CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 屋外PLC:JARLの意見

<<   作成日時 : 2017/11/11 18:52   >>

トラックバック 0 / コメント 2

めずらしくJARLから意見(パブコメ)が出されています.

『「周波数再編アクションプラン(平成29年11月改定版)」の公表』
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_02000244.html

の「別紙3」

『「周波数再編アクションプラン(平成 29 年度改定版)(案)」に対する意見募集の結果及び意見に対する考え方』
http://www.soumu.go.jp/main_content/000516215.pdf

の,No. 9:

●JARLの意見
 広帯域電力線搬送通信の屋外における利用は、短波帯の無線システムに妨害を与える可能性が高く、電波環境を著しく悪化させるおそれがある。
 通信伝送路でもない特性の定まらない電力線に 2〜30MHz にもおよぶ高周波信号を重畳させること自体が不要輻射の主因でもあり、アマチュア無線を含む既存の無線システム保護の観点から重大な懸念を抱いており、当連盟はこの推進に強く反対いたします。

●総務省の考え方 (=スルー)
 頂いたご意見については、今後の施策の検討の際に参考とさせていただきます。
 なお、広帯域電力線搬送通信設備については、近年実用化を志向した取組が活発化していることを踏まえ、IoTの進展により増加・多様化する無線システムとの共存が可能となるよう、無線システムとの共存条件等について検討を進めて参ります。


会員の“士気”にも関わりますので,
・別途 当局と個別にやりとり していようが,
・ダメモト だろうが,
今回のようにパブコメを提出したほうがいいと考えます.

―・・・―

で,その屋外PLCですが,
CEATECのパナソニックブースでの展示――見てきました――もありまして,日経が記事化しています:

    『規制ないのに「規制緩和」 電波利用で割れる見解』  2017/10/08

ようは――

政府 「“レギュラトリー・サンドボックス”で,
    有無を言わさずやっちまおうぜ」

総務省「え,でも,実証実験の扱いで,
    そもそも,いまのルールのままでできるんだけど...」

――てな,ちぐはぐな状況に陥っているようです.
気になる方は,なんとかして元記事をご参照下さい.

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も、JARLはこういうときに意見をどんどん出すべきと思います。おっしゃるとおり、会員の士気にかかわります。細切れの1.9MHz帯、3.5/3.8MHz帯や、各国で認められ始めた5MHzの解放も、こういうときに意見を出してほしいですね(屋外PLCとのバーター取引もあり得るでしょう。)。
7K1BIB
2018/06/26 23:11
おねだりしたようです.
JJ1WTL
2018/06/28 20:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
屋外PLC:JARLの意見 CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる