CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS パブコメ募集:養成課程講習会

<<   作成日時 : 2011/01/26 20:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

アマチュア関連のパブコメ募集がまた出ました.
復習しますと...(1) WRC-12〜中波帯の分配, (2) 非常時の社団局のゲストオペ, (3) 電信試験の廃止, (4) 今回↓.

『無線従事者養成課程の実施要領及び同課程の終了の際に行う試験の実施方法の一部を改正する告示案に係る意見の募集』
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01kiban09_01000014.html

すなわち,養成課程講習会の授業科目を定める表が,「全資格に共通な部分」「アマチュアの固有部分」という構成に変わります.

さらに,かいつまみますとどうやら...
・デジタルモードへの対応が手厚くなっています.
・(プロ資格とセットにされたためか)表現が細分化されたところもあります.
・反対に,ザックリとまとめられたところがあります.

以下に新・旧を比較してみました.左が改正案,右が現行のものです.
脚注は表中に【】書きで押し込みました(∵参照しやすいように).

以上は「無線工学」の話.
「法規」のほうは,表が統合されても個々の項目には変更がないようですので,割愛します.
また共通の表の一本だけで,“アマチュアの固有部分”はありません.
別告示の「修了試験」についても,割愛します.


《改定案・プロアマ共通部》《現行》
1 基本的事項(全資格共通)(注1)

【注1 養成課程ごとに実施するものとする。】
4 第三級アマチュア無線技士及び第四級アマチュア無線技士の資格の養成課程
授 業 科 目 及 び 内 容 の 分 類養成課程別の授業の要否及び程度(注3)

【注3 養成課程別の授業の要否及び程度の欄中、空欄は、その養成課程において授業科目の該当の項目の授業を要しないことを示し、「A」、「B」及び「C」の表示は、その養成課程において授業科目の該当の項目の授業に要する程度について、次のことを示す。
A・・・・・・・重点的、B・・・・・・・普通、C・・・・・・・簡単】
授 業 科 目 の 項 目養成課程別の授業の要否及び程度 (注)

【注 養成課程別の授業の要否及び程度の欄(3の表においては、授業の程度の欄)中、空欄は、その養成課程において授業科目の該当の項目の授業を要しないことを示し、「A」、「B」及び「C」の表示は、その養成課程において授業を行うことを要する授業科目の項目の授業の程度について、次のことを示す。
A・・・・・・・重点的、B・・・・・・・普通、C・・・・・・・簡単】
第三級アマチュア無線技士第四級アマチュア無線技士第三級アマチュア無線技士第四級アマチュア無線技士
授業科目授業内容 
授業内容の要旨授業内容の詳細授業内容の区分(注2)
無線工学の基礎電波の性質周波数、波長、伝搬速度、電波の発生及び分類基礎電波の性質波長と周波数の関係、電波の速さ等
電気回路電圧、電流、電力、回路素子及びフィルタ直流及び交流の電圧、電流、電力、抵抗、コイル、コンデンサ、導体及び絶縁体並びにフィルタの構造及び電気的特性(※1)

【※1 第三級アマチュア無線技士及び第四級アマチュア無線技士にあっては、「フィルタの構造及び電気的特性」を除く。】
基礎電気回路(半導体素子を含む。)直流、交流の電圧、電流及び電力並びに抵抗、コイル、コンデンサー、ダイオード及びトランジスタの基礎
半導体及び電子管半導体素子及び集積回路並びに電子管ダイオード、トランジスタ及び集積回路並びにマイクロ波用電力増幅半導体素子及び電子管(※2)

【※2 第三級アマチュア無線技士及び第四級アマチュア無線技士にあっては、「電子管」を除く。】
基礎
電子回路増幅及び発振回路増幅方式、PLL発振回路、自励発振回路及び水晶発振回路基礎電子回路増幅回路、発振回路、変調回路及び復調回路の基礎
アナログ方式変調及び復調回路DSB、SSB、FM及びPM基礎
デジタル方式変調及び復調回路ASK、FSK(MSK及びGMSKを含む。)、PSK及びQAM(※3)

【※3 第三級アマチュア無線技士及び第四級アマチュア無線技士にあっては、「MSK及びGMSK」を除く。】
基礎
無線工学電波伝搬MF帯からSHF帯までの各周波数帯における伝搬特性基本伝搬及び異常伝搬基礎空中線及び電波伝搬 
空中線系空中線の原理共振、等価回路、指向特性及び利得基礎
 MF空中線の型式及び指向性、周波数と波長及び伝搬特性 
HF 空中線の型式及び指向性、周波数と波長及び伝搬特性
VHF空中線の型式及び指向性、周波数と波長及び伝搬特性
UHF空中線の型式及び指向性、周波数と波長及び伝搬特性
SHF空中線の型式及び指向性、周波数と波長及び伝搬特性
給電線及び接栓同軸ケーブル、平行二線式給電線、導波管及び同軸コネクタの種類及び特性(※4)

【※4 第三級アマチュア無線技士及び第四級アマチュア無線技士にあっては、「導波管」を除く。】
概要給電線、コネクター及び整合条件の概要並びに整合をとるための方法
取扱方法
整合整合の条件及び整合の方法インピーダンス整合、定在波、SWR及びバラン基礎
混信等混信の種類及び混信の対策混変調、相互変調、感度抑圧効果、影像周波数混信、スプリアス発射、外部雑音及びそれらの対策概要混信及び電波障害混信の概要及び対策
混変調及び相互変調の概要 
電源電源回路整流回路及び平滑回路概要電源電池(鉛、ニッカド及びアルカリ電池)の容量、接続、充放電及び取扱上の注意並びにコンバータ、インバータ及び整流器等
電池種類、容量、充放電及び接続方法概要
取扱方法
測定測定器の種類及び構造マルチメーター、電力計及び標準信号発生器(※5)

【※5 第三級アマチュア無線技士及び第四級アマチュア無線技士にあっては、「標準信号発生器」を除く。】
概要測定直流・交流電圧計及び電流計、回路試験器(テスター)、高周波電力計、ディップメーター及びSWR計の取扱方法
取扱方法
測定法電圧、電流、電力、周波数、スプリアス及びSWR基礎
点検及び保守系統別点検及び方法空中線系統、電源系統及び送受信機系統概要点検及び保守操作方法の注意
空中線系統、電源系統及び送受信機系統
《改定案・アマチュア固有部》 
5 アマチュア資格(第三級アマチュア無線技士及び第四級アマチュア無線技士)(注4)

【注4 「2 海上資格」、「3 航空資格」、「4 陸上資格」及び「5 アマチュア資格」の授業科目及び内容の分類(資格別専門科目)の項目については、それぞれの養成課程の全資格共通の授業と密接な関係のある部分において、特化した内容の授業として実施するものとする。】
授業科目及び内容の分類(資格別専門科目)養成課程別の授業の要否及び程度(注3)

【注3 養成課程別の授業の要否及び程度の欄中、空欄は、その養成課程において授業科目の該当の項目の授業を要しないことを示し、「A」、「B」及び「C」の表示は、その養成課程において授業科目の該当の項目の授業に要する程度について、次のことを示す。
A・・・・・・・重点的、B・・・・・・・普通、C・・・・・・・簡単】
授業科目授業内容 
授業内容の要旨授業内容の詳細授業内容の区分(注2)

【注2 「基礎」、「概要」及び「初歩」の表示については、動作原理及び理論について講義するものを「基礎」、実際の設備及び機器について講義するものを「概要」、動作原理並びに実際の設備及び機器のうち、アマチュア資格について講義するものを「初歩」とする。】
第三級アマチュア無線技士第四級アマチュア無線技士
無線工学無線通信装置アマチュア業務のための無線通信装置無線電話及びその他無線通信装置初歩無線通信装置DSB無線電話装置構成及び動作の概要
無線装置の取扱方法及び取扱上の注意
SSB無線電話装置構成及び動作の概要
無線装置の取扱方法及び取扱上の注意
FM無線電話装置構成及び動作の概要
無線装置の取扱方法及び取扱上の注意
無線電信及びその他無線通信装置構成及び動作の概要
無線装置の取扱方法及び取扱上の注意
付加装置TNC、ファクシミリ、テレビジョン及びRTTY(専用ソフトウェアを含む。)初歩付加装置の構成及び動作概要TNC、ファクシミリ、テレビジョン
電波障害電波障害の対策TVI、BCI、テレホンI、アンプI及びそれらの対策初歩混信及び電波障害電波障害の概要及び対策

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
パブコメ募集:養成課程講習会 CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる