CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS jarl.comスパム到来状況12月

<<   作成日時 : 2014/01/01 00:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2013年12月の着弾状況です:

  1,784通. 平均58通/日.

スパムの推移.カッコ内は日本語のものの内数(数えた月のみ).
月\年20062007200820092010201120122013
1 1,612 89 (25)90 (6)100267 (12)331311
2 399112 (87)93 (5)185200 (14)380403
3 405127 (106)59 (9)1,233369 (45)388546
4 381125 (57)107 (8)3,287397 (55)487586
5 397106 (24)108 (2)3,614316 (14)603511
6 368315 (87)133 (1)899 (388)233429423
7 432220 (5)177 (2)1,222 (600)235301521
8 258 (37)157 (7)174 (1)1,227 (604)3012281,124
9 173 (80)88 (13)116 (0)1,039 (624)254175259
103,511105 (6)115 (10)124 (5)966 (333)292153818
114,049 84 (5)137 (16)110 (6)678 (19)3112742,393
122,641 70 (9)121 (17)81 (7)1,149 (18)3523031,784

グラフ化するとこうなります:

また,10〜12月の日ごとの変化は下図のとおりでした.
・スパムフィルタが消えたのは 10月21日,
・移行措置が取られたのは  12月20日
でした:


●TSS vs アグレックス
単純に比べますと(スパムの傾向がその後 変わっているかもしれないのを無視),「TSS+U's Communications+WatchGuard」組のほうが抑止できていました.
いまの「アグレックス」は,「X-Spam-Score:」で「40」以上になったものを遮断しているように見えます.
「X-Spam-Score: 39.7」のものまですり抜けて届いていますので.
誤判定は怖いですが,これを「20」くらいまでチューンして下げれば,従来とおなじくらいのフィルタの強度になります.


●着弾傾向
日本の夜間帯の着弾が多いです.
きっと,「W国が起きている時間」に活動するボットが発信源なのでしょう:


●実影響
この間,
・2010年のときのような「善玉メールの配送への悪影響(遅延など)」は聴かれませんでした.
・プロバイダによっては,jarl.comのサーバからのメールを,遮断したところが現れてしまいまいした.
 最低限,@ニフティがそうしたことが確認されています:

 【追記】JARL、「JARL.COMメール転送サービス」の障害発生を告知
 http://www.hamlife.jp/2013/11/22/jarl-mailtensou-accident/

●経路切り替え所要時間
3日くらいで切り替わったようです(上図ご参照).

ただし,みんなと遅れるワンテンポ.
22日・29日の着弾は,順に以下の発信元を名乗るものでした.双方,似ていますね:
Received: from unknown (HELO localhost) (nilanjan.sarkar@va.metrocast.net@125.89.240.69)by static-75.163.98.14-tataidc.co.in with ESMTPA;
Sun, 22 Dec 2013 14:22:33 +0530
X-Originating-IP: 125.89.240.69
Received: from unknown (HELO localhost) (juilen.townsend@nwmnhra.org@105.66.65.99)by 61.113.215.76 with ESMTPA;
Sun, 29 Dec 2013 15:59:11 +0900
X-Originating-IP: 105.66.65.99

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
jarl.comスパム到来状況12月 CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる