JM1OTQ

正月休みスペシャル.
『私をスキーに連れてって』に出てくるこのコールサイン,劇中では聞き取りにくいので,「JN1だ」「ODQだ」といったネット上の議論を見かけます.
そこで,JM1OTQであることを以下に証明します.

●Step 1
まず劇中に現れるコールサインを整理しましょう.
タイムカウンタはDVD――PCBG-50461――のものです.
役名キャストコール
サイン
出現タイムカウンタ

5m
04s

11m
22s
1h
03m
07s
1h
10m
21s
1h
23m
01s
1h
33m
32s
矢野文男三上博史JM1OTQ呼出  無応答応答 
泉 和彦布施 博JH1TUR    呼出呼出
羽田ヒロコ高橋ひとみ   応答呼出 応答
小杉正男沖田浩之JO1MHN応答応答    
佐藤真理子原田貴和子PVD 呼出呼出   


●Step 2
ここで,フル・コールサインの割れている
JM1OTQ ―― 「JN1説」「ODQ説」はとりあえず忘れます
JH1TUR
JO1MHN
の「ほんとうの持ち主」を,コールブックから調べてみます(1991年版).以下のようになります:


●Step 3
でだ.
以下は,エンディングロールに現れるホイチョイ・プロダクションの面々です:


あれ?どうでしょう.

松田充信
芹沢良明 JH1TUR
亀井正道
久保正文
小杉正明 JM1OTQ
吉田浩之 JO1MHN

となって,ホイチョイ・プロダクションのメンバのコールサインが使われていたことが判ります.
なので,「JN1」でも「ODQ」でもなく,JM1OTQなのでした.

なお,
PVD (と聴こえます)
は不完全照会をかけてみましたが,不明でした.

そして,この映画の公開――1987年8月――のあと,電話アマの取得者は急増したのでした:

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック