CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 社員総会報告5

<<   作成日時 : 2018/07/01 16:17   >>

トラックバック 0 / コメント 0

まとめです.ひとことでは「今年もアホな予算なので達成度合いを注視しましょう」かな.

●H29決算
以下の点からダメ出しをさせていただきました.

・予算比6割超の赤字(▲\35M)
・昨年(H28)度よりも赤字増(▲\15M).

主因は,「会員増の見込みが大甘だったため」といえましょう.
前H28年度実績比で,H29年度は以下の予算でした.

・入会金+会費 … \39Mの増,
・正員 … 4,421名の増*

  *:\326M(H29予算)−\294M(H28実績)
   7,200円/名の単純換算にて,以下同.

ひらたくは――

「今年は▲\55Mの赤字で収めるぜ!(正員が4,421名増えたら)」
「ごめん▲\89Mになっちゃいました,会員増えなかったんで」

――というオチです.
もちろん,「そもそもその予算はおかしい!」とは言いました.
去年の総会で.

  「格好つけの予算」を示されるよりは,
  最初から「正直な予算」を見せてもらった方がありがたいです.
  対処が早めにできるからです:

    「今年の赤字は▲\89M行っちゃいます.
     みなさんどうしましょう,
     真剣に考えましょう.」

   ...と言ってもらった方が嬉しいのですが,
   そうではなく「問題の一年先送り」になってしまいました.
   1年間という時間をロスしました.


●H30予算
で今年.
“学習能力がない”と酷評させていただきました.

前H29年度実績比で...

・入会金+会費 … \36Mの増,
・正員 … 4,153名の増.

〔円〕H29実績H30予算増 減換 算
入会金+会費307,517,558343,390,000+35,872,442 
 受取入会金 2,289,000 3,150,000+861,000 
 正員受取入会金 2,259,000 3,100,000+841,000+841名
準員受取入会金30,00050,000+20,000+20名
受取会費 305,228,558 340,240,000+35,011,442 
 正員受取会費 289,241,942 319,140,000+29,898,058+4,153名
家族会員受取会費5,585,5006,300,000+714,500+198名
准員受取会費6,851,116 10,800,000+3,948,884+548名
賛助会員受取会費3,550,0004,000,000+450,000 

つまり――

「今年は▲\39Mの赤字で収めるぜ!(正員が4,153名増えたら)」
「そんなに増えるわけないだろ!」
「会員を増やすしか手がないんだよ,“おーるじゃーる”でがんばろうよ」

――と押し切られました.
はい,ことしもまた「問題の一年先送り」です.

    なお,『予算』は“報告事項”ですので,
    社員総会で否決することはできません.


●リスク
さて,
去年56名しか増えなかったものが(正員),
ことし4,153名(+\36M)も増えるのでしょうか???

...ということで,このギャップがそのままリスクと言えましょう.


●さらなるリスク
「入会金+会費は――増えるどころか――減少傾向にある」ことも併せて判ります.
昨H29年度でいえば,H28年度よりも▲\5M減っています.
これもリスクです.


●その後の会員数の推移
JARL NEWS 夏号で,5/7時点の会員数が開示されました.
えらく減ってますね....

・予算 … 4,153名増 @2019-03-07
・実績 … 162名減 @2018-05-07

正員が増えたタイミングでセルの背景色を変えています.
ソース時点正員社団会員家族会員准員合計
2014夏号2014-05-0756,8351,5641,7786,82266,999
2014秋号2014-08-0756,7051,5501,7536,77866,786
2015冬号2014-11-0756,6481,5541,7086,76766,677
2015春号2015-03-0756,4931,5351,6826,70866,418
2015夏号2015-06-0756,4111,5271,6646,66866,270
2015秋号2015-09-0756,4771,5391,6616,64366,320
2016冬号2015-11-0756,5621,5541,6646,62466,404
2016春号2016-03-0756,5351,5411,6536,58966,318
2016夏号2016-06-0756,5091,5381,6316,58266,260
2016秋号2016-09-0756,4901,5401,6146,60766,251
2017冬号2016-11-0756,4231,5261,6016,61466,164
2017春号2017-02-0756,3421,5181,5846,62266,066
総会資料2017-03-0756,2651,5241,5816,62965,999
2017夏号2017-05-0756,4291,5061,5626,62066,117
2017秋号2017-08-0756,3921,4961,5416,70266,131
2018冬号2017-11-0756,4621,4971,5216,72366,203
2018春号2018-02-0756,3621,4731,4996,68666,020
総会資料2018-03-0756,3211,4681,4936,67365,955
2018夏号2018-05-0756,1591,4581,4926,67965,788


疑義アリアリの予算ですので,ことしはKPI管理をしましょう.

...予算比で▲\10Mくらいは未達のようなので,もし民間企業なら
・役員給与カット とか
・残業禁止 とか
・外出禁止 とか
の打ち手が講じられ始める頃合いかと.


●つぶらな瞳で公表データを読んでみよう
「もはや過大な会員増期待は無謀」だということは,わかると思うんですけど.

・総局数
 減っています.


・四アマ新規取得者数
 減っています.

 2015年度 … 14,331名
 2016年度 … 13,041名


●H30年度まとめ
・予算 … \39M の赤字に収めます
・見通し … \39M+\36M(入会金+会費増 期待薄) 
      で,「\70M台の赤字」で着地するんじゃないかなぁ.


●H31年度以降
・楽観的には
 - 「ソフトウェア償却」が減るはずです. 
  H26〜H30で,5年経ちます.
  \13M/年くらいはラクになる?
年度ソフトウェア償却備考
H231,514,390 
H241,407,333 
H252,277,533 
H2615,301,400跳ね上がり
H2715,055,401 
H2814,944,900 
H2919,100,067 
H3015,050,000予算

・悲観的には
 - TSSへの和解金の“5年ローン” … \4M/年 × 残り3年 (H29〜H33)
 - 電子QSLシステムのコスト … \数M @H30年度の例
 - 会員減
  たとえば「高齢化」にともなう退会増


●破綻グラフ
・「赤字で困ってます,でもサービスのレベルは下げません」
・「健全運営」
というご持論の会長の再任を受けまして,改版しました.
本図では,たとえアホなH30予算でも信じています.

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
社員総会報告5 CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる