CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 勝手に訂正コーナー

<<   作成日時 : 2018/01/20 10:27   >>

トラックバック 0 / コメント 4

瞬時に見抜ける誤記をダダ漏れにしちゃいかんでしょう....
スプリアス大誤報もひどかったけど,もっとクオリティを上げて下さいな.>編集部&監修

◆CQ誌2月号 p.45脚注
電波監理委員会規則第十二号

→「昭和二十五年電波監理委員会規則第十二号」

 法令の番号は「年」(Calender Year)――と改元――ごとにリセットされます.
 「何年の,何号」と言わないと,特定できません.


◆同p.49
米国のクラブ局(日本の社団局は不可)のゲスト・オペレーターもできる

→「米国の局や,その設備を使った自局のオペレートもできる」

 クラブ局だけに限られません: 個人局でもOK.

 →【1/21追記】厳密には,コメント欄の議論をご参照ください.「三アマならゲストオペに有利」にはなりません.下表に整理します.
扱いゲストオペレータ自局
法的扱いThird partyControl operator
四アマ・三アマでの差なし:
「受け入れるホストさん(control operator)が持っている資格」にのみ依存
あり
コール往訪先の個人局のもの,
往訪先のクラブ局のもの
自身のもの(W8/JG1KTCタイプ),
往訪先のクラブ局のもの
交信相手米国内,
特定の国
無制限


 ゲストオペだけに限られません: 
 リグを借りてたとえば W8/JG1KTC と名乗ったってOK.
 
    もっとも,「“リグを借りた”時点で,それ自体をゲストオペと言うんだ」
    という解釈――定義――もあるかもしれませんが.

 △ ゲスト・オペレーターもできる
 ○ ゲスト・オペレーターになれる
 ○ ゲスト・オペレートできる

 「日本の社団局は不可」
 ...なんか,すごく誤解を招きそうな補記です.整理しますと...
 
 「国内」の話:
 × 社団局は,ゲストオペレータ制度の対象外
 ○ 社団局は,ゲストオペレータ制度の対象
    (構成員の立ち会いの下で,構成員以外が,運用可;
     「社団局のゲストオペはダメ」とする規定は...ないです.)
 
 「米国」の話:
 × 米国内で,日本の社団局も運用可
 ○ 米国内で,日本の社団局は運用不可
    (「アメリカでの日本の社団局の運用は認められないと考える」
     http://www.jarl.org/Japanese/8_World/8-1_overseas/8-1_Overseas.htm ;
     これは,「ゲストオペ」云々以前の,根本的な制約です.)


◆同p.52
昭和57年(1982年)には10MHz,18MHz,24MHzのいわゆるWARCバンドが解放され

→「昭和57年(1982年)には10MHz,ついで平成元年(1989年)には18MHz,24MHzの,いわゆるWARCバンドがそれぞれ開放され」

 ...これ致命的ですね.
 同時ではありません:
 ・10MHz … S57(1982).4.1 〔S57告示227〕
 ・18/24MHz … H1(1989).7.1 〔H1告示362〕

 × 解放
 ○ 開放

 余談ですが,二次分配(10MHz帯)ですと,先住者の「完全立ち退き」を要しませんので,割り当てが早いです.
 ――と聞いたことがあります.災い転じて福となす.


◆同p.68 【1/21夜 追記】
1985年:1〜3アマの電気通信術から手送り送信が廃止される.

→「1985年:3アマの電気通信術から手送り送信が廃止される.
  1988年:1〜2アマの電気通信術から手送り送信が廃止される.」

 ...これまた致命的.
 これまた同時ではないです.〔S59省令50・S63省令70〕

◆同p.72
総務省により1アマはCEPT T/R 61-02(長期滞在者)相当と認められた

→「CEPTにより1アマはHAREC (Harmonized Amateur Radio Examination Certificate)相当と認められた」

 × 総務省により
 ○ CEPTにより

 × CEPT T/R 61-02(長期滞在者)相当
 ○ HAREC相当

 総務省が認めているのは,
 「CEPTのHARECホルダは,日本では1アマ相当よ」という,
 インカミング(イングレス)方向の話だけです〔H28告示446で改正されたH5告示326〕.

 「日本の1アマをCEPTがどう受け入れるか?」を決めているのは,CEPT側です.

    無論,それに至る前にはCEPT〜総務省相互でのお話し合いはありましたが.

 「CEPT T/R 61-02」は,勧告そのものの名前です.
 これになぞえて逆に例えると,
 「HARECホルダは,H5告示326相当と認められた」となります.
 ...ヘンでしょ?レイヤがずれています.揃えるなら...

    H5告示326 ←→ CEPT T/R 61-02
    1アマ ←→ HAREC


◆同p.72
記念局・特別局などのゲストオペレーターとして1kW級局のゲスト運用ができる

→「記念局などの1kW級局の運用ができる」

 JARLの表現なら「記念局⊃特別局」,
 そうでなくてもこの文脈からは「記念局=特別局」なので,
 記念局・特別局の双方を列記する意味なし.

    違いがあるのなら,ぜひ教えて欲しい...

 「JARLの記念局」を「JARLの会員」が運用するのは,
 れっきとした「社団局の“構成員”」としての運用.
 「ゲストオペ」ではないです.

    ときおりJARL記念局の管理団体が「ゲストオペ募集!」とかやっていますが,
    それも同様に誤りです: 会員=構成員.
    その局は管理団体だけのものではなく,JARLみんなのものなのです.


ということで,全体を通じて ゲストオペできるよマンセー! 的なトーンになっていますが...けっこう誤解しているかんじが.

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
米国の社団局、たとえばNH0Jを米国免許を持たない日本の3アマ以上の局(ただし局免があること。従事者資格だけでは不可。)が運用する場合、KH0/JF1LZQの形式の他に、NH0Jという現地のクラブコールでの運用もOKだ、と言う話が書きたかったんですかねぇ?
米国個人局のコールサインを使用しての運用は、を米国免許を持たない日本の局は出来ません。
なのに米国クラブコールサインでの運用は可能なんです。
JQ2GYU 櫻井
2018/01/20 22:47
あらあためて『FCC Rule Book』なるもを眺め,おぼろげながら見えてきました.
そもそもWには“げすとおぺれーた”なる規定はなく,「渡米後リグを借用する」として,扱いは以下の二択になります:
(1) 自身がcontrol operatorになる
(2) 自身はあくまでthird partyで,control operatorとしてホストさんが脇に常駐

(1)とすれば,自身の日本の資格が露呈します.
三アマがあればHFに出られて吉.その部分は記事のとおりです.
しかしこれ,“げすとおぺれーた”ではないです.
これが起こりうる場合は...
・自局としての運用 … W8/JG1KTCタイプ
・クラブ局の構成員 … クラブコール

(2)が,いわゆる“げすとおぺれーた”相当.
このとき,コールはホストさんのもの.
この場合,操作範囲はホストさんの資格にのみ依存.
渡米した本人が,四アマであれ三アマであれ,無関係です.
(交信相手の制限あり:Wの国内+特定の国.)

  なおクラブ局であっても同様.
  Control operatorとして隣に座る構成員個人の資格に依存.

とどのつまり...
× 米国のクラブ局(日本の社団局は不可)のゲスト・オペレーターもできる
○ 米国のクラブ局の幅広い運用もできる
○ (削除)
JJ1WTL
2018/01/21 10:00
櫻井さんのおっしゃることの本林的整理:
・ホストの個人コールでの運用不可
 →自身がcontrol operatorの立場をもらい受けるので,
  自身のコール(W8/JG1KTCタイプ)での運用になる.
 →もし「ホストの個人コールを使う」なら,
  自身はthird party扱いにデグレされる.

・クラブ局(コール)運用可
 →自身がcontrol operatorの立場になる.
  が,クラブのコールなので,そのまま使える.
 →あるいはthird party扱いで,上級構成員の操作範囲を享受してもOK

(米国免許の有/無とはリンクしない?)
JJ1WTL
2018/01/21 10:00
本林さんの整理がとても正確だと思います。

ところでCQ誌ではなくJARL NEWSですが、シングルバンドWAZの説明に、実はシングルモードしか駄目である説明が抜けていました。シングルバンドWAZはモードがmixedでは駄目なんです。(ちなみに私の30mCWはシリアル番号138番、17mSSBは62番と、思いのほか若い発行番号でした。)
また、難易度の高いCQ Zoneが35 - 37と書かれていましたが、多くの皆さんの経験では34の方が苦労するようにも感じました。ご自身ではあまりWAZに詳しくない方が書かれている感じがしました。(5バンドWAZが、JAには50局程度しか発行されていないらしい、という記事には触発されています。その点には感謝しています。残りが80mが3つ、40mが1つと迫っております。笑)

こうした例がCQ誌にしろJARL Newsにしろ、とても気になるようになってきましたね。
最近のJT系デジタルモードの記事でも、使われているデジタル技術そのものをきちんと説明している例は見当たらず、やたらと運用方法ばかりなのもつまらないです。
JQ2GYU 櫻井
2018/01/21 11:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
勝手に訂正コーナー CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる