータJR6VA~WZJR6YA~YZ
7J6個人7J6AAA~BZZ7J6CAA~CZZ
社団7J6YAA~YMZ7J6YNA~YQZ
実態としては0局
8J6社団サフィックスの区分なく共用
8N6社団サフィックスの区分なく共用

○九州本土
・レピータは,これ以外にJP6YAA~ZZZ(実割り当てはJP6YCA~)を用います.
・リモコンは,JP6ZAA~ZZZを用います.
・7J6は,実発給では「7J6ADH/7J6YAB まで」です.

○沖縄
・二文字サフィックスの個人コールは,実発給では「JR6MEまで」です.
・7J6は,実発給では「7J6CEQまで」です(社団局はなし).

JJ1WTLはJARL社員選挙(関東)に立候補させていただきました.
このように,制度についてワッチします.
理念などは
http://motobayashi.net/senkyo/
をご参照ください.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック