CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京区制関連告示集

<<   作成日時 : 2017/02/18 17:05   >>

トラックバック 0 / コメント 0

順に遡ります.



●1947(S22).8.1 練馬区が誕生
4か月半だけ「22区」だったのち,「23区」へ(http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2962681/2).



●1947(S22).5.3 『地方自治法』の施行で各区は『特別区』に
次項の「22区」化と同時ではないことがわかります.
ただし「22区」はそのまま継承されています.
官報への掲載は,公布翌日の4/17です(http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2962589/2).



●1947(S22).3.15 22区に
「官報」では,扱いの低い この「広告」が見つかるだけです(http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2962577/5).
しかも事後です(4/2掲載).
前々項の「練馬区」は,『地方自治法』の施行後のため,内務省から告示されたのでしょう.

『東京都公文書館』に行ってみたら...おおもとが見つかりました!
以下の各項も,法律以外は同所にての発掘によります:

その背景の説明が“告論”という形で出されています.戦災後のリバランスのためということです:



●1943(S18).7.1 「東京府東京市」から「東京都」に
『東京都制』という法律ができました(http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2961418/1).
東京府東京市の「35区」は,そのまま継承されています.

その背景の説明が“告論”という形で出されています.行政ノ統一及簡素強力化とのことです:



●1936(S11).10.1 千歳村・砧村を編入
千歳村・砧村が世田谷区に組み込まれました.地図は概略です.
    



●1932(S7).10.1 35区に
告示が二つに分かれ,
・S7-310 で 「周辺の町村の東京市への編入」が,
・S7-311 で 「新しい20区の設置」 が,
それぞれ示されています:





●1889(M22).5.1 東京府東京市に
市制が施行されました.
「15区」は「東京市」の下で,そのまま継承されています.



●1978(M11).11.2 15区が成立
...見つかりませんでした.
FFS: For Further Study.

【2/19 23:00追記】
『国会図書館』のWebで見つかりました.
原本ではなくて,とある図書:『郡区職務心得』
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/789656/93
からです.
オリジナルではありませんが,「東京府達」の M11-甲49 という文書によって,「15区」が定められたことが判りました.
具体的な区割りは,「別冊」――見あたらず――に採録されているようです.


【2/20 改変】
『国立公文書館』のWebで,求める「別冊」が見つかりました:
https://www.digital.archives.go.jp/DAS/meta/listPhoto?LANG=default&BID=F0000000000000000749&ID=M0000000000000860973&TYPE=&NO=


...このあと順に,各区の詳細,ついで各郡の詳細が続きます.
長いので,代表して「麹町区」のみに留めます.


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京区制関連告示集 CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる