CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 社員総会報告2

<<   作成日時 : 2017/06/25 23:55   >>

トラックバック 0 / コメント 1

私の質問に対して得られた回答についての報告です.
明晩もう一回見直します.「仮」ね.completed.
QA
会員増強未達 (増強のための専務理事人事だった)数年前までは年間1000人以上の減少.いまは約270人(正員)の減少に食い止め.プラスが理想だが,ほぼ横ばいに.「甘い」とおっしゃるかもしれないが,成果は出ている. 
ドローンJARL会員への勧誘策JARL NEWS 2016年冬号でも記事.ドローン愛好家・関係者とも話している.「開設」はアマチュア無線界として歓迎.「会員」になっていただければなおいい.
「JARL主催ドローンレース」は時期尚早.レースをやっているメーカがあり,その動きを見守る.
 
法令解釈送信機がドローンの上,手元に受信機.問題ない.“自局内通信”許容ということ?
総通的には「VoIPノード別免許化」とかあるはずだが...
5.6GHz帯バンドプラン見直しいまのところ静観視.考えていない. 
パブコメ非対応(オリンピック期間中の144/430MHz帯)募集は常に複数の人間でチェック.オリンピックの事務局とも接触.いまのところ「アマチュアバンドを使用する」とは総務省から聞いていない.JARLに相談なしに割り当てることは考えにくい. 
記念局 管理の限界(告知の遅れ・誤り)クラブ・支部の活性化に繋がっている.職員の退職〜不慣れな担当が作業で迷惑をかけたのは反省.今後も法令遵守で適切に開設. 
社員総会のインターネット中継,ボランティアでサーバ管理・回線設定などで手が回らない.「特定の人が長時間アピールする場」になっても困る.いまのところ考えていない.「ボランティアで」と書いた部分が飛んでしまいました.
かつての寝屋川からの中継では問題はありませんでした.
理事年齢制限撤廃時の懸念,WG検討内容の開示・意見募集をWG開催はまだ1回.秋ぐらいには結論を出したい.
[順番で先行したJA5ARWの準備書面への回答から引用・補完]
『覚書』制定時点の『定款・規則等改正審議委員会』および『理事会』で,「一定の時期が来たら見直す必要がある」というのが見解だった.いま現在はWGの結論に委ねる.見直しの時期か.
『社員総会報告3』で詳報.
H29年度予算入会金・会費収入への過大期待「目標値」という部分もある.支出にも多少マージン.バランスは取れている.「収支均衡を目指す」ことに変わりはない. 
他力本願的赤字削減  
IARU HF Championshipへの参加目的上位を目指して参加継続中.地理的条件・コンディション・エンティティ数などから,どうしても「ヨーロッパ有利」が現実.今年は9団体――1・2・3・4・6・7・8エリア――が点を稼げるように頑張っている. 
ハムフェアとALL ASIAN DXコンテスト電話部門との競合ビッグサイトがオリンピックでプレスセンターに.すでに昨年から使用制限.開催日は選択の余地なし.
例:「東側ホール」なら取れたが,アンテナの建設に難.
出展者数は横ばい.それほどの影響はないか.
それをそう決まった瞬間に説明しないと.社員総会で突っ込まれてからではなく.
正員以外の,各種委員会委員への登用『顧問』で可.要 理事会推薦. 
『学校クラブ』における代表者・連絡者の条件緩和見直しの時期か.現行の制度等と要整合で簡単にはいかないかも.必要性は感じている.今後検討. 
レシプロあくまで T/R 61-01 を目指そう総務省にお願いしている.なかなか難しい.2020のオリンピック(対応)を含めて要望. 
諸規制の緩和オリンピックについては「いままでと違ったことをやらせていただきたい」と総務省と打ち合わせ中.「なにかできるか」を検討していただいている. 
Webの充実表現の明確化(局免携帯の要否)  
コンテンツの拡充(レシプロ説明)より拡充したい.増やしていきたい. 
社員総会の開催案内  
子供むけ科学イベントへの協賛できればコラボしていきたい.『子供の科学』の編集とは接触・模索中. 
過去の提起事項のまとめ(タスクリスト)中には日頃問い合わせていただければすむような事項も多々ある.社員総会においてはもっといろいろな方々の意見を聴きたい. 
●当日再質問
予算進捗は?
「正員4,500名入会」の予算.まもなく1Qが終了.1,125行っていないと,予算に対してビハインド.
第一四半期においては未達.
会員,4・5月は増加,6月は減少,その3ヶ月では増加.
デジタルな回答はいただけませんでした.
1,000人に達しているような素振りではなかった.こういう場合,民間なら“緊急費用削減施策”とかが発動されるのだが...
問題の1年先送りでは?
「▲\55M」は化粧した予算.入会金・会費増の「+39M」が前提.さらに,ここ数年の減少トレンドを考えると「▲11M」もありうる.「▲55M+▲39M+▲11M=▲\105M」が承認〜報告されてしかるべき予算では?
そうは考えていない.理事会でもそういう話.
4月以降の新キャンペーン・企画の周知広報が未徹底.いろんな魅力ある.今後の周知にかかっている.新キャンペーンをやったからには,1,000人でも増やす.
事務局だけでは難しい,各地方本部を含め,みなさま方の協力を.会長が支部に行ったらキャンペーンを紹介中.
 

ご助言いただきましたみなさま,ありがとうございました.

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
社員総会、お疲れさまでした。総会報告(仮)ありがとうございます。さすが仕事が早い。25日に傍聴できない会員には当日さっぱり総会の様子が見えてきません。ネット中継も頑なに拒むとはね。
JF1TEU
2017/06/26 09:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
社員総会報告2 CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる