CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS JOLZ-MM#

<<   作成日時 : 2017/12/20 22:15   >>

トラックバック 0 / コメント 2

電監審の資料で,i-dioの(インフラ会社の)最新のビジネスプランが開示されました.

『電波監理審議会(第1047回)会議資料』
http://www.soumu.go.jp/menu_sosiki/singi/02kiban01_04000107.html

『99MHzを超え108MHz以下の周波数を使用する移動受信用地上基幹放送を行う基幹放送局の予備免許について(平成29年12月13日 諮問第26号)』
http://www.soumu.go.jp/main_content/000522255.pdf

...まぁ世論はやかましいですが――
送信所全国建設計画大幅未達のまま放置視
系列37社長に「i―dio最新状況説明会」
怒声交じり荒れ模様で先行き疑念一層深まる
「こんなわけのわからないことをいつまで…」など
各社追及に納得の答え無し・行き詰り遠からず?
エフエム東京、梅本氏主説明・千代氏補足・冨木田氏沈黙

〔2017年10月23日(月)―10月20日発行  第62巻 第15077号
http://www.godotsushin.com/backnumber_nikkan/2017/2017_10html.htm
――ゆめゆめ「はやくNHK第1・第2用のFM補完放送バンドにしようよ!」などとは言わずに,読み解いてみましょう.

どん:

2016年度までが実績;2017年度以降が計画です.
2021年度に至っても,累損は解消されません.
さすがにこのままでは,資金が底をつきます.
そこで,
・借り入れ
・増資
で埋め合わせます:
・5年間のキャッシュフロー計算書によれば、特定基地局の整備等に充てる資金として、申請者鰍uIPの親会社である潟Wャパンマル チメディア放送から120億円を借り入れ、また、40億円の増資を行うこととしている等、期間を通して資金不足とならない計画となっている。

・また、潟Wャパンマルチメディア放送においては、鰍uIPへの貸付に充てる資金として、5年間で140億円の外部資金調達を行う計画。

絵解きします.黄色の部分が,今回示された資金の埋め合わせ策です:

これに対するS務省の見解は,脳天気なものでした:
本申請では、計画認定時と比べて特定基地局整備の後ろ倒し等が生じているものの、特定基地局の開設指針等の 各規定(世帯カバー率等)を満たす計画であるため、適合していると認められる。
...いや,ほうぼうで「i-dio電波入り悪い」と...
⇒ 以上のとおり、事業収支見積り等の記載内容は、客観的に適切なものであり、確実に事業計画を実施することができるものであると認められる。

...そりゃそうだ.
「V-Lowマルチメディア放送」なるものを企図した胴元なのですから,「やっぱダメだったかぁ」とは,口が裂けても言えないでしょう.
そんなことをしたら,自己否定になってしまいます.


        こうなってはもう,誰も止められないんじゃ.


NOTTVのときは,お金持ちの“親方ドコモ”でしたから,「いやぁ,千億すっちゃいました♪」の笑い話で済みましたが...
http://jj1wtl.at.webry.info/201606/article_13.html


『JODK 消えたコールサイン』という本がありますが(https://www.amazon.co.jp/JODK%E6%B6%88%E3%81%88%E3%81%9F%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%B3-%E6%B4%A5%E5%B7%9D-%E6%B3%89/dp/4560040338),
『JOAU-FM 消えたコールサイン』という本が,将来出版されるかもしれません.


なお,親会社の『ジャパンマルチメディア放送』でみると,こうなっています(http://jj1wtl.at.webry.info/201707/article_3.html):



以下,『日刊合同通信』から関連の見出し

2016年4月1日(金)―3月31日発行  第61巻 第14716号

Vロー主要ch放送休止の異例事態
事故状態続き「前代未聞の失態」指摘
持株会社BIC資金早くも底つき説も
「エフエム東京巨額借入保証?」飛び交う
系列局首脳危機感強め執行部へ不信と憤り
一層の配分皺寄せ懸念・唐島氏復帰待望論など

2016年4月27日(水)―4月26日発行  第61巻 第14734号

BICへ政策投資銀行資本参加の深層
30億超借入・又貸し・債務保証条件付?
別途借入噂などプレ放送段階から大資金難説
150億投資前に一ラジオ事業者背負う限界視
「エフエム東京とJFN重大事態も」囁き絶えず
Vローi―dio、「業界全体の信頼問題…」危惧

2016年7月11日(月)―7月8日発行  第61巻 第14781号

Vロー「i―dio」グランドオープンも
音声・データ受信状況改善されず驚きの声
確たる収入依然見通し難で巨額借入つづくか
免許申請とかけ離れた“約束違反”視など
エフエム東京、「業界の信用問題に…」指摘も

2016年8月31日(水)―8月30日発行  第61巻 第14811号

Vロー受信・内容など依然改善見られず
モニター配布比例で悪評の本末転倒感
新放送立ち上り難局突破へ早期工夫必須
銀行・防災絡みがかえって事態複雑化視など
TFM、ネットワーク不信感連鎖断切りも鍵?

2016年9月2日(金)―9月1日発行  第61巻 第14813号

「『事業性配慮』は極めて的を射た指摘」
経営基盤安定や事業者主体的判断尊重を
厳しい環境地方局・国の支援特段配慮求む
FM補完と両立のVロー推進へ関連記述要望
民放連、総務省放送諸課題検討会取まとめへ意見書

2016年11月25日(金)―11月24日発行  第61巻 第14868号

千代社長「Vロー想定遙かに超える受信問題」
タワー増力不可能で檜原村など中継局設置へ
全国カバー前提崩れ事業計画一〜2月見直し
TFM会見、費用更に増加もビジネス成立目指す

2016年12月5日(月)―12月2日発行  第61巻 第14874号

大幅減益はVロー関連損失どこまで反映?
関連各社に内在・今後更に巨額化公算大視
JFN「ズルズルいけば影響甚大」の声蔓延
支出・全国カバー・収入成り立つ新計画疑問も
エフエム東京、総務省側判断含め今度動向注目

2016年12月21日(水)―12月20日発行  第61巻 第14886号

話題続々のラジオ・経営リスクは増大?
収益生まぬ投資・FM補完サイマル負担大
「AM停波・撤退・廃止」要請噴出の帰着注目
Vロー含めスマホ全盛時代の事業モデル疑問
どうなる?五輪までとその後の放送在り様G

2017年3月1日(水)―2月28日発行  第62巻 第14927号

今年役員改選期・千代氏社長定年70歳に
規定変更へ大株主ら関係者説得工作?
来年冨木田会長75歳で期限も関係視など
難局面続くVロー行詰り時の責任論背景説
エフエム東京、他役員若年で結局再選公算大

2017年4月6日(木)―4月5日発行  第62巻 第14952号

6月総会向け会長・社長帰趨益々注目
70歳と75歳定年延長問題疑問視大
某局幹部「一連経緯・実績絡みありえぬ話」
来年にらみVロー頓挫時の引責備え分析も
エフエム東京、若返り人事は評価・本筋に諸論

2017年5月23日(火)―5月22日発行  第62巻 第14980号

Vロー事業根幹の置局計画大幅遅れ
大幅な約束違反?総務省どう指導するか
免許条件厳しく追及され真実行なら破綻恐れも
現4ブロック親局+α程度・他は全て今後
既に100億・今後300億時は危険水域視
エフエム東京、JFN系列局全体に憂慮の声

2017年5月26日(金)―5月25日発行  第62巻 第14983号

「副社長」新設しBIC梅本社長を選任へ
平専務と正・副でi―dio事業担当化
Vロー5年計画見直し・19年収支均衡目標
TFM会見、投資響き経常24%・純益46%減

2017年6月19日(月)―6月16日発行  第62巻 第14999号

副社長人事巡りJFN信頼関係一層揺らぎ感
Vロー全国置局遅れで総務省責任体制求む?
更なる配分減懸念・異業種落下傘就任に違和感
荒唐無稽な指示に現場士気低下・不安感蔓延など
エフエム東京、きょう総会質疑など一連帰着注視

2017年10月23日(月)―10月20日発行  第62巻 第15077号

送信所全国建設計画大幅未達のまま放置視
系列37社長に「i―dio最新状況説明会」
怒声交じり荒れ模様で先行き疑念一層深まる
「こんなわけのわからないことをいつまで…」など
各社追及に納得の答え無し・行き詰り遠からず?
エフエム東京、梅本氏主説明・千代氏補足・冨木田氏沈黙


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
V-Low放送局が福島県喜多方市で電波を出し始めました。(多分試験放送)ここは喜多方市が防災無線の代わりに使おうと、市の予算で送信所を建設して受信設備(各戸配布受信機)も市の予算で購入すると聞いています。https://www.city.kitakata.fukushima.jp/uploaded/attachment/8604.pdf を見ると市の予算で建設するのが確認できます。
JA7BCE
2017/12/21 15:56
そうですね.
加古川とかでも「防災」で使われて(しまって)いて,
「撤退しようにも,撤退させてもれない」
“血を吐きながら続けるマラソン”に陥る危険性を感じております.
JJ1WTL
2017/12/21 22:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
JOLZ-MM# CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる