CIC

アクセスカウンタ

zoom RSS JARL東京都支部大会 議事メモ

<<   作成日時 : 2013/03/10 22:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

本日の「JARL東京都支部大会」の議事メモです.
・なんか根本として,「登録クラブのメンバ以外は支部会員にあらず」と感じざるをえない,
 キツい表現をさせていただきますと,“排他的”な支部運営に陥っているのが,
 理解できてきた気がします.
 きょうも,そう感じさせる支部長の発言が,端々にあり,残念でした.

 もちろん,登録クラブのみなさんが人一倍ご苦労されているのは理解していますが.

・特定のテーマ*に関してのみですが,インタラクティブな場が設けられたのは,
 支部大会として例年以上にFBでした.

    *: 国体記念局のQ&A,特別講演のQ&A.

■全般
●開催概要
・日時: 2013年3月10日(日) 14:00〜17:06 +写真撮影
・於: 秋葉原「東京都中小企業振興公社」 3階第1会議室
・参加: 100名(目算).

●資料
・『平成24年度東京都支部大会』
・『『スポーツ祭東京2013』アマチュア無線特別記念局運用概要』
・『アマチュア無線運用ワンポイントアドバイス』総務省・電波適正利用推進協議会

●司会
 JLIXWR 井上YL
昨年までのJA1EYLから替わりました.

■開会の辞
 JA1AVQ 山名監査指導委員長 14:01〜14:03

・多数の参加をありがとう.
・これを機会に支部との間が繋がって.
・新制JARL本部とも繋がって,密に意見を伝えたい.
■支部長挨拶
 JH1LWP 島田支部長 14:03〜14:10

●本部費分配の格差是正
・去年の支部大会で約束のとおり,昨年6月の第1回社員総会で是正をお願いした.
 しかしH25年度予算では,従来どおりの配分.

・今年6月の社員総会でまた是正をお願いし,H26年度予算での措置を目指す.
 会長・本部長,よろしく.(会場拍手)

●支部メーリングリスト
・9月の登録クラブ代表者会議でいただいた意見.
 役員間で試験中:
 - メールを開けるだけなら問題ない
 - 返信し合うと,10〜20通も同じ(テーマの)メールが届き,弊害.

 やっていいものか/どうか,もう少し時間をいただき,いい方向で進めたい.
それはメーリングリストの本質的な振る舞いでありまして,20年前の議論なのですがorz.


●国体特別記念局
・4〜10月運用.

・補助金(連盟支出金)は,以前は10万円だったが,いまは改正されて5万円.
 苦しい.

・登録クラブのみなさんのお力で.
 登録クラブのみなさんで移動運用をやっていただかないとならない.
今日は

× 登録クラブ代表者会議
○ 支部大会

なんですけどぉ....

■ご来賓のご祝辞・ご紹介
●JA5MG 稲毛会長祝辞 14:10〜14:18
◎1200MHz
・準天頂衛星が被さってきた.

 - 曰く,
  ・アマチュアは二次業務,遠慮せい.
  ・レピータ局は,
   - 今後の増加・受付は少し遠慮して欲しい,
   - 稼働していないものは廃止を,
   - 1Wへの低減を.

 - 29年度に本格化.
  むこうも実験,こちらもデータを集める.

・FPU
 たとえば箱根駅伝の中継.
 そのときにはその沿線のレピータ局は控える という形になるだろう.
 あちこち出てくると,厄介.

・大きな反対をして,「取られて運用停止」になるのはたいへん.
 なので,やむをえんかな.

・当初は「我々に妨害が来る」という心配だったのが,逆になった.

・現在1200MHzレピータは,全国約600局.

・JARLの組織としての意味がある.なんとか防衛したい.

◎会費前納会員
・JARL NEWSの冬号.Webでも連載する.

・(S)34年に当時「1万円」で規則を作った.そのときの年会費は600円,16年分.
 その後,1〜2〜3〜5〜8〜20万円となった.
 6%相当の利子で計算していた.
 8→20万円のときは,4%を想定.
 いまのような「0%時代」になるとは想定していなかった.
 会員の減少も続き,現在に至る.

・「会員」という名は混乱するので――定款を変えればできるが――「ライフメンバー」と呼ぶ.
 「正員」であることは保証.
 こんどの6月の社員総会で提案.JARL NEWSの春号およびWebに示す.

・8万円(まで)払った人 → 1年の猶予期間
 20万円払った人 → 10年の猶予期間

 それ以降は,
 - QSL転送 3,600円/年
 - JARL NEWS 購読
 あとの権利は,今までどおりで制限なし.

・広げてきた事業は継続したいが,参加者に負担を求めることも.

◎その他
・472kHz帯の開放
 時間の問題だと思う.

・包括指定
 すでに「電波型式」はそうなっている.
 あとは「周波数」.

 審議会の方針は出ている.ただし,
 - 200W以下,
 - 技適機
 に限定.

・東日本大震災追悼式
 明日.
 内閣総理大臣からJARL会長に「来いよ」.
 招待300(団体)くらいの中で呼ばれている.

・今日は支部大会が三つ重なった:
 - 東京
 - 千葉 … 去年行ったので今年は東京
 - 香川 … 見飽きているだろう

●JA1NVF 吉沼地方本部長祝辞 14:27〜14:35
・JARLの話はもう出たので;知らない人が多いと思うので,私のことを.

・電気に興味を持ったのは(小学校)6年生のころ
 中学〜高校は逗子開成だったので逗子まで通った.
 アルバイトで郵便局の配達とか.
 大半は秋葉原につぎ込んだ.
 小遣いが5〜10円の時代に,鉱石が30円,ゲルマニウムダイオードが90〜100円.
 そのころラーメンが100円.

・三井物産→NVIDIA→いまSkyworksになった会社.

・仕事は「もういいから」ということで,JARLで立候補.
 考え方が違った面もあるが,たくさん票をいただいた.
 いろんな面でお手伝いさせてもらっている.

・どういう風にするか?
 もう少し力を付けて,いろんな仲間を増やしてからできれば と思っている.

・ARRL,70万人を突破して増えている.
 (ARRLの会員数のことではなく,ARRL非会員を含めたアメリカの全体の局数のことです)
 「楽しく話をする」のが目的.
 「楽しく」という方向に,ARRLほか海外は持って行っている.

 たとえば「バニティ」.
 - JA1A のような 2×1 なら 7,500とれる,
 - JA1AA のような 2×2 なら 19万.
 申請料で1万円をもらったら,すぐに1億円.

・「目に見えないところのお金」があると思う.
 - たとえば,災害時に,寄付をした全員にJA71NVFとかJA17NVFとかを許す など.

 - (費用の管理をコーポレートクレジット)カードに簡略化するだけで,
  事務費だけで200〜300万円浮かせた実績もある.

●ほかご来賓
◎JA1AN
・「どうも,よろしく」.

◎JG1KTCについて
 きょうは千葉へ.
 「くれぐれもよろしくお伝えしてくれ」との伝言.
 「もし間に合えば懇親会に来たい」とも.

●祝電披露
 JL1HHN 安田千葉県支部長・ちばハムの集い実行委員会ご一同
■平成24年度東京都支部事業(中間)報告
 JH1LWP 島田支部長 14:37〜14:41

 //////// 以下,配布資料中に説明あり.おもな点のみ. ////////

●5/3 東京コンテスト
 参加: 都内187局,都外217局

●9/9 青少年のための科学の祭典 in 小金井 
 「電波の性質を目で見て体験しよう」,好評.

●10/28 東京CWコンテスト
 参加: 都内95局,都外200局

●11/23 東京UHFコンテスト
 参加: 都内155局,都外181局
■平成23年度東京都支部収支決算報告
 JO1KSD 佐藤会計幹事 14:41〜14:45

 決算額 748,231円

 (注.H23年度の決算です.∵H24年度は,まだ締まっていません.)
■平成25年度東京都支部事業計画(案)説明
 JH1LWP 島田支部長 14:45〜14:50

●JA1RL運用
 記念日には運用したい旨,業務部にお願い中.
 人員不足もある.職員23名だし
 〔JA5MGがフォロー:「いま職員15名」〕.

●8J1A
・8月中旬から.

・去年は山梨,おととしは群馬で,1週間ずつやって,あとは東京が引き継ぎ.
 ことしは最後の2〜3日:金〜土〜日が東京.
 あとは,国体の記念局を登録クラブにやっていただく予定.

●東京都防災訓練
・資料上は9月になっているが,「11月に多摩で開催」らしい.
■平成24年度東京都支部予算(案)説明
 JO1KSD 佐藤会計幹事 14:50〜14:53

 751,200円.
■2012 第34回東京コンテスト 結果報告及び表彰
 JH1NSS 可児コンテスト委員長 14:53〜15:12

●コメント 14:53〜14:56
・失格がすごく多く残念.
 ほとんどがソフトを使っている方.
 コンテストナンバーに注意:
 - JARLのコンテンストの市郡区番号ではない.
 - 東京都支部のコンテスト規約にある,独特のナンバー.

・「都内」の参加局数のほうが少ないorz.

●東京コンテスト表彰 14:56〜15:12
 (出席/表彰対象 = 15/35.

  35={(21M,28M,50M,144M,マルチバンド)×(1〜3位)+SWL}×(CW,CW+Phone)
      +クラブ対抗1〜3位

  今年はこの場に来た人には「副賞」あり.)
表彰の対象として呼ばれる人は,資料に「○」が付けられていますから,あらかじめ判ります.
呼ばれてからノソノソと出て行くのではなく,表彰対象者全員が最初から前に並んでスタンばれば,時間の短縮ができると思います.

<<<< 休憩 15:12〜15:20 >>>>

■特別講演
 『映像で見る太陽活動 〜 そのとき地球では何が?』
  講師 JAXA 宇宙科学研究所 岡本丈典氏
 15:18〜16:07

●講演 15:18〜15:57
・「ひので」,50cm径の可視光望遠鏡を搭載.220億円.

・「グラニュール」(太陽面での対流の湧きだし),
 10分単位で,日本列島級の大きさが,出たり〜消えたり している というスケール.

・黒点の山〜谷,X線で見ると,明るさが100倍違う.
 このX線によって,地球の上層が電離.

・サイクル23は2009年まで続いた.
 周期13年,細かくは12.7〜12.8年.

・1645〜1700年に「マウンダー極小期」があった.
 日射量が少なかった:
 - テムズ川が凍結
 - 木の成長が弱い
 - 14Cが多い;通常は12C.

・活動の弱い「14年周期」が5回続いたことがある.
 その前は「13年周期」だった.
 サイクル23は13年周期.
 とはいえ「サイクル24が14年周期になるか?」は,「なってみないとわからない」.

・黒点が多い=フレア(太陽面爆発)がたくさん.
 10〜20分で放出.
 原因は謎.
 プロミネンスも,1,000km/で飛び出している.

・放射線粒子=高エネルギープラズマ.
 地球の磁場が守ってくれる.
 それを揺すって,弱いところから中に入ってくるのが,オーロラ.

・オーロラは「コロナホール」が地球に向いているときでも起こる.
 それが判るのは3日前だが.

・影響
 ◎地上の電力網
  1989年のカナダ.
  600万世帯が9時間停電.少なく見えるが,広さで見ると,日本列島以上.
  復旧に数ヶ月.変電所がやられたため.

 ◎人工衛星
  - 2000年7月14日 …… 「あすか」 観測不能に,
  - 2003年10月末 …… 「みどりII」 故障.

 ◎宇宙飛行士
  避難する.

・まとめ
 - 長期 → 気温に影響,
 - 短期 → 日々の文明生活に影響.

●Q&A 15:58〜16:07
Q:なんで周期11年?
A:非常に難しい.
  黒点の“巣”が太陽の内側にあるが,黒点がどう作られているか?がわからない.
  “日震学”で,うっすらとはわかる.

  仮定いっぱいの諸説ならある.

Q:太陽の自転周期は?
A:27日.ただし赤道で.
  北極・南極だと32日.
  ほかの星でも,星により,10日とか,3日とか,ずれている.

Q:「表面から2000kmがガスで,あとは空洞」と聞いたが?
A:ガスがびっしり.全部ガス.
  それが濃く,厚く(熱く?)なっていく.

Q:太陽以外での,黒点とか表面活動は判っている?
A:◎黒点
   もちろん画像ではわからない.
   しかし,太陽の物に比べ大きいようで,「明るさ」が変わることから判る.

  ◎表面活動
   「X線がたくさん出た」などは判る.
   おそらくフレア.
   ...というように,だいたいは判る.
   X線天文衛星の役割.可視光・赤外線もある.

Q:太陽は何年持つ?
A:100億年.
  いま50億年,あと50億年.
  星により,1000万年〜200億年.

Q:加速度は?地球上は980ガルだが.
A:27,000ガル.地球の27倍.
動画を活かした,いい講演でした.
特別講演でこれだけ質問が出たことも,前例にありません.
ひどいときは質問を募らない年すらありました.

■スポーツ祭東京2013開催に伴う特別記念局移動運用日程調整

 JO1KSD 佐藤会計幹事 (振り) 16:07〜16:08
 JH1LWP 島田支部長 (説明) 16:08〜16:30

●説明
・支部役員・同OBで,実行委員会を組織.

・運用を希望する登録クラブで,くじ引きし,担当期間を選択し決定.
 役員関連クラブは辞退,「空いているところ」を使わせていただく.

・登録クラブに入っていない人は,JARL(事務局)での公開運用へ.

・ないもの
 - 135kHz.
 - D-Starの移動運用.
  常置場所では可.
  過去,「メモリが消えた」とかもあって.

●Q&A
近年にない盛り上がり.
このインタラクティブなやりとりこそ,こういった場の意味でしょう.
・運用希望の本日申し込み
 当クラブはハガキで募集を知った.Webでの掲示を知らなかった.
 今日でも運用希望を申し込めるか?
 →Yes.

・D-Star
 「D-Starは常置場所のみ可」とのことだが,運用リグの一覧にはないが?
 →申請はした.
  ID-880D.
  で,常置場所のみ.
  移動はだめ.

・運用上の義務
 時間帯,バンド,...などの指定はあるのか?
 →ないが,できるだけやっていただきたい.
  カードのお金もたいへんだが....

・QSLの発行は自分たち?
 →Yes.
  担当したクラブが発行.
  データだけ実行委員会へ.
  「時間違い」「コール違い」...などの指摘があれば,実行委員会で対応し発行.
  (未記入の)カードは,そのクラブの運用が終わった時点で渡す.

・リグの送付先
 クラブ間で直接送受?つぎのクラブのリグの送付先は?
 →Yes,直接送受.
  送付先については,私(島田さん)か,実行委員のJA1TFJ 宿谷さんまで連絡を.

・リグ受け渡しのインターバル1日
 短いのでは?
 →いまは,翌朝一番で送れば,昼ぐらいには着く.
  届かないこともあるかもしれないが,
  それに備える意味で,(平日の)火曜日を(リグの)移動日に充てている.

・8月:夏休みでのJARLでの運用機会
 我々平日にJARL事務局の展示室(資料室)に行けるのは,夏休みくらいしかない.
 8J1Aでも8J1TKでもいいので,そのときにそこにいてくれると,嬉しい.
 →8J1Aを,期間の最後に公開運用予定.もしかしたら,開局式の1日にも.
  JARLも忙しいときであり,ご勘弁を.

・クラブ員以外の運用
 「クラブ員以外はJARLでの公開運用へ」とは,あまりにあまり.
 各クラブのみなさん,「クラブ員ではないJARL会員」を温かく迎えて.
 「JARL非会員でのゲストオペ」も,条件はあるが可能なはず.
 →各クラブで責任持ってできるなら,可.
  実行委員会としては管理できない.各クラブにお任せ.

・ビューローへの負荷回避
 関西の連中のように,QSLカードは「複数QSO一括記載」で1枚にできないのか?
 スマートで,コスト削減への協力にもなる.
 JARLの記念局の例ではないが,「8J1MORSEから23枚届いた」という話もある.
 届かないと問題だが,1枚もらえれば十分なはず.
 転送には 6円/枚 かかっている.
 今回は無理としても,別の記念局のときには配慮を.
 →可能かと思うが,実行委員会がやるということ?!
  何枚ももらって楽しむ方もいる.2枚,3枚と欲しい人もいる.
  1枚に10交信も書いて来ることもある.きっとデータの集約もたいへん.
  届かないと問題だし.
  今回は期間も長く,長丁場なので,ご勘弁を.

・移動範囲
 「都内」などの制約は?
 →No.日本国内,海上,上空.

・電子ログ入力
 KANHAMのように,運用者自身がQSOのあとハムログにデータを入力し,
 実行委員会で印刷〜発行?
 →(以下,「データ入力who?」についての直接の回答にはなっていません)
  - 公開運用はJARL(事務局)で実施.実行委員会で発行.

  - 移動公開運用は,各クラブで責任を持って発行.

  - 10月の「アウトドアミーティング」は,東京都支部としての行事だが,
   実行委員会ではなく「東京アマチュア無線ネットワーク」の担当になるかも.
   従来からの実行担当クラブとして.

●抽選 16:30〜16:45

(募集13枠,希望19クラブ.)

・時間の制約もあるので,結果は2〜3日のうちにWebにて.

・こんなに希望があるとは知らなかった,うれしい悲鳴.
 カード作るお金どうしよう.
でも「複数QSO一括記載」,20分前のご自身が否定されましたよね....

■お楽しみ抽選会
 JO1KSD 佐藤会計幹事 16:45〜17:05
 
・提供:
 - 第一電波工業(株)

 - パックスラジオ
 - タカオ電子ショップ
 - HAM SHOPフレンズ
 - 多摩電機
 - ヨコタ無線センター

 - JF1IZM 田中YL
 - 東京都支部
 - JH1LWP 島田支部長
50MHzのHB9CV(Diamond A502HBR)が当たりました.
多摩電機さんありがとうございます.
弊方これまで50MHzは,
- Buddipole か
- Outbackerに無理矢理乗せる (10MHz設定とか...よい子はまねしないように)
しかありませんでした.

■閉会の辞
 JL1XWR 井上YL 17:05〜17:06

(時間超過のため?
 予定では「JL1FDX 伊藤アワード委員長」がご担当のところ,
 司会のJL1XWR 井上さんが直接締め.
 急ぎ足の抽選会は,昨年28分のところ,今年は20分でした.)
■写真撮影
以上です.

『JARL東京都支部大会 議事メモ』 過去ログ:

●2012年3月
http://jj1wtl.at.webry.info/201203/article_3.html

●2011年2月
http://jj1wtl.at.webry.info/201102/article_3.html

●2010年3月
http://jj1wtl.at.webry.info/201003/article_7.html

●2009年3月
http://jj1wtl.at.webry.info/200903/article_5.html

●2008年3月
http://jj1wtl.at.webry.info/200803/article_5.html

●2007年3月
http://jj1wtl.at.webry.info/200703/article_5.html

●2006年3月
http://jj1wtl.at.webry.info/200603/article_3.html

月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
JARL東京都支部大会 議事メモ CIC/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる