CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 局数 vs コール数 2017年末

<<   作成日時 : 2018/02/03 00:40   >>

トラックバック 0 / コメント 0

総務省の『無線局等情報検索』は,たとえば一つのコールサインの下に固定局・移動局と2局あった場合,“2局”として計上しています.
これ,純粋なコールサインの数で集計したい場合には,うれしくありません.
そのような「局数」と「コール数」の,“ダブり具合”の検証結果です.
『2018年1月6日』付のデータからです.

■結果
下図のようになりました:

すなわち,「純粋なアマチュアの数」を求めるには,ざっくりとは,総務省の発表値から

    (429,480−404,415)÷ 429,480 = 5.8%

を割り引けばいいことになります.

    ただし,
    ・「エリア跨がり」などで別なコールをお持ちの免許人は,
     このような名寄せができません.
     誤差として残ります.
    ・衛星管制局は開示されませんので,上図には含まれません.


■2局以上持つ局
2016年末の調査結果と比べて,「2局以上持つ局」が増えているのに気がつきました.
はたして:

2016年から上昇傾向に拍車が.
二アマへのeラーニングの導入効果でしょうか?


■3局以上持つ局
「設備共用」とか「リモートシャック」とか「リゾートシャック」とかの悟りを開いたみなさんでしょう.
上振れしつつ増えています:


■と,いうことは?
「複数局を持つ免許人が増えている」ということは,
「アマチュアの減少の実態は,総数での観察よりも激しい」ということです:

時点総数(総務省の発表値)個人局のコール数
2012年12月15日437,224413,978
2013年12月28日436,156412,550
2014年12月20日435,731411,871
2015年12月19日435,677411,647
2016年12月24日434,738410,143
2018年1月6日429,480404,415

2012年末と2017年末とを比較しますと,以下のように,2,000局ちかい差が出ました:
・「総数」で見ると … 7,744局の減
・「個人局のコール数」で見ると … 9,563免許人の減

いや,そもそもそれ以前に,ガクッと急落傾向に...


■過去ログ
・2012年末 http://jj1wtl.at.webry.info/201302/article_2.html
・2013年末 http://jj1wtl.at.webry.info/201402/article_4.html
・2014年末 http://jj1wtl.at.webry.info/201501/article_10.html
・2015年末 http://jj1wtl.at.webry.info/201601/article_13.html
・2016年末 http://jj1wtl.at.webry.info/201701/article_12.html

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
局数 vs コール数 2017年末 CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる