CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS JA0YAG

<<   作成日時 : 2017/01/29 18:44   >>

トラックバック 2 / コメント 0

初の記念局はどれか?で,ここに行きつきました.

そもそも“社団局”の制度が認められたのはS34(1959)年12月22日〔S34省令31〕ですので,「それ以降」ということになります.
もっとも位置づけは――

(1) “電波”そのもののデモ
(2) 来場者に運用機会を提供
(3) 行事そのもの宣伝

――のように推移しているように感じますが,はい,(1)としてです.
それ以前は“個人局”しか開設の手がないわけです.

その時代,『北海道大博覧会』――S33(1958).7.5〜8.31,58日間――では,その三つの会場のうちの一つ『中島会場』に『電波館』が設けられていました.

おそらくそこでのデモ目的のために開設されたであろう,四つの局が見つかっています〔S34告示42〕:

これらの開設者を比定すると以下のとおりです:
・JA8LW ← JA8AC・JA8BC
・JA8LX ← JA8AI
・JA8LY ← JA8FW
・JA8LZ ← JA8BE

1969年版のコールブックでは揃って空欄となっており,怪しさムンムンです:


このころは博覧会ブームだったようで,

S34 防衛と近代科学博覧会

S35 宇宙科学大博覧会(石和)
   大阪府宇宙大博覧会

S36 宇宙大博覧会(名古屋)
   長野産業文化博覧会
   婦人こども博覧会(浅草)

などが見つかります.
これらのうち,『長野産業文化博覧会』――S36(1961).4.1〜5.21(51日間),善光寺の御開帳に同期――で開設されたのが,

    JA0YAG JARL信越支部 長野産業文化博覧会クラブ局

でした.

    『長野ハムクラブ』
    http://www.jarl.com/ja0yag/

のWebの

    『クラブ局の起源』
    http://www.jarl.com/ja0yag/syoukai/syoukai.htm

に言及があります.
1969年のコールブックではこちらも欠落しており,怪しさを醸し出しています:
(Yes,その後,長野ハムクラブの手によって,JA0YAGのコールは再取得されています.)


...なにかしら記録はないか?と「記念誌」を調べてみました:

が,結論としては,あまり収穫はありませんでした.
長野ハムクラブのWebのほうがイケています.


●会場の模様
扉見開きに鳥瞰図がありました(クリックで拡大,483KB):

中央ちょい下の横長の建物が『電波と電気通信館』です.ここです.
道の反対側はJONKです(よくこんな環境で...).

来場者は「80万人超」とあります(ただし集計表では「701,302」となっています).


●開催地
「会場,どこだったんだよ?」となるわけですが,地図が2様だけ掲載されていました.
・交通規制のもの (粗いほう,赤枠が博覧会の会場,上から第三会場・同二・同一) と,
・給水のもの (細かいほう,赤枠が『電波と電気通信館』)
です:



精度はいまいち.
それでもいまの地図に重ねると,だいたいこのあたりになります:

『電波と電気通信館』のあったのは,第二会場(図中「2」)で,清泉高校の前の,いまの駐車場のところでした.
『蔵春閣』とあるのは,のちに建てられ,国試の会場として使われた場所です.
私も電話アマをここで受けました.

いま城山公園にある丸池は,このころからの名残なのがわかります.
動物園の中の丸池 三つ(給水図参照)も,Googleで写真を見ますと,その名残はあるようです:
https://www.google.co.jp/maps/@36.6650605,138.1938643,146m/data=!3m1!1e3?hl=ja


●写真
『電波と電気通信館』のものがわずかにありました.しかしアマチュア無線関連のものはありませんでした.
・外観です:

・展示物では,岩通の“有線”を唯一紹介しています:


●掲載資料
・フロアマップ
アマチュア無線は中央の赤枠の場所です:

電監の持つスペースの中での展示だったことが分かります.

表記は 「KANアマ無」 となっています.
「KAN」がわかりません...監理局の“監”でしょうか?

・説明
アマチュア無線についてはスルーです:

・出展物
アマチュア無線についてはスルーです.
まるっと “電波,電気通信関連機具” とされています:



●一般社団局の記念局
その後も,「会場内に一般の社団局が設けられた例」はいくつかみられました.
地元のクラブが貢献した例もあります.
以下は,8J・8Nではないけれども記念局とみなしてもいいであろう社団局です:

・1961 JA0YAG 長野産業文化博覧会
・1969 JD1YAB 小笠原返還
・1973 JH9YXP 日本海博覧会 (金沢)
・1974 JH3ZEA 中華人民共和国展覧会 (吹田,千里AMC)
・1975 JR1ZZY 世界電気通信記念日 (逓信博物館)
・1975 JH9YAA 第18回JARL通常総会 (高岡)
・1978 JA8ZHZ 北海道こども博覧会 (釧路)
・1983 JH9YRL 第25回JARL通常総会 「越前総会」
・1989 JR9YRL ポストピア'89イン金沢
・1989 JR9YRL 第32回JARL通常総会 「かなざわ総会」(事前PR局)
・1990 JA4ZSX おかやま食と緑の博覧会 (笠岡)
・2003 JD1YAB 小笠原諸島返還35周年

月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
JA8LW〜LZ
記念局前史その2. 「社団局」の制度が設けられるS34(1959)年12月22日〔S34省令31〕よりも前は,「博覧会場に“個人局”を置く」しかデモの方法がなかったわけです. ...続きを見る
CIC
2017/05/02 01:50
JA6YAA
夏休みの自由研究.記念局前史その3. 「JA6YAAは『伸びゆく北九州 小倉大博覧会』(小倉博)のために開設された社団局ではないか?」という仮説を検証しました. ビンゴでした. ...続きを見る
CIC
2017/08/17 00:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JA0YAG CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる