コールエリアごと局数

2013年度末の,コールエリアごとの局数です.

『無線局統計情報』と,小笠原の切り出しについては『無線局等情報検索』によりました.
(小笠原は,以下により 「2013年度末で132局」 と見なせます:
 ・3/29付データ … 132局
 ・4/12付データ … 133局  JD1BOR が 平26.4.9 に免許)

まず,グラフは以下のとおりとなります(局数順です):


パイル沈静化のためのエリア指定を“等数配分”でヤラレますと,とくに1エリアは死にます.
特段の意図――例:「伝搬状況のよくない6・8エリアを拾ってあげよう!」――がない限り,ご配慮をお願いしたいです.

エリアごとの変動もみてみました:
エリア【参考】
2010年度末
【参考】
2011年度末
2012年度末2013年度末増減数
(2012→2013)
増減率
(2012→2013)
1 関東124,447123,322122,097121,794-303-0.25%
2 東海62,18060,56259,61959,594-25-0.04%
3 近畿54,56253,72552,84653,2844380.83%
4 中国31,29129,92228,83328,723-110-0.38%
5 四国19,95119,69319,49719,514170.09%
6 九州40,46039,16738,11938,203840.22%
7 東北45,01643,26643,12543,5504250.99%
8 北海道41,37039,96539,15639,184280.07%
9 北陸12,24411,94511,72611,485-241-2.06%
0 信越19,10518,57218,01618,1981821.01%
JR6 沖縄2,5842,5222,4892,526371.49%
JD1 小笠原110116121132119.09%
453,320442,777435,644436,1875430.12%

減っているエリアもある中で,

・増減「数」で見ますと 近畿(438) ・ 東北(425) ・ 信越(182) が
・増減「率」で見ますと 小笠原(9.09%) ・ 沖縄(1.49%) ・ 信越(1.01%) が

それぞれ全体としての局数増――543局,0.12%――に貢献しています.

●増減「数」順
増減数
(2012→2013)
エリア
4383 近畿
4257 東北
1820 信越
846 九州
37JR6 沖縄
288 北海道
175 四国
11JD1 小笠原
-252 東海
-1104 中国
-2419 北陸
-3031 関東


●増減「率」順
増減率
(2012→2013)
エリア
9.09%JD1 小笠原
1.49%JR6 沖縄
1.01%0 信越
0.99%7 東北
0.83%3 近畿
0.22%6 九州
0.09%5 四国
0.07%8 北海道
-0.04%2 東海
-0.25%1 関東
-0.38%4 中国
-2.06%9 北陸

本来 母数たるべきである,各エリアの「人口」は未考慮です.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック