CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 社員総会報告3

<<   作成日時 : 2015/06/23 12:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

全体としては,「赤字の解消」と「75歳制限の撤廃」が,大きな論点だったように感じました.


赤字の解消


■赤字は解消します
●でも,いままでやっていることは,デグレさせず,いままでどおり続けます.
  〔専務理事回答から〕
 ◎行事案内の,支部・クラブWebへのリンク化?
  ちゃんと整形して載せるよ.紙媒体用にどうせ作ってるんで.

 ◎特別局?
  支部・クラブの活性化にいいじゃん.

 ◎補助局?
  有効に使ってるよ.

●でも,「倍以上」になるものがあります.
 ◎QSL転送費
  「1200万円」が,「倍以上」に.
所感:
いま現在は「H26年度と同じ予算値」なので,「+1200万円超」の支出増は確実.

 ◎ハムフェアのアンテナ工事
  「80万円」が「数倍(折衝予定)」に.

  →〔専務理事がJA1HGYに回答〕
   今年,FTIから賛助会費の支払いがなかった.
   説明を求めたら,前田理事とFTIとの過去の取引で金銭的なトラブルがあった.
   FTIとしては「そのような方がいる連盟とは今後取引できない」と.
   FTIは,賛助会員を退会,ハムフェアのアンテナ工事の請負を拒否.

   山之内会長が間に入り先方と話.
   いまのところ進展がない.

   ハムフェアのアンテナは他の企業にお願いすることで準備を進めている.
   FTIのころはだいたい「80万円」の工事代金.
   今年の工事は,いまの段階では「数倍」のコスト.
   今後なるべく安くなるように折衝.

  →(#22理事会報告の表現は,「...実行委員を降りてもらうことで修復を図りたい」)
   まだ前田理事には降りてもらっていない,実行委員会の総意が必要.
    〔会長がJA1HGYに回答〕
所感:
仮に降りてもらったところで,軋轢が解消し,「80万円に戻るのか?」は,定かではない.

8J1Aは,事前運用が充実してきているので,当日の運用設備は簡素化してもいいのでは?
あるいはリモート運用とか.


■世論
●いつ黒字化するのか?
・いつになったら黒字になるのか?何年でどうなるのか?
 「二十何年間も赤字の会社」はない.
 温泉につかっている運営じゃダメ,根本を変えよ.
 前任の会長は「H26年度には黒字にする」と.〔JE8KQR当日発言〕

・今後どうするのか.〔JA0FLV準備書面〕

・財産減少額圧縮に,引き続き心せよ.〔7N3OEP準備書面〕

・〔会長がJE8KQRに回答〕
 (答えるのは(?))難しいかもしれない.会長になってまだ1年.

 私なりに頑張る.
 H4年度に赤字が始まっていると思う.だから23〜24年.

 経費の削減も考えている.
所感:
「決算書がわかりにくい」という声も当日ありました.
超訳しますと,現況,下図のようになります.
今年度の予算は「▲6,487万円」で組まれていますが,「QSL発送費」「ハムフェアのアンテナ工事費」で,さらに千数百万円の足が出ることでしょう.
戦線離脱中の東北新幹線の中で,「ジャールはあと十年は戦える」とつぶやいたとかつぶやかなかったとか...


■根本的打開策は会員増
●執行側意見
・〔会長がJE8KQRに回答〕
 赤字解消を考え「会員増強しかない」と.

 (会員が)減少する限り赤字は続く.
 くい止めたい.
 そうすれば将来において黒字になる.

 商売においても,「売り上げが伸びない会社」はダメ.
 もしかすると,なにかのトリガでコテンと落っこちると思う: 黒字倒産.

・〔専務理事がJE8KQRに回答〕
 (専務理事を)交替したのは,赤字の(解消ができなかった)問題ではなく,
 「今後積極的に会員を増やす事業」を会長から指名されたから.
 会員を増やす.
 開局数も減っているから,局数も増やさないといけない.

・〔事務局長のJE8KQRへの回答 … 時間切れもあり,設けられず〕

●原因追求を
・なにもしないで「会員増強!」ではなく,原因の追求を.
 「なぜ会員が止めているのか」を調べているか?
 「なぜ若い人を入れられないんだろう」で地方本部長・支部長にアイディアを求めているか?
 〔JE8KQR当日発言〕


■会費改定論が徐々に
・「青少年会費」は,次の会費改定で考えたい.〔専務理事回答〕

・発送費増・消費税増税から,会費改定すべし.〔JA1HGY準備書面〕

・会員にお願いしなきゃならんこともある.〔JE8KQR当日発言〕
所感:
・「会員数が伸びなかったとき」のコンテンジエンシープランは聞こえてきません.
 やばい.

・このさきネガティブスパイラルに陥いる予感が,かなり:

 ┌→会員減┐
 └会費増←┘

・...いまどき,べつにJARLの会員でなくても,不自由はしないのでは?
 たとえば...

 ○DXCC
  200くらいを超えてくると,
  ・「SASE」 (90〜130円+IRC 150円) とか
  ・「LoTW」 (みかけ無料) とか
  ・「OQRS」 ($3〜5) とか
  で,ことが足りてしまうでしょう.
  「JARLの会費相当額」で,早く・確実度高く 十数エンティティ/年 は稼げるわけです.

 ○情報
  オンラインでかなりものが手に入ります.

 ○パブコメ
  個人の立場で総務省あてに直接出せるし.

 ○道の駅系アワード
  電子ログ――たとえば“クラウドハムログ”とか――で受け付けられるようになったら,
  道の駅系アワードチェイサーも退会しそう.

  現状...
  ・「QSLカードの取得は問いません」 系
   「ぷち」「ミドル」「平成の全市区町村交信(ZA)」

  ・「交信証を得る」 系
   「道の駅」「ふるさと富士」「湖沼」「全国民謡」「湯けむり」「ウォーターフロント」

 ○「電子データ」で届いても,「QSLカード」扱い
  See JARLの『アワード規程』第5条.

・カード交換時の匿名性がウリ?!
 むしろ会員のメリットは,じつは「カード交換時の匿名性の確保」では?
 いっそ開き直ってそれをJARL(ビューロー)のウリにするとか.
 ∵詳細住所・氏名を明かさなくても交換可.
  慣習上の問題は残ります.


75歳制限の撤廃 (...意外と撤廃論多し)


■以下の両論あり
●若手を使え――おもに両監事が主張
・若年層ハムの増加はもちろん必要.〔JE1FVX準備書面,次項で別意見〕

・〔監事JA1RTGがJE1FVXに回答〕
 (年齢制限は)一つのケジメ.

 元気はつらつ vs 60代から困っちゃう人 はあるが,
 “一つの物差し”として身を引く.
 「つぎの若い人」を仕事に付けさせる訓練,社会の一つの仕組み.

 「やってもらわなきゃ困る」そういう人は(いま),周波数委員会の人・海外との人など,80歳代.
 (しかし)航空機に乗って調子が悪くなったらどうするんだ.
 75歳は一つのケジメ.
 育成を組織としてやるべき.

・〔監事JA3DKWがJE1FVXに回答〕
 会員数減・停滞は高齢化にあり.
 早く若い人にバトンタッチしていくことが,再生にはどうしても必要.
 疑問があるのは確かだが.
 「明日のJARLを作る」で,望んで.

●年寄りを使え
・そもそも会員層の年齢が上がっている.〔JE1FVX準備書面〕

・「一律75歳」はヘン(年を取っても有能な人はいる).〔JF7PFW準備書面〕〔JE1FVX準備書面〕

・経験豊富なOMも必要.〔JE1FVX準備書面〕

・会長が1期ずつ替わるのはよくない.〔JA5ARW準備書面〕

・定款・規則に基づかない以上は無効.〔JF7PFW準備書面〕

・申し合わせ当時の理事はほぼ退任ずみ.〔JE1FVX準備書面〕

・〔専務理事がJA5ARWの準備書面に回答〕
 高齢でも頭脳明晰な方いる vs 若い人材への引き継ぎ.
 (今総会で)複数の意見があったので,理事会でも真摯に受け止めて検討.

・〔会長がJE1FVXに回答〕
 さきほど(専務理事が)回答のとおり(=「理事会等で検討する」).

・〔JE1FVX当日発言〕
 前々会長が長期君臨していたのを引退してもらうため.
 その時代はそれが必要だった.
 このままいくと,会長が二人続いて1年(正しくは2年1期)でやめる.
 せっかっく「赤字減」「会員減少減」になってきているのに.
 異常事態.
 ぜひ検討を.
 (会員層は)60代が最多,あと10〜15年で75歳になる.
 (そういった人が)会長になる道が途絶える.
 撤廃の方向で検討を.


出なかった話題


■D-STAR
■CEPT相互運用協定


運営全体


■資料配付を傍聴者・報道関係者にも
・この進め方ですと,せっかく来ていただいても,資料を持っていないと議論に追従できないでしょう.

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
社員総会報告3 CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる